スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『有頂天家族』森見登美彦

    有頂天家族
    有頂天家族
    森見 登美彦 2007/9/25発行 幻冬舎 P.357 ¥1,575
    ★★★★★
     平安遷都この方続く、人間と狸と天狗の三つ巴。
     それがこの街の大きな車輪を廻している。
     天狗は狸に説教を垂れ、狸は人間を化かし、人間は天狗を畏れ敬う。天狗は人間を拐かし、人間は狸を鍋にして、狸は天狗を罠にかける。
     そうやってぐるぐる車輪は巡る。
     廻る車輪を眺めているのが、どんなことより面白い。

    狸界を束ねる、洛中に名高い立派な狸であった父親の血を引き継いだ下鴨家の四匹の息子たち。

    責任感の強さだけを受け継いだ、かちかちに頭の堅い長男「矢一郎」、暢気さだけを受け継いだ引き篭もりの二男「矢二郎」、阿呆さだけを受け継いだオモシロ主義の三男「矢三郎」、そして純真さだけを受け継いだ、底抜けに繊細で化け下手の末の弟「矢四郎」。

    そんな四匹の「ダメ兄弟」のだめっぷりを温かく見守る偉大な母。

    大正時代から続く美食家たちの集まり、毎年行われる忘年会で「狸鍋」を喰らうのが習わしの「金曜倶楽部」。

    下鴨家と敵対する夷川家。

    そして下鴨一族の恩師でありながら、山を追われ、今は出町柳のアパートでつましく暮らす孤高の天狗「赤玉先生」と、「赤玉先生」が愛してやまない、人間でありながら天狗よりも天狗らしい「金曜倶楽部」の紅一点のメンバーである美貌の「弁天」。

    そんな個性溢れる面々と、立派すぎる父親を持つがゆえに「立派な父の血を引きそこねた阿呆たち」と、世間からは評される、堅い絆で結ばれたちょっぴり残念な四人の息子たちが、京都の街を縦横無尽に駆け巡る壮大なファンタジー(?)もしくはドタバタ劇。

    『偉大なる父、優しい母、かけがえのない兄と弟、こんなファミリーがまだ日本にあった。
    ……でも、これ、全部「狸」の話。
    かくも毛深き家族愛!! 』だ、そうで。


    これは、なんとも説明のしようがないオモシロさというか。
    完全にツボに嵌ってしまった。

    京都に住んでて良かったなぁと(出町の桝形商店街は馴染みの場所なだけに余計に…)つくづく思わせてくれるし、すれ違った人たちが実は狸だったりしないかなと期待してしまうし。

    誰もかれもものすごく愛すべきキャラクターで、物語の構成もなんとも素晴らしいし。徐々に徐々にきて、最後にドッカーンとはじけるのが堪らなく楽しい(そんなもんにまで化けられるのか…と、想像を絶する化け合戦もわくわくするし)。

    笑いあり、涙あり(母親狸の命の恩人の話や、矢二郎がカエルになってしまった話なんて、もう号泣してしまうぐらい)、そしてちょっぴりサスペンスというか、父親の死を巡る陰謀ありの盛りだくさんで。

    敵対する夷川家のアホ兄弟、四文字熟語好きな「金閣」「銀閣」も最高だし、その妹の矢三郎の元婚約者で姿を現さない「海星」も堪らなく可愛いし、矢四郎のしっぽもえも言われず可愛いし。

    まさに「面白きことは良きことなり!」の台詞を地でいく極上のエンターテイメント。

    そして「くたばれ」の台詞もまた最高(いつか誰かに使ってしまいそうな)。

    JUGEMテーマ:読書
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:58
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        盛りだくさんで珍騒動が楽しい森見ワールドでしたね。
        偽電気ブランは狸が作っててビックリでした。
        面白かったねぇ、楽しかったねぇ。
        おばちゃんの棲(?)んでるのは大丸さんの近所で
        寺町通りのアーケードを思わず見上げてしまいました。
        こんばんは。
        私もものすごくツボにはまって、大笑いできた一冊でした。こんなん珍しいです♪
        名台詞がいっぱいありましたね!
        私は「捲土重来」かな?「くたばれ」も良かった♪
        しばらく、おうちでブームでした。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        ただの「電気ブラン」ならいつも行く酒屋さんにあるので飲んでみたいけど、ちょっとコワくて手が出ません(^^;矢四郎がめちゃくちゃ可愛かったので、是非職場の工場を見学に行きたいですね(^^)
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/03/17 10:10 PM
        ナカムラのおばちゃんさん、こんばんわ(^^)
        わー大丸のご近所さんですか、私も職場が近いので週に一度はポイントつけに行ってます(^^)
        どこかできっとすれ違ってますね〜。そして、これはもう物語が進むにつれてスピード感が増していって、めちゃくちゃ楽しかったですね(でも、ちょっぴり切なくもあり)。歩いてる人たちがみんな狸に見えてしまったりしてるし…(実は私も狸顔なのですが)。では、では〜。
        • uririn
        • 2008/03/17 10:15 PM
        ちきちきさん、こんばんわ(^^)
        金閣、銀閣のアホさ加減がめちゃくちゃツボでした(^^)四文字熟語の「樋口一葉」、もう最高です。
        そしておしりは8つに割れるのですね…。私も本当に楽しめた一冊でした。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/03/17 10:18 PM
        矢四郎かわいかったな
        (*´∀`)
        • 通りすがり
        • 2008/03/21 4:12 PM
        通りすがりさん、こんばんわ(^^)
        ほんとーーーーに、矢四郎めちゃ可愛かった。
        矢四郎、LOVEです(*^^*)こんな弟、いや息子がほしい。
        では、では。
        • uririn
        • 2008/03/24 11:19 PM
        自分、これ読んで糺の森に行ってきました。
        本当に狸出てきそうでした。
        実際には出てきませんでしたけど・・・。
        矢四郎がかわいかったですね。
        狸なのに・・・。
        自分の住んでいるところにはたまに狸が
        出てきます。
        なんとなく親愛の情で見てしまうようになりました。
        • す〜さん
        • 2008/03/30 9:27 PM
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        矢四郎、ほんっとに可愛かったですね。あんな息子がほしいと思えました。
        す〜さんの住んでるところには狸が…う、うらやましいです。私は典型的な狸顔なのでとても親近感がわくというか、前世は狸だったのかもです(^^;
        第2部、とても楽しみですね。こういう突き抜けたあほらしさ、なかなかお目にかかれないので大好きです。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/04/02 11:26 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        有頂天家族森見 登美彦幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 32310おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 糺ノ森に住む狸の名門・下...
        • Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜
        • 2008/06/07 7:37 PM
        有頂天家族 出版社: 幻冬舎 (2007/9/25) ISBN-10: 4344013840 評価:90点 面白かった。 誰が読んでもそんな気持ちになるんじゃないだろうか。 奇想天外荒唐無稽の展開。 とびっきりの阿呆らしさを存分に振りまきながら、なんとなく切ない気持ちにもなっ
        • デコ親父はいつも減量中
        • 2008/05/15 11:25 PM
        狸と天狗と人間の話。 最初は登場人物(狸か)の紹介と状況説明が続く内容で これは面白くないかも・・・なんて思いましたが、 やはり...
        • My Favorite Books
        • 2008/03/30 9:27 PM
        有頂天家族森見 登美彦 (2007/09/25)幻冬舎 この商品の詳細を見る いつもはメモをしながら読書しているのだが、今回はメモはいっさい取らなかっ...
        • しんちゃんの買い物帳
        • 2008/03/21 12:28 AM
        うさんくさい本です。 何しろ、主人公が京都の「狸」ですから… 糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙にな
        • じゅずじの旦那
        • 2008/03/16 7:58 PM
        JUGEMテーマ:読書 偉大なる父のサヨナラ、おちぶれた四兄弟、海よりも深い母の愛情、これぞ森見版『カラマーゾフの兄弟』!……でも、主人公は狸!?狸と天狗の人間の三つ巴が京都の街を席巻する壮大なファンタジー。幻冬舎HPより お正月一発目は、なんだかそれに
        • ぼちぼち
        • 2008/03/16 6:49 PM
        有頂天家族 森見 登美彦 幻冬舎 狸の名門下鴨家の当主、父総一郎は 鍋となってこの世を去った。 残された4人兄弟、 長男 矢一郎…堅物 次男 矢二郎…ひきこもり 三男 矢三郎…オモシロ主義 四男 矢四郎…不甲斐ない化けっぷり 師と仰ぐ天狗
        • ナカムラのおばちゃんの読んだん
        • 2008/03/15 1:00 PM
        イラストレーションは平田秀一。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。パピルス掲載+書き下ろし。 京都・糺ノ森に住む狸の下鴨家。数年前...
        • 粋な提案
        • 2008/03/15 5:30 AM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR