スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『どろ』山本甲士

    どろ (小学館文庫)
    どろ (小学館文庫)
    山本 甲士 2004/12/1文庫化 小学館 P.358 ¥650
    ★★★★
    まともな社会人として日常を送っている奴らの中にも、実はおかしなのがいくらでもいる。これまで運が良かっただけで、その運が尽きて事件が起きるのか。それとも人間というものは本来的に、ふとしたきっかけで狂いを生じさせてしまう生き物なのか。

    始まりはほんの些細なことだった…。

    二日連続して朝刊が抜き取られるという小さな「事件」が起こり、真っ先に隣人を疑ったのは、市役所に勤める岩室。

    三ヶ月前に隣に越してきた隣人、手原に庭の手入れのことを注意をしたことで、嫌がらせを受けたのだと思い込み、その報復に手原家の庭に犬の糞を投げ入れ溜飲を下げた岩室。

    ところが今度は、隣人の手原が岩室家の庭の花を全て手折るという報復に出たことから、岩室も後には引けなくなってしまい、二人の大人気ない「泥仕合」はどんどんエスカレートし、やがては家族や職場までをも巻き込んで……。

    『腑に落ちない出来事、ままならない日常。どんなにムカついても腹が立っても、「猫をかぶった状態」でやり過ごすのが、普通の大人である――が、仮面が一度剥がれてしまったら!?  隣の家の住人が気に入らんとか、上司がアホやからとか、とにかく日常にむかついている人、ここまでやってみませんか?おススメです。』だ、そうで。


    「ここまでやってみませんか?」の惹句には、「絶対やっちゃダメ!!!」と言いたくなるようなことばかりで(いや、本当に途中からはものすごいし、こんなこと普通はきっと考え付かない、と思いたい)。

    最初の時点で、お互いに注意されたことに対して少しでも対処していればこんなことにはならなかったのに、何で自分のことは「悪くない」と、許してしまうのか(そこが現代の人間らしいといえば、らしいような)。

    最初は「馬鹿馬鹿しい」ぐらいの報復合戦(それでも立派に器物損壊罪や脅迫罪などなどの○○罪というのがつくらしいけど)が、本当にどんどん「えげつなく」なっていくので、一体どこまでいったら終わるのかと思ったら、やっぱりそんなところまで…。

    その労力、別のところで使えばいいのにと読んでいてずっと思ってたけど、これはこれでこの二人にとって、ある意味「楽しみ」だったんだと納得。

    岩室も手原も、職場や家庭で様々な問題を抱えていて(どこの家庭でもあるような問題かもしれないけど、これも結構重かったりして大変だなと)、「嫌がらせ」がエスカレートしていくほどに、それらの問題に対しても強気になっていくというか、開き直っていく姿勢がなかなか面白い(人間一つのことに一生懸命になれれば、どんどん強くなっていくというか…ここでは「悪巧み」なんだけど、まあそれでもエネルギーには違いないかなと)。

    そして最後の最後まで…懲りてないというか、逞しすぎるというか、二人の力関係が全くの対等なので、これはこれでいいのかなと。

    JUGEMテーマ:読書
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 01:10
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        こんばんは。
        すごく真っ黒な作品でしたね。
        ほんと、二人は楽しんでたと思います。
        まだまだやる気まんまんだし。

        お休み中に書いた感想がたまりまくってるので
        記事のアップは正月前後になりそうです。
        そのときにまたTBに寄せてもらいます。
        • しんちゃん
        • 2007/12/20 8:09 PM
        こんな風に転落していきたくないなぁ〜って思いました。
        でも最後まであきらめない姿はさすがでしたね。
        でも、ほんの些細な勘違いから始まったこの争い。
        無意味といえば無意味ですけど、
        やっぱり二人とも楽しんでる感がありましたね。
        これはこれいいのかも。
        そう思いますね。
        uririnさん、メリークリマス♪

        キット素敵なクリスマスをおむかえのことと思います(≧∇≦)♪
        私はわりと他人の前では「猫をかぶる」人のような気がするけど、じわっじわっと仮面が剥がれていきますね(笑)だからここまでやってみる勇気も必要もないけど、読んだからスカッとするのかしら??えげつなさをちょっぴり覗いてみたいかも?
        しんちゃん、こんばんわ(^^)
        山本さんのこの手の本、とても好きです。「とげ」も読もうかな。そして「ラブかストーリー」順番が回ってきたので読むのがとても楽しみです。読んだらTBさせていただきますね〜。
        では、では。
        • uririn
        • 2007/12/25 11:35 PM
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        本当にこの二人はどっちもどっちで、目くそ鼻くそというか…このバトルは永久に続きそうですね。傍から見てたら馬鹿馬鹿しい気もするけど。でも、ほんと良くこんなひどいこと考え付くなぁというのがあって、ちょっと怖かったです。普通の人たちなだけに。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/12/25 11:44 PM
        こぱんさん、メリークリスマス♪です(^^)
        このまま幸せが続くといいな(^^)というクリスマスでした。
        この本はスカッとはしないかな。でも他人のこういうの見てると馬鹿馬鹿しいと思えて、自分は冷静になれそうなので良いのかも(^^;
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/12/25 11:54 PM
        こんばんは。
        やっとアップすることが出来ました。
        「ラブかストーリー」どうかお気に召しますように。
        • しんちゃん
        • 2007/12/26 7:47 PM
        uririnさん、
        あけましておめでとうございます♪
        今年もスローペースな私ですけど
        よろしくね☆
        uririnさんにとって
        幸と笑顔が多き一年でありますように♪
        しんちゃん、こんばんわ(^^)
        そして、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
        お正月の間、結局一冊も読めなかった(^^;「ラブかストーリー」まだほんのさわりの部分だけだけど面白いよ〜。早く読まねば…。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2008/01/07 1:17 AM
        こぱんさん、あけましておめでとうございます(^^)
        そして、今年も宜しくお願いいたします。私もかなりペースダウンしてしまってますが、ぼちぼちやっていきたいです。今年はなにやら良いことがありそうな予感、かもです…。こぱんさんも、幸せいっぱい笑顔がいっぱいの一年になりますように♪
        • uririn
        • 2008/01/07 1:20 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        どろ (小学館文庫)山本 甲士 (2004/11)小学館 この商品の詳細を見る 近隣住人は選べない。市役所勤務の岩室孝行とペット葬儀社で働く手原和範は、大阪南部の新興住宅街に居を構える隣人...
        • しんちゃんの買い物帳
        • 2007/12/26 7:44 PM
        人生転落劇場! ちょっとした誤解から嫌がらせがどんどんエスカレート。 犬の糞を玄関先に投げ込む、 偽の出前を注文する、 花壇の花を引きちぎる、 花壇に除草剤をばら撒く、 なんてうちはまだかわいい?
        • My Favorite Books
        • 2007/12/20 9:18 PM

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR