スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『マスカレードホテル』東野圭吾

    評価:
    東野 圭吾
    集英社
    ¥ 1,680
    (2011-09-09)
    Amazonランキング: 1908位

    都内で次々に起こった関連性のない3件の殺人事件。
    現場に残されたメモの暗号から、一連の事件は同一犯による連続殺人事件として捜査され、紐解かれた暗号から、次回の殺害現場が都内の超一流ホテル「コルテシア東京」であると判明。
    潜入捜査のため、ホテルマンになりすまし「コルテシア東京」のフロントに立つのは、警視庁の若きホープ、ホテルマンの制服が一番似合うであろうことから抜擢された新田刑事。
    俄仕込みでも、実際にホテルマンとしての業務をこなし、様々な客の対応に追われ、日に日にホテルマンとしての立ち居振る舞いが板についていく新田の、捜査に直接関われない苛立ちをよそに、捜査は着々と進められ……。

    待望の新ヒーロー誕生! 極上の長編ミステリ
    都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し・・・。1行たりとも読み飛ばせない、東野ミステリの最高峰。
    彼の仕事は、相手の仮面をはがすこと。彼女の仕事は、お客様の仮面を守ること。
    様々な仮面をかぶった人間がやって来る――。
    東野圭吾作家生活25周年特別刊行、堂々完結!

    内容をざっと見て、東野さんの名前がなければ、多分読む気にもならなかったと思う。
    読んだ感想も、普通。

    殺人事件の捜査というよりも、昔高島家の弟がやってたドラマ「ホテル」のような様相を呈しているというか、「姉さん事件です」ばりの小さな客とのトラブルなんかがちょこちょこあったりして、あれ、メインの殺人事件はどうなってるの?という感じで、一見群像劇のようにお客様メインのお話が続く。
    「ホテル」は好きなドラマだったので、その話自体はまあ面白かったし、ホテルマンとして成長していく新田もなかなか好感が持てたけど、やっぱり普通。
    ホテルで起こったちょこちょこした事件の中に、本来の事件解決に繋がるヒントがあったりして、ひらめきのままに、新田刑事が影で大活躍。
    この新田刑事が、湯川先生、加賀刑事、に続く「第三の男」とどっかに書いてあったけど、ということは…シリーズ化?そしてドラマ化?

    新田刑事やホテルのフロントの女性より、所轄の能勢刑事が一番印象深かったような。
    頭の中では勝手に能勢刑事は中村梅雀さんに変換されてたし。

    で、結局、煌びやかな超高級ホテルの舞台裏の物語が描きたかっただけなのねというか、何だかどっちつかずの中途半端な感じがしてしまった。

    『白夜行』や『悪意』や『手紙』や『天空の蜂』みたいな、読み終わってからも余韻をひきずるような、やっぱり東野さんでなければ…と思えるような、そんな作品をもう一度読みたいと、懲りずに読み続けてきたけど、最近どれもイマイチな感じがしてしまうのは私だけでしょうか。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 16:02
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR