スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎

    ゴールデンスランバー
    ゴールデンスランバー
    伊坂 幸太郎 2007/11/30発行 新潮社 P.503 ¥1,680
    ★★★★★
    「思えば俺たちってさ、ぼうっとしている間に、法律を作られて、税金だとか医療の制度を変えられて、そのうちどこかと戦争よ、って流れになっていても反抗ができないようになっているじゃないですか。何か、そういう仕組みなんだよ。俺みたいな奴がぼうっとしている間にさ、勝手にいろいろ進んでるんだ。前に読んだ本に載っていたけど、国家ってさ、国民の生活を守るための機関じゃないんだって。言われてみれば、そうだよね。」

    テレビ中継も行われる地元での凱旋パレードの最中、公衆の面前で暗殺されたのは、「理想を叶えるために政治家になった」若き野党の党首、そして半年前、野党から初めて首相に選ばれたばかりの金田。

    ほどなく、数々寄せられる目撃情報から容疑者として浮かび上がったのは、二年前、ある事件のヒーローとして一躍時の人となった元宅配ドライバーの優男、青柳。

    警察官のいきなりの発砲に身の危険を感じ、身に覚えのないまま「森の声」に従い、ただ逃げ続けるしか生きる道の残されていないことを悟った青柳は、最新の監視システムが整備された仙台の街を駆け抜ける。

    携帯も自由に使えず、友人を頼ることもままならず、逃げ場をなくした青柳は、二日間の逃亡の末、ある場所に姿を現すと公言し……。

    「伊坂的娯楽小説突抜頂点
    首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、巨大な陰謀から逃げ切ることができるのか?
    2年ぶり 1000枚 直球勝負の書き下ろし大作」だ、そうで。


    どこかのブログで『砂漠』と『魔王』を足したような作品と書かれていたけど、なるほどうまいこと言うなぁと…まさにそんな感じ。
    あと、これまでの色んな作品の良いとこどりというか、集大成というか…。

    こんな風に犯人をでっちあげることって、実は意外とあったりするんだろうなぁ…と思えるし、テレビで流される情報の不確かさや、それらの情報のみで人のイメージや印象が簡単に変えられることの怖さも良く分かるかなと。

    国家とか権力を敵に回したら、逃げるしかないというのも…。

    青柳の逃亡劇は、映画『逃亡者』のようでもあり(ある部分で、私は楳図かずおの漫画『漂流教室』で未来の息子の危機の為にメスか何かを埋めたお母さんを思い出してしまった)。

    ただやっぱりそこは伊坂さんらしくて、青柳は飄々としているし、殺されそうな危険な目に遭っているのに、何故かわくわくしてしまうというか。

    学生時代の友人たちや、仕事仲間、そして親子の信頼関係がものすごく良くて、実際私なら、こんな風に信じること出来るのかなと考えさせられるし、信じてもらえるのかなとも…岩崎の「どうせ、おまえじゃないんだろ」も、樋口の「だと思った」も、父親の「ちゃっちゃと逃げろ」も、とにかく人間の関係性がすごくいいなぁと。

    なかでも「痴漢は死ね」は、素晴らしいのひと言に尽きるかな。

    最後の最後まで「たいへん良く出来た」お話で。

    JUGEMテーマ:読書
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 22:47
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは。
        集大成のような面白さでしたね。
        まさに、大変よくできました、って
        言ってあげたくなりました(笑)。

        トラックバックさせていただきました。
        こんにちはー。
        親父の痴漢嫌いは、なんでそこまでと?でした。
        それがラストで、これかーとひしひしと納得。
        複線の使い方がとてつもなく上手かったですね。
        こんばんは。
        まさに「たいへんよくできました」なお話ですよね!
        ドキドキハラハラも、ほんわかしんみりも、全部詰め込まれてて、大満足。
        ごちそうさま、って感じです。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        久しぶりの伊坂さん、堪能できましたね。
        これまでの作品のところどころを彷彿させるような…、でも、私もリンクしているかどうか全く分かりませんでした(^^;
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/01/30 11:01 PM
        しんちゃん、こんばんわ(^^)
        「痴漢は死ね」は、女性なら誰しもが思っていることかも(^^;。この父親はどこか「重力ピエロ」のお父さんを思い出させるような…。
        そして本当に伏線の使い方、天才的ですね。これが何か?と思っていることが次々と…そして素晴らしいくらいに最後にすっきり!ですね。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/01/30 11:06 PM
        ちきちきさん、こんばんわ(^^)
        久しぶりの伊坂さんに私も大満足です。
        まさに、極上のエンターティメントでしたね。
        「たいへんよくできました」には、ほろっときました。そういう人間関係、ものすごく良いなと。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/01/30 11:11 PM
        uririnさん こんばんは。
        おひさし〜です。めっちゃ遅いですが
        今年もよろしくです(笑)
        何度もページをめくりかえして読みました。
        どきどきはらはらで、読みごたえのある
        一冊でしたね。ワタシも大満足です(笑)
        • naru
        • 2008/02/01 7:34 PM
        naruさん、もう二月ですか…はやい、はやすぎる(^^;そしてこちらこそ、今年もよろしくです(^^)。
        二章あたりかな?私は難しくて読み返してしまいました…。伊坂さんの本を読むと、なんだか少し賢くなれたような気がしてしまいます。
        普段考えもしなかったこと、考えさせられるからかな。そして脱帽。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/02/02 1:08 AM
        良かったです。
        まさしく「たいへんよくできました」の判子を
        押してあげたいくらいです。
        久々にワクワクしながら読みました。
        と、同時に怖さもありましたね。
        この作品には。
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        マスコミやアメリカ…、伊坂さんのパターンというか、すごく納得させられるというか、普段何も考えずにやり過ごしていることを改めて考えさせられるお話でした。
        相変わらず、さらっさらなのに、ずーんと重いお話ですね。大人として、考えないといけないこと沢山あるなぁと思わせられるというか…。
        そして相変わらず、話のつながり方が絶妙で…。
        みんな判子押したくなっちゃいますよね(^^;
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/02/06 12:54 AM
        こんばんわ。
        マスコミの力は恐ろしいですよね。
        私もただの傍観者だったら、信じていると思います。
        それでも青柳は人を信頼する事をやめないんですから、凄いです。
        お父さんの言葉もかっこよかったな〜^^
        • 苗坊
        • 2008/07/25 12:20 AM
        苗坊さん、こんばんわ(^^)
        このお父さんといい、『重力ピエロ』のお父さんといい、本当に素晴らしいお父さんが登場しますね。
        そして終わり方もとても素敵な、大変良く出来たお話でしたね。大好きです。直木賞候補、辞退されてちょっぴり残念でした。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/07/29 10:19 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        ゴールデンスランバー オススメ! 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。 訝る青柳に、森田は「おまえは、陥
        • 苗坊の読書日記
        • 2008/07/25 12:17 AM
        いいっすね〜、この作品。 ケネディー大統領暗殺事件を髣髴とさせる首相暗殺。 その犯人に仕立てられた青柳。 いったい誰が何のために首相を暗殺し、 青柳に濡れ衣を着せたのか。 その真相は? 青柳が逃げる2
        • My Favorite Books
        • 2008/02/02 1:27 PM
        俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている?
        • 待ち合わせは本屋さんで
        • 2008/02/01 7:32 PM
        JUGEMテーマ:読書 冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃
        • ぼちぼち
        • 2008/01/30 6:41 PM
        ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 大事な話がある、おまえのことに関する重要なことだ。青柳雅春は、旧友の森田森吾...
        • しんちゃんの買い物帳
        • 2008/01/30 1:45 PM
        仙台の市街地で凱旋パレード中の金田首相が暗殺された。まもなく警察は容疑者を割り出し、マスコミを通じて公表した。 一介の市民にすぎな...
        • ぱんどらの本箱
        • 2008/01/30 9:17 AM
        装幀写真は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春の逃亡劇。手に汗握って読みました。始めにマスコミの報道で犯人と思わされ二十年後の検証を経て、リアルタイムに事件を描き「真
        • 粋な提案
        • 2008/01/30 2:13 AM

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << January 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR