スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ブラック・ジャック・キッド』久保寺健彦

    ブラック・ジャック・キッド
    ブラック・ジャック・キッド
    久保寺 健彦 2007/11/20発行 新潮社 P.228 ¥1,365
    ★★★★★
    ふと、ページの合間から、引きずるようなロングコートを着て走り回る、自分の姿が浮かび上がる気がした。あの頃のおれは娘とは違い、字を読んで台詞を追える年齢になっていた。暗記するまで読み込み、なんでも分かっているつもりだった。世の中のことも、人の気持ちも。理不尽としか思えないできごとが、時には起きてしまうことまで。
     もちろん、おれはまだ子供で、分かったつもりだった事柄を、一つ一つ学び直さなきゃならなかった。それには長い時間がかかったけれど、どれだけ大人になれたのか、本当はいまだに心もとない。

    毎週雑誌で読み、単行本も全て揃え、全エピソードを暗記するまで読み直すほど、マンガ『ブラック・ジャック』に傾倒し、ブラック・ジャックそのものになりたいと本気で考えていた小学生3年生の「アッチョン(このあだ名は、もちろんあそこから)」こと織田和也。

    服装も、髪型も、ブラック・ジャックにできるだけ近づくように似せ、誕生日に買ってもらったオペの道具で「オペ」の真似事をして仲間と遊んでいた、のどかな小学生時代。

    ところが突然母親がいなくなってしまい、借金をこしらえた父親とやむなく引っ越し、転校した先でつけられた和也のあだ名は「死神」。

    転校先のクラスに馴染むことができず、いじめの標的とされてしまう和也。
    唯一のよりどころだった以前の友人たちとも疎遠になってしまい、独りぼっちで居場所をなくしてしまった和也の目の前に、突然不思議な少女が現れ……。

    「雪降る聖夜、奇蹟が起きる! 三冠制覇、青春小説の超新星!
    ブラック・ジャックになりたいおれと、『ガラスの仮面』を教えてくれた内気な宮内君。そして、眼鏡を外すと超綺麗な泉さん。イブの晩、駅の向こう側の見知らぬ街に姿を消した泉さんの弟・健太を捜して、三人の大冒険が始まった――。ドラマ原作大賞選考委員特別賞、パピルス新人賞同時受賞に輝く、驚異の超大型新人登場!」だ、そうで。


    私も単行本でも文庫本でも揃えるぐらい『ブラック・ジャック』には思い入れがあるので、ここに出てくる色んなエピソードはかなり懐かしくて、和也の気持ちも良く分かるかも…(なりたいとは思わなかったけど、現実にこんなお医者さんがいたらいいなとは思ってたかな)。

    同級生の女の子とのお医者さんごっこのシーンはちょっとひいてしまったけど、小学生時代の独特の空気感は「なんかこんなだったなぁ」と、これまた懐かしくて(当時は学級崩壊なんてなかったような…)、転校した後の元のクラスメイトたちとの関係はちょっと酷だけと、実際そんなもんだった気もするし…。

    とにかく大好きだったマンガがどんどん出てくるのが面白くて最高(そして『ガラスの仮面』好きの宮内君最高!)。

    母親の言う「ブラック・ジャックにはピノコがいたからがんばれた」というのも、私も今なら分かる気がするし、ブラック・ジャックは独りぼっちではなかったと…。

    久保寺さんの『みなさん、さようなら』が読みたくて、これよりも先に図書館で予約してたけど、なかなか回ってこない…とにかく短期間に色んな賞を受賞されているみたいなので、これからも楽しみな作家さんがまた一人増えたかなという感じ。

    JUGEMテーマ:読書


    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 22:38
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ○○になりたいって小さいころはよく思ってたけど、
        ここまではなかったなぁ〜。
        転校先でできた友人たちがまたなかなか個性的で
        3人でいる絵を想像すると非常に微笑ましくもありました。
        大人になった3人の描写はなくても良かったかな、と。
        「みなさん、さようなら」も読みたい作品です。
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        確かに、後日談みたいなのは知りたくなかったかもです。それが現実だとしても…ちょっとがっかりしたと言うか。ほんとうこれからの作品がとても期待できそうな作家さんですね。
        す〜さんは何になりたかったのですか?私はパタリロになりたいと思ってたかも…(^^;
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/01/28 11:37 PM
        面白かったですね〜。
        大好きだったマンガ、どんどん出てきましたよね。
        久しぶりにサブカルチャー心が刺激されました(笑)。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        私は『ガラスの仮面』の最終回を読み終えるまでは、絶対に死なない!と誓っていたのですが、続きが出ないし…最近は見届けることができるのかどうか、不安になってきました(^^;
        もう、お弟子さんとかでいいから終わらせてくれないかなぁと…。そんなことを、これを読んで思ってました。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/02/06 12:43 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        • -
        • 2009/11/28 1:13 AM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        • -
        • 2009/11/25 3:07 AM
        装画は佐藤繁。装幀は新潮社装幀室。第19回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。 主人公で語り手のおれ、織田和也は手塚治虫の名作マンガ『ブラック・ジャック』をこよなく愛しブラック・ジャックになりたい小学生。日常の
        • 粋な提案
        • 2008/02/02 2:43 AM
         第19回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。  う〜ん、こういうの待ってたんだよ〜。ちょっとポップでほろ苦で、懐古的な小説を。  手塚治虫の「ブラック・ジャック」に憧れる小学生、織田和也。仇名は「あっちょん」、一時期、ピノコの口癖「あ
        • 日々のんぽり
        • 2008/01/29 12:17 AM
        ブラックジャックになりたかった小学生、和也の成長物語。 小学生の頃って○○のようになりたい、というより ○○になりたい、と思ってた。 ○○そのものになりたいって。 大人になれば、そんなことはできない
        • My Favorite Books
        • 2008/01/22 8:45 PM

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR