スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ガレキノシタ』山下貴光

    評価:
    山下 貴光
    実業之日本社
    ¥ 1,575
    (2012-07-19)
    Amazonランキング: 218642位

    学校が突然崩壊。取り残された生徒たちの運命は――!?
    私たちは閉じ込められている。夢じゃないぞ。
    友情、恋愛、いじめ、家族……それぞれに問題を抱えた生徒や教師が生と死のはざまで見つけたものは――!?
    瓦礫の下で何かが生まれる――感動の傑作サバイバル小説!
    心に突き刺さる、極限状況の青春小説。ほんとうのヒーローがここにいる!
    「このミス」大賞作家の最新傑作

    「……きっかけは一九九五年に韓国で起きた三豊百貨店崩壊事故だ。(中略)
    瓦礫に閉じ込められ、悲劇に見舞われた彼らではあるが、
    そこで先ほどまでつづいていた生活がなくなってしまうわけではない。(中略)
    彼らは悲劇の象徴ともいえる巨大な瓦礫と向き合いながらも生活をつづけ、
    抱えたままの問題や自分自身とも向き合ったのではないか。
    …そして、そういう物語を書きたくなった。
    ――山下貴光(月刊J-novel2012年8月号より)」

    午前11時30分、閑静な住宅街の中心部にある私立高校の校舎が突如崩壊し、生徒500名、教職員約60名が校舎内に取り残された。
    休み時間中でもあったため、ある者はトイレで、ある者は廊下で、ある者は保健室で、崩壊した建物の、ほんの少しできた隙間で運良く生き延びることができた者たち、それぞれが瓦礫の下で極限状態に置かれて思うこと…。

    母親の死をきっかけに口を聞かなくなってしまった双子の兄弟、いじめられっ子といじめの首謀者、転校で離れ離れになってしまった親友、昔ほどの情熱をなくした教師と、教師の手を焼く反抗的な生徒、死と隣り合わせの空間で、彼ら7人はこれまで目をそらしてきた問題と真っ向から向き合うことに…。

    読んでいる途中で、伊坂さんの本だっけ?と思うほど、会話のセンスや雰囲気がそれっぽくて、悲惨な状況なんだけど、淡々としてて悲壮感が漂わないので、かえって読みやすかった。
    突然瓦礫の下に閉じ込められて、いったい何が起こったのかも解らずに、ただただこの状況を受け入れる彼らはすごいなと思える。行動も冷静だし。

    一番目の双子の話は、最後ちょっと鳥肌が立ってしまったし、いじめっ子といじめられっ子の話も、一瞬ぞくっとして、これから一体どうなるんだろう…と。
    サッカー部のマネージャーの彼氏の話も…最後には涙がどっと出てしまった。

    それぞれ別々の人物の物語もすごく良いんだけど、それぞれの物語にさまざまな形で関わる「北野君」の存在がすごく良くて、読み終わったあと、ものすごく彼に会いたくなってしまった。

    北野君みたいな人がどこの学校にも一人いたら、救われる人がたくさんいるのに。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 16:40
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
          コメント
          コメントする








             
          この記事のトラックバックURL
          トラックバック

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << July 2017 >>

          読書メーター

          uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

          新刊チェック

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
            uririn
          • 『痺れる』沼田まほかる
            uririn
          • 『絶望ノート』歌野晶午
            uririn
          • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
            いちれん
          • 『痺れる』沼田まほかる
            くり
          • 『絶望ノート』歌野晶午
            智広
          • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
            uririn
          • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
            苗坊
          • 『永遠の0』百田尚樹
            uririn
          • 『永遠の0』百田尚樹
            苗坊

          recent trackback

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          悪人
          悪人 (JUGEMレビュー »)
          吉田 修一
          読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

          recommend

          しずく
          しずく (JUGEMレビュー »)
          西 加奈子
          サイン本買っちゃった。

          recommend

          recommend

          たぶん最後の御挨拶
          たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
          東野 圭吾
          猫なんです…。

          recommend

          recommend

          recommend

          ねこの肉球 完全版
          ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
          荒川 千尋,板東 寛司
          たまらん。

          recommend

          ニャ夢ウェイ
          ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
          松尾 スズキ, 河井 克夫
          たまらん…

          recommend

          recommend

          僕たちの戦争
          僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
          荻原 浩
          とにかくお薦め。

          recommend

          出口のない海
          出口のない海 (JUGEMレビュー »)
          横山 秀夫
          たくさんの人に読んでほしい…

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          みんなのブログポータル JUGEM

          使用素材のHP

          Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

          PR