スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『サクリファイス』近藤史恵

    サクリファイス
    サクリファイス
    近藤 史恵 2007/8/30発行 新潮社 P.245 ¥1,575
    ★★★★★
    教えてほしい。
    どこからやりなおせば、この結果を避けられるのだろう。後悔せずに済むのだろう。


    「勝つこと」の重圧から逃げ出すために、陸上選手から自転車のロードレーサーへと転向した「チカ」こと白石誓。

    大学卒業後、プロのロードレースチーム「チーム・オッジ」にスカウトされ、2年目の今はチームのエース石尾のアシストとして、自分が勝つために走ることより、ただ石尾を勝たせるためのチームプレイに徹することに、自分の持てる力をあますことなく発揮する「チカ」。

    ところがアシストとして働くために選抜されたはずの国内大会で、思いがけずも勝利を手にしてしまい、海外のチームからも注目されるようになった「チカ」に、同じチームの先輩から明かされる、石尾に潰されたという過去のチームメイトの事故の話。

    そしてロードレースの本場、ヨーロッパでの「チカ」にとって初めての海外遠征先で起こる悲劇――。

    「ただ、あの人を勝たせるために走る。
    それが、僕のすべてだ――。
    二転三転する真相、リフレインし重さを増す主題、押し寄せる感動!
    自転車ロードレースの世界を舞台に描く、青春ミステリの逸品。」だ、そうで。


    装丁からして、ただのスポ根ものかと敬遠してたけど、本屋大賞の2位に選ばれていた(しかも私が大絶賛の『悪人』を抜いて)ので、それほどまでに面白いのか…と、とにかく読んでみたら「とにかく読んでみて下さい。絶対に損はさせません!」の帯に偽りなしだなと、納得(ミステリとは知らなかった…)。

    競輪とロードレースの違いもあまりよくわからなくて、個人競技じゃなくてチームプレイだというのに、まず驚いたし、一人のエースのために、そんな風にサポートに徹する選手たちがいるというのも、そして「そういうのが好きなんだ」と考える、ちょっと暗めの主人公「チカ」の辿り着いた真相に、しばし茫然。
    そして真実を知ったあとにじわじわと湧いてくる、ものすごい感動。

    そこまでの伏線も素晴らしいし、何となく「やられた」感もあって…(ただ、「チカ」の時間が止まるほど、あの彼女は素晴らしくないような…)。

    「チカ」のチームメイト、伊庭の言うように「そんなことのために…」とも思えるけど、実際にスポーツやってる人なら、まさにそれが悲願なら、理解できるのかもしれないなとも。

    タイトル「サクリファイス」の意味と、勝利の重圧から逃げ出したはずの「チカ」の最後の台詞「ぼくの勝利は、ぼくだけのものではない。」に込められる、様々な思いに、また涙…。

    オリンピックが終わった直後なので、なんとなく余計にこの本を読んで良かったなと思えたのかも。
    人を感動させることのできるスポーツって、本当に奥が深いんだなと、しみじみ。

    JUGEMテーマ:読書



    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:23
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
         はい、『悪人』に比べるとはるかに面白かったですね。というか、私には『悪人』の面白さが分からないのですが。(^^;
        久しぶりです
        今までにない「近藤史恵」で
        びっくり&どっきり&ドキドキ&ため息
        の一冊でした。
        殻を破ろうとして失敗する人、
        殻をくっつけたままもがく人
        うまく脱出して新しい自分と新しい読者を獲得できる人、といろいろですが、これからがまた楽しみです。
        higeruさん、こんばんわ(^^)
        確かにこれ、ものすごく面白かったです(今まで読まなかったのが悔やまれるくらい)。
        『悪人』はね〜、なんでしょう?主人公に心を「ぐわしっ」と鷲掴みにされてしまったのですね〜(^^;乙女(?)ごころの不思議さかな、これが。ただ単に好みのタイプというだけかもしれないけど。てへっ。
        では、では。
        • uririn
        • 2008/09/05 10:12 PM
        チョロさん、こんばんわ(^^)
        近藤さん、私は2冊ぐらいしか読んでないので、「こういうのも書く人なんだ…」と、昔のも読もうかなと思ってました(^^;これがニュータイプなのですね。ほんと、次回作が楽しみな作家さんがまた一人増えてしまったという感じです。これは本当に凄かった!感動した!でした。
        では、では。
        • uririn
        • 2008/09/05 10:17 PM
        uririnさんこんにちは!
        ↓なんだろう?楽しみだなぁ。
        想像ばかりが増えちゃいます(笑)
        想像してても始まらないんで本を読む事にしました。いやぁ、やられました。本当にこれはすごい。まだ読み終わったなりなんで整理がついてないんですが今はただすごいのひと言しかでません。
        そうそう、京都に行く予定はまだないんですがいつかお会いしたいです。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        カバー写真はPanoramic Images。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 語り手の白石誓(チカ)は、陸上の中距離走から自転車ロードレースに転向。 ...
        • 粋な提案
        • 2008/09/10 1:21 AM
        競技中に起きた悲劇は、単なる事故のはずだった…。
        • 待ち合わせは本屋さんで
        • 2008/09/05 10:20 PM
        自転車ロードレースの「チーム・オッジ」に所属する白石誓は、エースの石尾豪を支えるアシストとして、地味ながらも確実に仕事をこなす。 ...
        • ぱんどらの本箱
        • 2008/09/03 9:19 AM
         『モップの魔女は呪文を知ってる』――ぶっちゃけこれは積極的に読みたいと思うシリーズではなかったが――を読んだ直後に読売新聞の書評で見かけ、面白そうだと思って予約を入れようとした時には、既に長蛇の待ち行列。いったんは諦めたのだが、しばらく後に思い出し
        • higeruの大活字読書録
        • 2008/09/03 12:47 AM

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR