スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『さよなら、そしてこんにちは』荻原浩

    さよなら、そしてこんにちは
    さよなら、そしてこんにちは
    荻原 浩 2007/10/25発行 光文社 P.244 ¥1,575
    ★★★★
     妊娠を告げられた時には、喜んでみせ、すぐに入籍することを約束したのだが、正直に言うと、手放しに嬉しかったわけでもない。何かが終わってしまうかもしれない予感に、内心、動揺していた。……
     しかし、それが不思議なことに、純子のお腹がふくらんでくるにつれて、自分の目の前の景色が変わって見えてきた。    〜『さよなら、そしてこんにちは』より〜

    笑顔を見せてはいけない商売「葬儀社」に勤める、もうすぐ父親になる陽介。普段からの無愛想な顔立ちが、この仕事に向いていると社長からは言われるものの、実は笑い上戸の陽介。そんな陽介が葬儀の最中に意識をそらせるために考えるのは、まだ見ぬ娘とのシミュレーション…『さよなら、そしてこんにちは』

    会社をリストラされ半年間ぶらぶらしていた父親が、農園をやると突然言い出し、東京から3時間離れた、携帯も圏外のど田舎に引っ越すことになった一家4人。「赤毛のアン」や「若草物語」のような田舎暮らしを想像していたものの…『ビューティフルライフ』

    テレビの人気情報番組をくまなくチェックし、翌日の商品の仕入れを決めるスーパーマーケットに勤める食品課係長。ライバル店に負けないように、テレビ番組の情報を事前に仕入れたいあまり…『スーパーマンの憂鬱』

    子ども番組のヒーロー役の彼見たさに、子どもをだしにする専業主婦。後楽園で行われるショーに、憧れの彼がやってくると知り、いてもたってもいられなくて…『美獣戦隊ナイトレンジャー』

    客はといえば、安いネタばかりで長時間居座る常連ばかりの、流行らないすし屋「寿し辰」の典型的な頑固おやじ。ある日店にやってきた一見の客は、どうやらこっそりと取材をしているようで…『寿し辰のいちばん長い日』

    流行の「スローフード」の先駆者として取り沙汰され、一躍時の人となってしまった料理研究家、兼主婦。取材に、テレビ出演に、原稿の締め切りにと、てんてこ舞いになってしまい…『スローライフ』

    クリスマスを家族で祝いたいと、可愛い妻と娘にせがまれた由緒正しき寺の僧侶。
    檀家にばれないようにと、こっそりクリスマスの準備をすすめるのだが…『長福寺のメリークリスマス』の、7編から成る「いっしょうけんめい翻弄される人々」を描いた短編集。

    「いろいろあるさ、人生だもの。
     世のため、人のため、そして家族のため、働き者の悲哀を描く、著者独壇場の傑作集」だ、そうで。


    雰囲気的に奥田さんの『家日和』と同じ匂いがしたような…。

    一番笑えたのは『ビューティフルライフ』の少女ちっくなお母さん(の夢が次々と砕かれるところ。そりゃそうだ、というか、やっぱり外国でも昔は「ぼっとん便所」だったのかな?)。
    そして床下の謎の生物…とても気になる。

    とは言っても、面白いだけじゃなく家族の引越しの本当の理由がなかなか重くて、こんなお父さんお母さん、いいなぁと思える物語(文句垂れの、お姉ちゃんもなかなか)。

    『スーパーマンの憂鬱』は、リアルな話だなぁと(消費者の私は、思いっきり、この手のテレビの情報番組に踊らされてるし…)。
    実際、スーパーで働く人たちは、やっぱりああいうの見て参考にしてるのか、どうなんだろう?と思えてしまった。

    『スローライフ』は、最後のオチがなかなかよろしくて(奥田さんのは「ロハス」だっけかな)、『長福寺のメリークリスマス』は、ああ、もうすぐそんな時期かと、すっかりクリスマスなどご無沙汰になっている私にクリスマスを思い出させてくれたかも。

    『さよなら、そしてこんにちは』の葬儀社の社長の言う「結婚は人生の墓場…」は、実際どうなんだろう。
    そうとも思えるし、ここに出てくる家族は、どれもごくごく普通の幸せな家族だし、そういうの羨ましくもあるし、結婚して家庭を築くのは悪くないのかもなとも(みんな自分以外の誰かのためにだから、一生懸命になれるんだなと)。

    荻原さんらしく、いたるところにユーモアたっぷりで、面白いからさくさく読めるけど、そんなようなことも、つくづく考えさせられるような一冊だったかも。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:39
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        『長福寺のメリークリスマス』でのジレンマを抱えている住職さんの
        悲哀振りがものすごくツボでした。
        でも、もうクリスマスの話題が出ても
        驚かない時期になりましたね・・・。
        どのs買う品もくすっと笑えて、
        でも、頑張れ、って応援したくなる作品でした。
        こんばんは。
        自分以外の誰かのために、一生懸命になれるエピソード、心に残ります。
        実生活もこんな風に笑えたら、楽しいのでしょうね。
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        もうあと一ヶ月少々でクリスマスですね。そして新年…あまりにも一年が早すぎて(歳取るととくに…)こわくなってしまいます(^^;
        これは、なかなか「小粒でぴりり」の短編集でしたね。そして本当に、「みんな頑張れ」と言いたくなるような…(みんな小市民だからかな)。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/11/13 12:04 AM
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        そんな風に生きられたら…理想なんですけどね。なかなか難しい(^^;
        でも、私は藍色さんからコメントいただいて、それだけでもかなり幸せですよ〜。私にはなくてはならない存在です(^^)。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/11/13 12:09 AM
        おくればせながら、
        おめでとうございます。

        この本、笑どころ満載でしたね。
        『スローライフ』のひねくりは、お見事。
        確かに奥田さんと同じ目線だったような!?

        今年もよろしくお願いします!
        • juzji
        • 2008/01/07 2:27 PM
        juzjiさん、こんばんわ(^^)
        そして遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

        今年も面白い本がたくさん出てきますように。

        荻原さんも奥田さんも「本末転倒」みたいな書き方かな。「ロハス」な生活とは無縁(身体に悪そうなことばかりしてるし…)なので、結構この結末は面白くて好きでした。

        では、では、今年も何卒宜しくお願いいたします。

        • uririn
        • 2008/01/10 10:52 PM
        こんばんわ。
        TBさせていただきました。
        荻原さんは久しぶりでしたが、やっぱり面白かったです。
        なんだかリアルで怖いなぁと思うものと、ぷっと笑っちゃうのとありましたね^^
        私は表題作と「美獣戦隊ナイトレンジャー」が好きです。
        • 苗坊
        • 2008/02/17 8:26 PM
        苗坊さん、こんばんわ(^^)
        荻原さんのは安心して読めるのでとても好きです。
        次回作、早く出ないかなぁと待ち焦がれる作家さんのひとりですね。
        そしてやっぱり家族っていいなと、つくづく思わされました。
        では、では〜。

        • uririn
        • 2008/02/18 11:34 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        • -
        • 2009/10/25 3:05 AM
        さよなら、そしてこんにちは 「さよなら、そしてこんにちは」 笑い上戸の葬儀屋の社員。 「ビューティフルライフ」 父親が突然農業をすると言い出した。 「スーパーマンの憂鬱」 テレビ番組の健康コーナーを日々チェックしながら仕入れに追われる、スーパーの食品
        • 苗坊の読書日記
        • 2008/02/17 8:16 PM
        日常の「あり得る」話を、「世の中」の話を、うま〜く皮肉っている… 時代に翻弄される人たちの可愛しさ、哀しさを描く。ユーモアあふれる軽妙洒脱な文章で綴る、書下ろし一作を含めた短編七作。 ■さよなら、そしてこんにちは 葬儀屋に勤める陽介、でも今、妻は
        • じゅずじの旦那
        • 2008/01/07 2:40 PM
        イラストレーションは北村裕花。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「小説宝石」などに掲載の短編集。 葬儀社の営業マン、脱サラ農業の家族、スーパーの係長、イケメンの戦隊ヒーローが気になる専業主婦、寿司屋の主人、料理
        • 粋な提案
        • 2007/11/11 5:37 PM
        荻原さんの新作。 世のため自分のため人のため家族のため、 一生懸命働いているのに、 報われないことってあるんだよね〜。 そんな悲哀が十二分に伝わる短編集。 荻原さんのユーモア溢れる作品は 読んでいて本当
        • My Favorite Books
        • 2007/11/08 9:23 PM

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR