スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『この指とまれ−GONBEN−』小川勝己

    この指とまれ  -GONBEN-
    この指とまれ -GONBEN-
    小川 勝己 2007/9/25発行 実業之日本社 P.401 ¥1,890
    ★★★★★
     意地の悪い言い方をすれば、夏樹にとっての爛咼献優広瓩箸蓮金儲けの手段ではなく、他人とコミュニケートできる唯一の手段なのだろう。この爛哀襦璽廰瓩蓮彼にとって、生まれてはじめてできた居場所なのだろう。そしておそらく本人は、自分の本心に気づいていない。
     しかしそれは――と博貴は思う。それは、おれも似たようなものかもしれない。
    居酒屋で知り合った美女と巨乳の二人組に嵌められ、連れて行かれた飲み屋でとんでもない金額を請求されることになった、サラリーマンの二人連れ。

    その場は何とか逃れられたものの、後日会社に取り立て屋がやってきて、男たちの身には破滅が訪れることに……。

    プロのような鮮やかな手口で、「ぼったくりバー」を発端とする、大口の詐欺を仕組んだのは、他の女に男を奪われた腹いせに「金持ちになって見返してやる!」と、半分冗談のような理由から、次々と犯罪行為を繰り返しては大金を稼ぐようになった、夏子と歩の女子大生二人。

    二人が仲間に引き入れたのは、犯罪者となってしまった父親を持ち、母親と弟のために金を必要としていた、気の弱いスキー部の後輩、博貴。

    身近な母親の死をもって知り、「アルコール依存症」になることを誰よりも恐れている、キレたらとことんまでいってしまう夏子のバイト先のボーイ、前科のある夏樹。

    そして、歩に思いを寄せる庸司、中国からの留学生王維、介護福祉士を目指す美代子。

    「金」だけで繋がっているというドライな関係の7人の「仲間」たちの詐欺の標的は、次第に大きな組織を巻き込むこととなり、やがては命を狙われることになるのだが……。

    第一章『他人の不幸は蜜の味』、第二章『情けは人の為ならず』、第三章『百害あって一利なし』、第四章『人を呪わば穴ふたつ』、第五章『善人猶以て往生を遂ぐ、況んや悪人をや』
    から成る、それぞれの登場人物からの視点で描かれる連作短編集のような、実は長篇もの。

    『最強の知能犯たちが罠を仕掛け合う
    ノンストップの札束争奪戦!
    鬼才が満を持して放つ傑作青春クライムサスペンス!
    「負け組人生」から抜け出すため、女子大生の歩と夏子は詐欺グループを結成。自らの犯罪を“ビジネス”と称して、カモを騙し続ける彼女たちの運命は…。』だ、そうで。


    犯罪の内容が難しすぎて…「ぼったくりバー」とか、「ワンクリック詐欺」とかは、まだわかるけど、コンピュータを駆使するあたりのは、まるでちんぷんかんぷんで(まあ、私みたいなど素人に理解できてしまうような犯罪なら、犯罪にならないのかもしれないけど)。

    最初の方の、半ば強引に詐欺の仲間にひきずりこまれた母親と弟思いの博貴の、犯罪で手に入れた金を、全て家族の為に…というところや、アルコール依存症の夏樹が、自分を襲った中学生俊明のために、仲間に仕事を依頼するあたりなんかは、何となく『必殺』っぽいなと思えて、「あれ?小川さんなのに、どこか爽やか(犯罪だけど)」と…。

    でもやっぱり中盤辺りから、ただでは済まなくなってきたというか、何もそこまでしなくても…という感じで、読後感は最悪かも(嫌いじゃないけど)。

    最後は、「そんなあほな」と思えるような展開だけど、恋心とは、時としてそれ程のものかなとも思えてしまったし。

    これまで小川さんのを何作か読んできて、どの登場人物も好きになれなかったけど、今回だけは、夏樹のキャラが良くて(やり過ぎなとこもあるけど、優しいし…)、好きになってしまった(便秘を隠す辺りが、ちょっとツボに嵌って…)。

    去年の今頃に読んだ『イブの夜』もそうだったけど、序盤と中盤からがこうも印象が変わるのは、良い意味で裏切られて、こういうのも好きかも(でも、やっぱり『僕らはみんな閉じている』のようなのが、もっと読みたいかな)。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:47
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは。
        ラスト、ホントにそんなアホな!って感じでしたね。
        あんな理由であんな行動に走る女…いるんでしょうか?いるのかなあ。怖い。

        夏樹はちょっと良かったですね。男性陣は結構良かったです。
        ちきちきさん、こんばんわ(^^)
        ほんとこんな理由で…って、でも、昨今は訳のわからん理由での犯罪が多いから有り得なくもないかも、という感じ。男性陣はなかなか好感が持てて良かったですね(最後はショックだったけど…)。そして『他人事』順番早く回ってきたので、もうすぐ読めそうです。楽しみ、楽しみ。では、では〜。
        • uririn
        • 2007/11/12 11:57 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        美貌の女子大生・椙浦夏子は、稼いだバイト代全てを貢いだ恋人を、社長令嬢・日ノ原麗華に奪われた。「お金持ちになって、あのふたりを見返してやる!」と誓う夏子は、大学の同級生で体育会スキー部に所属する鹿沼歩、父親が会社で不正を働いて逮捕されたスキー部の後輩
        • ぼちぼち
        • 2007/11/08 7:26 PM

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR