スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ダイイング・アイ』東野圭吾

    ダイイング・アイ
    ダイイング・アイ
    東野 圭吾
    JUGEMテーマ:読書
     
    2007/11/25発行 光文社 P.372 ¥1,680
    ★★★★★
     そうだ、あたしは帰らなければならないのに――。
     途絶えようとする意識の残り火が、激しい恨みへと変わっていった。幸せだった人生を、突然終わらされたことに対する恨みだった。
     あとまだ何十年も続くはずだったのに、それをなぜ、誰が、こんなところで。……
     許さない、恨み抜いてやる、たとえ肉体が滅びても――。

    結婚して3年、今の生活に何の不安も不満もなく、夫と二人きりの幸せな生活を送っていた主婦が交通事故に巻き込まれ、あっけなく命を絶たれてしまった。

    それから約一年後、交通事故の加害者であるバーテンダー、雨村は仕事帰りに何者かに襲われ、一命は取り止めたものの、事故の記憶だけを一切失くしてしまう。

    何故事故から一年以上も経ってから命を狙われたのか…。
    一年前の事故当日の状況を調べ始めた雨村が知らされたのは、もう一人の加害者の存在。
    なのに何故自分だけが…と理不尽な思いに囚われる雨村。

    雨村の退院後間もなく、突然マンションから姿を消してしまう雨村の恋人。
    交通事故の後、羽振りの良くなった、もう一人の加害者の男。
    事件の後、雨村の店に姿を見せるようになった得体の知れない女の存在。

    雨村の周辺で次々と起こる不可解な出来事…。

    そして事故の記憶が欠落したままの雨村は、「人形」のような怪しい謎の女の魔力に絡め取られるように動きを封じられ、女のマンションに監禁されてしまうことに――。

    「俺をみつめるマネキンの眼。そいつは、確かに生きていた。
    その眼には、何が映っていたのか。

    誰もが少しずつ嘘をつき、誰かを陥れようとしている。
    今度の東野圭吾は、悪いぞ。
    ベストセラーを連発する人気作家の幻の傑作、解禁! 〜帯の惹句より〜」だ、そうで。


    冒頭の事故の描写が生々しくて、東野さんにしては珍しくエグいなぁ…新境地なのかな?と思って読み始めたら、実は9年も前の作品だったのかと知ってがっくり。
    その頃の作品調べてみたら、『白夜行』『天空の蜂』『秘密』と、なんと私のベスト3がずらりと…だし、そんな黄金期に書かれていたのに、何故いまさら???という気がしないでも…。

    そして、必然性があったのかどうか良く分からないけど、これまた珍しく、性描写にも力入ってる?というか…。

    なので帯に書かれてるのは、その辺のことだったりもするのかな?

    アマゾンのレビューで、ホラーミステリーと書かれてたけど、確かにホラーちっくだし、もし自分が加害者の立場なら…と考えると、この状況は耐えられないだろうし、逆に被害者の立場なら、これ以上のことするかも(と、いうような想像力は、ものすごく掻き立てられたかな)。

    ただ、ちょっと理解できない部分も多々あったりして。

    そう言えば東野さん、事故に遭った被害者の遺族の気持ちとか、そういうのすごく慮るというか、「忘れ去られる側」の無念さみたいなの、よく書かれてるのかもしれないなと…。

    そして、これとは全く関係ないけど、映画化される『容疑者xの献身』の数学の先生の役、絶対に温水さんでやってほしいなと(もう決まってたりしたらごめんなさい)、切に願う今日この頃…。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:51
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        >これまた珍しく、性描写にも力入ってる?
         なるほど、言われてみれば確かにそうでしたね。
         その辺もあって、『秘密』が出た直後だったので、ちょっとイメージを損ねかねないから…とか?

         それともそろそろシーズン(スノボの)なので、昔の作品を本にして滑る時間を稼ごう…なんてことはないでしょうけど。(^^;

         石神役は私もいろいろと考えましたよ〜。今のところ月9のレギュラー陣以外のキャストは不明のようですね。どうでもいいけど品川の弓削はやめて欲しい。
        uririnさん こんばんは。
        「忘れ去られる側」の無念さか〜。なるほど!!
        「謎の女って誰やねん」っと何度もつっこみを
        入れながら読みました(笑)
        物語はほぼ予想どおり進んだ気もします〜。
        交通事故の被害者って報われないですよね。
        • naru
        • 2007/12/03 7:36 PM
        higeruさん、こんばんわ(^^)
        higeruさんのブログで、これがずっと以前に書かれたものだと気づきました〜(言われなければわかんなくて、なんじゃこりゃと思ってしまってたかも(^^;)。東野さんのエッチシーンはあまりそそられません(ていうか、ない方が好きなんだけど)。
        そして品川の弓削、全く同感です。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/12/03 11:46 PM
        naruさん、こんばんわ(^^)
        その突っ込み、良くわかります〜。
        私には全く先が読めませんでした(て、いうか、これ一体何の話なんだろう?というか)。被害者の無念さは良く分かるけど、このお話自体はあまり好きくなかったです。次回の新作に本当に心の底から期待します。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/12/03 11:51 PM
        こんにちは。
        と〜っても怖かったです。
        でも逆に被害者の立場なら、これ以上のこと
        やすやすとしそうです。
        石神役、温水さんのイメージだったんですね。
        私はカンニング竹山でした(失礼)。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        ほんと、東野さんらしからぬゾゾっと感というか気持ち悪さで。なんで今までお蔵入り(?)だったのでしょうね?ガリレオ人気にあやかって出版されたのかな?
        竹山さんかぁ…最近見ない気がするけど、なるほどなるほどです(^^)。ドラマなかなか面白いので、映画も楽しみ。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/12/10 11:51 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        ダイイング・アイクチコミを見る # 出版社: 光文社 (2007/11/20) # ISBN-10: 4334925812 評価:77点 少し早めに会社から帰って一気読み。 ページをめくるのがもどかしいほど先を読ませる展開は素晴らしい。 1ページ読み進むとともに膨らんでいく期待感と、
        • デコ親父はいつも減量中
        • 2008/12/16 12:12 AM
        バーテンダーの雨村慎介は、閉店後に帰宅しようとしたところを何者かに殴られて重傷を負い、幸いにも命を取りとめた。 慎介を襲った男は死...
        • ぱんどらの本箱
        • 2008/05/20 2:11 PM
        東野圭吾 著 
        • Akira's VOICE
        • 2008/04/24 12:21 PM
        著者:東野圭吾 ダイイング・アイ(2007/11/20)東野 圭吾商品詳細を見る スナックでバーテンダーをしている慎介はある夜、ふらりと現れた客に...
        • 新・たこの感想文
        • 2008/02/20 6:53 PM
        東野圭吾さんの新刊が出ていたことに、迂闊にもまったく気づきませんでした。 とりあえず、本の帯にだまされました。 「今度の東野圭吾は悪いぞ」 とかあるんですけど・・・・ 悪いってゆーか、すげぇ怖かったです(・∀・;) サスペンスかと思ってい
        • Mystery blog
        • 2008/01/02 11:48 AM
        ダイイング・アイ 東野 圭吾 これもまた待ってたもののひとつ。 しかしまぁ、贔屓の作家の新作が次々あるっていうのは、うれしい限りです。 ところが評判を見ると上々ってほどでもない。 だいたいねぇ。お気に入りの作家の新作っていうと、それだけで期待が過
        • 読書三昧
        • 2007/12/18 7:59 PM
        装幀は泉沢光雄。初出「小説宝石」。 直視しがたいプロローグの後―。バーテンダーの雨村慎介は襲われ意識不明。病院で目覚め、失った一年半前の人身事故の記憶を調べ始めると不穏な出来事が。記憶を思い出せないもどかしさ。会う
        • 粋な提案
        • 2007/12/10 4:54 PM
        1998年〜99年にかけて「小説宝石」に掲載していた作品。
        • 待ち合わせは本屋さんで
        • 2007/12/03 7:41 PM
         楽天のポイントがたまってきたが、来月末で期限切れになるものがそこそこある。昨年末は同じような理由で Bryan Adams のDVDを買ったが、今回は折り良く出た東野圭吾の新刊を買うことにした。バリバリの新刊、のつもりだったのだが…。 光文社 2007/11/25 初版一刷
        • higeruの大活字読書録
        • 2007/12/01 1:20 AM

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR