スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『チェーン・ポイズン』本多孝好

    チェーン・ポイズン
    チェーン・ポイズン
    本多 孝好 2008/11/1発行 講談社 P.332 ¥1,680
    ★★★★
     もう死にたい。
     それが思いつきの呟きではなく、積極的な願望にならなければ、私は死ねないのだ。死んでもいい、と、死にたい、とでは全然違うのだ。
     それでは、私は死にたいだろうか?

    誰からも愛されず、誰からも求められず…。

    恋愛も結婚も早々に諦め、心から打ち解けられる友人もなく、大したキャリアもないままに雑用同然の仕事を黙々と、ただこなすだけの日々を送る三十路過ぎの女。

    定年までの20余年、簡単に想像できる分、それは、彼女にとっては絶望的な未来――。
    最後の拠り所としていた唯一の他者との繋がり、「ブログ」でも悪意にさらされた女は、ある人物と出会い、その人物との約束である一年後の「安らかな死」だけを心待ちに生きることに…。

    一方、取材対象であった二人の人物に相次いで自殺された新聞記者は、その死の不自然さから同様のケースについて調査を開始する。

    そして、同時期に起きた一人の女性の自殺に着目し、彼女の周囲を徹底的に調べ上げた記者が辿り着いた、彼らの死に纏わる真実とは――。

    『あと1年。死ぬ日を待ち続ける。それだけが私の希望――。
    かりそめに生きることは、もうできない。選んだのは「死」。
    不思議な自殺の連鎖を調べる記者。そこに至るただひとつの繋がり。
    「生」の意味を現代に投げかける、文句なしの最高傑作!』だ、そうで。


    「一年後の安らかな死」を約束されたとしたら、自分ならと真剣に考えさせられてしまったかも。
    この主人公の一人である女性同様、私もキャリアとか関係なく、多分他人から見れば別に誰にでもできるような仕事をしているし(人間関係は全然違うと思えたけど)、定年までの日々も、安易に想像できてしまうし…。

    ただ、まだそこまでの「絶望感」は、感じてないかなと(「面倒臭い」というのは、ときどき感じることだけど)。

    一年後に楽に死ぬことだけを「生きがい」として、仕事を辞め、自分の存在価値を見出した彼女の変貌振りは目を見張るものがあって、「あれ、こんな言葉遣いのキャラだっけ?」とか、たかだか30過ぎなのに終始「おばちゃん」と呼ばれることには違和感を感じたけど、まあ、そういうことかと、納得。

    前に読んだ平安寿子さんの本で『誰かに何かをしてあげたいという思いは、エネルギーだ。その反対に、何かしてもらいたいという渇望は、何も生まない。 自分を救うのは、この「何かしてあげたい」という思いかもしれない。』という一節があって、つくづくその通りだと思えたけど、これもまた、そういう類の本なのかもしれないなと、つくづく(謎解き?裏切られ感?としてもなかなかのものかな)。

    JUGEMテーマ:読書


    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:50
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こちらからTBさせていただきました。
        「おばちゃん」最後に納得でしたね。

        TBお待ちしています。
        • 藍色
        • 2008/12/22 3:37 AM
        ご無沙汰です。
        子供におっちゃんと呼ばれることに違和感を覚えてます。
        まだ兄ちゃんのつもりなんだけど^^;

        死にたい病はよくわからなかったです。死にたくないので。
        それに原田が追う事件にも興味が持てなかったです。
        だけどミステリだと明らかになる部分にはやられました。
        おおおっ、と!
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        遅くなってごめんね。
        なかなか追いつけないでいる今日この頃、藍色さんのブログを見て、読みたい本ばかり溜まっていく(^^;。

        • uririn
        • 2008/12/26 2:28 AM
        しんちゃん、こんばんわ(^^)
        ご無沙汰でごめんね。
        こんだけ尽くしてて「おばちゃん」としか呼ばれないのには、ちょっとどうなのかな〜?と、思えてしまった。話の流れ上仕方ないにしても、あまりにもあまりだなと(^^;
        ラストはなかなか良かったです(私も「おおおっ」でした。)。あまりにも救いのないこのご時世、せめて小説だけでも希望がほしいと思えてしまう…。
        • uririn
        • 2008/12/26 2:40 AM
        1年後に安らかな死を迎えられるのであれば
        1年頑張ってみようかな、と思う気持ち。
        まぁ、何となくは分かるような・・・。
        でも死にたくないしなぁ〜。
        っていうか、途中から違和感を感じ始めて
        オチ(っていうのかな)も途中で気付いちゃった。
        でも、なかなかスリリングで面白かったです。
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        こんなご時世なので、「おばちゃん」の死んでもいいかなという気持ちは、少し贅沢かも(少なくとも仕事も住むとこもあるんだし…)と思えてしまった。
        先に書評とか読んじゃったから、どんな隠し玉が…と思いながら読んだけど、私には最後までわからなかった(^^;
        ラストには満足、かな。
        では、では、よいお年を〜。
        • uririn
        • 2008/12/29 7:16 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        • -
        • 2015/04/02 6:23 PM
        何が残念かというと、 途中で落ちが分かってしまったことだ。 落ちが分かるまでも 何となく違和感があったんだけど、 落ちが分かって納...
        • My Favorite Books
        • 2008/12/28 9:37 AM
        『二十歳の原点』。著者、高野悦子。二十歳六ヶ月で鉄道自殺を遂げる。 この意味するものはいったい何[:!?:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 個性のない会社に通い、個性のない仕事をして、
        • じゅずじの旦那
        • 2008/12/26 5:08 PM
        チェーン・ポイズン(2008/10/30)本多 孝好商品詳細を見る 個性のない会社に通い、個性のない仕事をした。ありふれた失敗をして、ありきたりの当...
        • しんちゃんの買い物帳
        • 2008/12/24 10:30 PM
        装幀は高柳雅人。講談社創業百周年記念出版「書き下ろし百冊」第1弾。 自殺を決めた女性の一年間と、不審な連続自殺を追う記者。視点が交錯...
        • 粋な提案
        • 2008/12/22 3:38 AM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR