スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『先生と僕』坂木司

    先生と僕
    先生と僕
    坂木 司 2007/12/25発行 双葉社 P.239 ¥1,470
    ★★★★
    「本の中では、犯罪にも理由やロマンがある。正義を守る人もいれば、スケールの大きな悪をもくろむ犯人もいる。なのに現実は、お金お金お金。そればっかり。殺人にも理由がなくて、被害者だって殺され損だと思わない?どうせ殺されるなら、ものすごい愛や憎しみをぶつけられた方が、生きてるって感じがするよね」

    大学に入って初めてできた友達に誘われるままに「推理小説研究会」に入部する破目に陥った、想像力が逞し過ぎるが故に、人が殺される小説は怖くて読めない、伊藤二葉。
    押しにはとことん弱い、受け身の18歳。

    一人暮らしを始めた東京で、「怪しい人物に声をかけられたら目を見ずにダッシュで逃げること」という田舎のばあちゃんの言いつけを忠実に守ろうとする、流されるままに生きる気弱で「イケてない」大学生。

    そんな小心者の二葉がスカウトされ、顔はジャニ系、頭脳明晰の中学生、瀬川隼人のかなり「オイシイ」家庭教師を引き受けることになったものの、推理小説マニアの隼人は身近で起こる「小さな事件」に首を突っ込みたがり、二葉の唯一の特技を生かして二人で次々と謎を解いていくことに……。

    二人が入った本屋さんで、女子高生たちの万引きを未然に防いだ隼人。
    そんな正義感溢れる(というわけでもないけど)隼人の目に留まったのは、若い女性をターゲットに絞った雑誌の特定のページに貼られた電話番号が書かれた付箋。
    訝しがる隼人が付箋の番号に電話をかけてみると…『先生と僕』

    他、カラオケBOXで忽然と姿を消した二人の女子高生の謎…『消えた歌声』

    友達からもらったタダ券で、区民プールに遊びに来た二人が気になったのは、区の職員らしき男の謎の行動…『逃げ水のいるプール』

    隼人から、あらゆる「詐欺」の手口を叩き込まれ、キャッチには人一倍敏感になっていた人の好い二葉が声を掛けられて思わず入ってしまった店は…『額縁の裏』

    最近飼い始めたハムスターのためにヒーターをネットで探していた隼人が目に留めたのは、掲示板での怪しい取り引き…『見えない盗品』の5編から成る連作短編ミステリ。

    「都会の猫は、推理好き。
    そして田舎のネズミは……?
    あなたのまわりのちょっとした事件。先生と僕が解決します。(ホントに!?)
    大学生になった少し怖がり屋の僕は、ひょんなことからミステリー研究会に入る。同時に家庭教師のアルバイトを始めるが、その教え子は大のミステリー好きだった。身の回りで起きるちょっとした事件を二人で解決していくライトミステリー。」だ、そうで。


    遅まきながら、新年明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m

    珍しく「食べ物」が焼き芋とクリームパンぐらいしか出てこずに、代わりに(多分)有名どころのミステリ本がてんこもり出てくる(読んだことないのばかりだけど)。

    ジャニ系中学生、「イケてる」ことを充分自覚してる都会っ子の隼人と、田舎から出てきたばかりの「イケてない」大学生二葉の男二人のコンビは、「ひきこもり探偵シリーズ」や「切れない糸」のようでもあり(この二人の関係は中学生と大学生なだけに、全く怪しくはないけど)、やっぱり坂木さんのは男の人(子)が主人公の方が俄然面白いなと。

    「犯罪はエレガントであるべきだ」という持論から、「馬鹿な犯罪」を見るのが嫌だという理由で、様々な「謎」に首を突っ込みたがる隼人の世渡り上手な処世術はなかなか(特に年上の女性に対しての?)で、こんな中学生に見つめられたら私も「ぽっ」となってしまいそうな。

    隼人の世間を分かりきった「天使と悪魔」的な二面性もなかなかよろしくて、それとは対照的に人を信じるお人好しの二葉とのコンビ(人が殺されるミステリが苦手なのは、もしかして坂木さん自身もそうだったりするのかな)は、続編もありかなと。

    二人が入ったマンガ喫茶で、二葉が隼人に薦めてた「人情野球マンガ」というのがものすごく気になるんだけど…「ドカベン」か「野球狂の詩」あたりかな(これは古すぎ)?

    JUGEMテーマ:読書
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 22:34
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        また男二人の探偵物語ですね。
        年齢とは逆の主・従関係が出来てそうで
        これはこれで面白かったです。
        殺人とか起こらないミステリーなので
        安心して読めますね。
        二葉の記憶力が非常にうらやましい今日この頃です。
        本年も宜しく御願いします。
        というか、誕生日、おめでとうございます。
        今日、芥川賞・直木賞の発表でしたね。
        いずれの作家も私は知りません。
        このブログを見て「これ!」と思ったら、入試後にでも読みたいと思います。
        これからもどんどん読んじゃって下さい!
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        タイトルの意味が、そ、そうだったのか…といってもあんまり意味ない気もしてしまいましたが(^^;
        本当に安心して読めて、疲れてるときには癒されるので坂木さんは大好きです。
        そして二葉の記憶力、ほんと私も羨ましい歳になってしまいました…(読んだ本、一日たつと忘れてしまう今日この頃)。
        おくればせながらあけましておめでとうございます。そして、今年も宜しくお願いいたします。
        • uririn
        • 2008/01/16 11:39 PM
        北山のオバチャンさん、もといM本先生、今年も宜しくお願いいたします。お誕生日覚えててくれたなんてびっくり、そして感激してしまいました。本当にありがとう(そして未だに独身で賭けの約束を守ってなくてごめんなさい…)。
        直木賞受賞作の『私の男』は、読んだけど書くのが難しすぎてここには載せてません。確かに凄い作品でした。最近は本を読んでも、ブログになかなか書けなくてサボってますが、そうやって言ってくれるから頑張ろうと思えました(^^)。
        一段と寒くなってきたので風邪などひかぬよう、生徒の皆さんも受験頑張って下さい!
        では、では、本当に有難う(^^)
        • uririn
        • 2008/01/16 11:50 PM
        こんばんは。
        二人のコンビネーションがよかったです。
        珍しく食べ物は、焼き芋とクリームパンぐらいでちょっと肩透かしでしたね。
        そうそう、炭水化物大盛りと「プールではおでんが基本」でした。

        コメントで気づきましたけど、トラックバック未着でした。
        再トラックバックしてくださいますか?。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        続篇も楽しめそうなお話でしたね(隼人がジャニ系というだけで、もう……)。
        プールでおでん、そうなのですね。プールじゃないけどおでんが無性に食べたくなりました(^^)
        TB慌ててて忘れてましたね、すみません(^^;
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/01/28 11:33 PM
        こんばんは。

        そういえば坂木本はごはんがいつもおいしそうなのでした。
        プールおでんは心惹かれましたが。夏のおでんおいしいですよね。

        二人のコンビネーションが楽しくて、また読みたいと思いました。続編に期待。
        ちきちきさん、こんばんわ(^^)
        夏のおでん、おいしそうですね。今年の夏は、是非やってみます(^^)。
        ジャニ顔の隼人くんにすっかりまいってしまったので、是非是非続編読みたいです。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/02/18 11:37 PM
        こんばんわ。
        TBさせていただきました。
        素敵な作品でしたよね〜。
        坂木作品は3冊目ですが、外れはありません。
        どれも爽やかで、悪者がいなくて、読んでいて気持ちがいいんですよね。
        二葉がかわいくて^^
        絶対彼女は年上だなと思いました。
        • 苗坊
        • 2008/03/04 9:53 PM
        苗坊さん、こんばんわ(^^)
        坂木さんの作品には、坂木さん自身の優しさを感じてしまいます。安心して読めるので私も大好きです。
        続編もあれば良いですね。もっとこの二人のこと見ていたいというか…。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/03/06 1:06 AM
        このくそ生意気な少年に
        おばちゃんも“ぽっ”です。
        • ナカムラのおばちゃん
        • 2008/03/09 12:12 AM
        ナカムラのおばちゃんさん、こんばんわ(^^)
        くそ生意気でも、ここまで可愛ければ何しても許せちゃいますよね〜。得な子だ。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/03/10 11:50 PM
        uririnさんこんにちは!
        とても面白かったです。少年が息子にみえました(笑)
        でも卒論までになんで『六月の花嫁』を読むことを薦めたのかわからなくてモヤモヤ中です。うーん。uririnさんどう思いました?
        uririnさん、ごめんなさい。『6月の花嫁』じゃなくて『六の宮の姫君』でした。うー今まで悩んでました!思い余ってuririnさんに相談までしたのに・・勘違いでした。情けないよー
        • musagoro
        • 2008/03/28 11:26 AM
        musagoroさん、こんばんわ(^^)
        おひさです!
        まったくその部分にひっかからなかった(意味わからなくてスルーしてたかも)なので、『六の宮の姫君』というのを調べてしまいました(^^;
        太宰さん?北村さん?『六月の花嫁』は、乃南アサさんのにそんなタイトルの本があったような…。
        そして息子君、ジャニ系なのですね、将来が楽しみ(^^)
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/03/28 11:45 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        「先生とぼく」/坂木 司 坂木氏の小説は先日「和菓子のアン」を読んだばかり。他にも「ウィンター・ホリデー」、「ワーキング・ホリデー、ホテル・ジューシー」等、いくつか読んでいるが、結構アルバイトをする主人公の日常とその成長を描いていることが多いと思う
        • 京の昼寝〜♪
        • 2014/02/26 8:18 AM
        先生と僕 坂木 司 JUGEMテーマ:読書 読みながらこの本の雰囲気について考えてました。どこかで、そうつい最近この雰囲気に触れた事があるなーっと思っててやっと思い出しました。 北村薫さんの「空飛ぶ馬」それに「街の灯」 日常が舞台でほのぼのとはしていな
        • 柚子すき毎日
        • 2008/03/28 11:18 AM
        先生と僕 坂木司 双葉社 僕、伊藤二葉は 大学一年生。 人が殺される小説が読めない 極度の怖がり、 なのに 「推理小説研究会」に入部、 そして家庭教師。 瀬川隼人くん、13歳中学一年生。 さらさらの茶色い髪にジャニーズ系、 クールでミステリー好き
        • ナカムラのおばちゃんの読んだん
        • 2008/03/09 12:08 AM
        先生と僕 オススメ! 大学生になり、初めて都会で一人暮らしをする事になった伊藤二葉。 始めに友達になった山田に無理矢理推理小説研究会というサークルに入会させられる。 実は二葉は極度の怖がりだったのだ。 公園で江戸川乱歩の作品を読んでいたら、中学生の隼
        • 苗坊の読書日記
        • 2008/03/04 9:51 PM
        先生と僕(2007/12)坂木 司商品詳細を見る 伊藤二葉、十八歳。人が殺される小説は読めない、極度のこわがり屋。大学に入学して最初に出来た友人...
        • しんちゃんの買い物帳
        • 2008/02/26 8:05 PM
        JUGEMテーマ:読書 大学生になった少し怖がり屋の僕は、ひょんなことからミステリー研究会に入る。同時に家庭教師のアルバイトを始めるが、その教え子は大のミステリー好きだった。身の回りで起きるちょっとした事件を二人で解決していくライトミステリー。双葉社HP
        • ぼちぼち
        • 2008/02/18 10:22 PM
        装幀は石川絢士(theGARDEN)。初出「小説推理」。連作短編集。 大学生になった語り手の僕、伊藤二葉はミステリマニアの中学生、瀬川隼人にナンパされ家庭教師に。ふたりが身近に起きる日常の謎を解決していきます。怖がりの僕が持
        • 粋な提案
        • 2008/01/22 2:24 AM
        坂木さんの最新作です。 大学に入った僕、伊藤二葉は実は極度の怖がり。 いつも悪い方悪い方に物事を考えてしまう性格。 人が死んじゃう推理小説やミステリーの類は絶対読めない。 なのに、そんな僕がなぜか推理小説
        • My Favorite Books
        • 2008/01/13 10:38 AM

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR