スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『他人事』平山夢明

    他人事
    他人事
    平山 夢明 2007/10/30発行 集英社 P.281 ¥1,680
    ★★★★★
     魂が根こそぎ砂粒に変えられてしまっていた。
     今後、死なず壊れず生きていくには自分の何かを欺し、裏切り、言いくるめていく他、道はないのだと絶望した。   〜『ダーウィンとベとなむの西瓜』より〜

    対向車を避けようとして崖下に転落し、潰れた車中で身動きの取れなくなった男は、近づいてくる足音に一縷の望みを託すものの、足音の主は一向に助けてくれる様子もなく、そればかりか…『他人事』

    ひきこもりの息子の家庭内暴力に耐え切れなくなった父親は、息子を殺すことを決意し、武器を手に入れ…『倅解体』

    人気料理評論家の家に押し入った男の願いはただ一つ。その評論家のために「もう一度、おいしい料理を作る」こと。過去に酷評を受けた料理人の逆恨みなのか…『たったひとくちで』

    虐待を受ける同級生の彼女を助け出し、母親から盗んだ10万円を手に、ぼろぼろになった身体で逃避行に出た高校生のカップルは…『おふくろと歯車』

    40過ぎの独身女が一人暮らす家に現れた訪問者は、近所でも評判の好青年二人。二人の青年は女の目の前で突然プロレスを開始し…『仔猫と天然ガス』

    他、法律によって高齢者が守られなくなったこの国で、定年を迎えた男に起こる悲劇…『定年忌』。

    やくざの「武器」として日本に連れてこられた、異国の少女「ニーニャ」…『恐怖症召還』。

    動物禁止のアパートでこっそり飼っていた愛猫がくわえて来たのは、人間の「指」…『伝書猫』。

    初めてのBBQで人気のない川原にやってきた家族に襲いかかる恐怖…『しょっぱいBBQ』。

    エリート進学校で起こった陰湿ないじめ…『れざれはおそろしい』。

    虐げられたロボットの反撃によって皆殺しにされる人間達…『クレイジーハニー』。

    クビになる代わりに、男が押し付けられた最悪の仕事…『ダーウィンとべとなむの西
    瓜』。

    飛び込み自殺を図ろうとしている女、そこにもう一人の自殺志願者の男が現れて…『人間失格』。

    無茶なことばかりして、希望を失った男と、幸せの絶頂にいた男…『虎の肉球は消音器』。

    の「理解出来ない他人達に囲まれているという日常的不安が生み出す数々の悪夢を、その残酷さを愉しむように露悪的に描き出した14篇の作品集。」

    『本年度「このミス」第一位の著者による最新作
    空想が生んだ惨事が心の空白を埋める。無意味で不気味な心の暗渠を覗く14編。
    これを読む者は一切の望みを棄てよ。〜帯より〜』だ、そうで…。


    怖いもの見たさで、ついつい平山さんの本、読んでしまうけど…これは本当に怖い、怖すぎる。
    今なら、どこにでもありそうな話と思えてしまうし(そうそう「他人事」ではないというか…)。

    理解不能な話もいくつかあったけど、これまで読んだ中では、比較的解りやすかったかも。

    『定年忌』の、定年を迎えた途端に「ゴミ」扱いされるおじさんたちは、気の毒だけど、それまで自分たちがしてきたことを考えれば…だし、最後のオチにも納得(こんな風にならないように、というか…)。

    『しょっぱいBBQ』は、読んでいて、映画の『ミザリー』とか『シャイニング』の怖い場面、思い出してしまった。

    『れざれはおそろしい』は、これまた解りやすい「いじめ」の話で。
    「れざれ」の意味、きっと最後までわかんないんだろうな〜(これまでの経験上)と、思って半ば諦めて読んでたら、何ともすっきり。
    そしてありがち…。そして嫌な感じ。

    一番怖かったのは、『仔猫と天然ガス』の意味不明さ。
    でも、こういうのが近ごろの犯罪なのかも…とも思えてしまうし。

    『人間失格』は、まさに「人間失格」というか…。
    そこまでするかというか、でも、こういう輩も、へーきでいそうだし。

    帯の裏(後ろ?)に書いてある
    「恐怖とは何かと考えていた。
    確たる答えは見つからず、迷路に呆然と立ち尽くしていた時、最も怖ろしい出来事は常に新聞記事に在ることに気がついた。
    この世が孕む虚無や無関心こそ恐怖の豊潤な源泉だと気づいたのです。―――平山夢明」
    というのも、ものすごく良く分かるし。事実は小説よりも奇なり…というような事件、本当に多いし。

    「絶望」という言葉が何ともしっくりくるお話ばかりで、落ち込みそうになるけど、これが今のこの世の現実なのかもしれないなと。

    に、しても相変わらずタイトルの付け方があんまり良く解らんような…(そこがまた良かったりするのかもだけど)。

    JUGEMテーマ:読書

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:36
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは。

        先越されてしまいましたね〜。
        本は手元にあるんですが、読むのはもうちょっと先になりそうです(^_^;)
        そっかー、怖いのかー。
        楽しみです。
        読んだらまた来ます〜
        ちきちきさん、こんばんわ(^^)
        『ホテルジューシー』先越されてしまいました(^^)。図書館本でなかったら、おまけの小冊子がついてたの?私も本屋さんで確認しなくては…。
        これは本当にとても嫌〜な怖さの本でした。ダーク好きなちきちきさんも好みかも。
        では、では〜。

        • uririn
        • 2007/11/21 12:45 AM
        こんばんは。
        ようやく読みましたよ〜。
        やばかったです。
        これまでの単行本よりダークさが増してたような…
        ケータイ小説だったんですね。
        こんなもん、ケータイで読んだら私顔上げられないです…
        ちきちきさん、こんばんわ(^^)
        なんだか本当にいそうな人達ってのが、とても怖ろしいですね。こんな人に遭遇したら嫌やなぁというか…。ほんとダークすぎてへこみました(^^;
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/11/26 11:00 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        JUGEMテーマ:読書 2007年度「このミステリーがすごい!」第1位作家の作品集! 交通事故で重傷を負うが、助けてもらえない男。引きこもりの息子を殺害する決断をする父。自殺しようとする女を誘惑する若者。等、コミュニケーション不能の他人に蝕まれてゆく恐怖を描
        • ぼちぼち
        • 2007/11/26 9:38 PM

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR