スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ワーキング・ホリデー』坂木司

    ワーキング・ホリデー
    ワーキング・ホリデー
    坂木 司 2007/6/30発行 文藝春秋 P.285 ¥1,550
    ★★★★
     俺がまだヤンキーになりたての頃、朝帰りをするたびに親は俺のことをひどく叱った。帰る時間が数時間ずれただけのことで何故そこまで怒られなきゃならないんだと思っていたけど、今やっとその気持ちがわかった。
     今何をしているのか。誰かにひどいめにあわされてはいないか。進のことを思うと、俺の胸はぎゅうぎゅう痛んでつぶれそうになる。
    (こりゃあ、怒るのも当然だ)
     ていうか怒られて幸せだったんだ。

    ホストクラブ『クラブ・ジャスミン』で接客中のヤマトを訪ねてやってきたのは、見ず知らずの小学5生の男の子、進。

    いきなり現れ「お父さん」と呼ばれても、身に覚えがないとつっぱねるヤマトに、進が告げた母親の名には確かに記憶が…。

    そんなこんなで夏休みの間、ヤマトが面倒を見ることになった、進は小学生らしからぬ小姑ぶりを存分に発揮して、逆にヤマトが面倒を見られる破目に。

    そして客とのいざこざから、ホストクラブを解雇されざるを得なくなったヤマトに、店のオーナー、ジャスミンが新しい就職先として紹介したのは、新興の宅配サービス「ハニービー・エクスプレス」、通称「ハチさん便」。

    マンションも移り、心機一転張り切るヤマトを待ち受けていたのは、エコロジーでセーフティーなハニービー・エクスプレスの新型車「ハニービー・キャリー」でのきつい厳しい集配業務。

    こうして、ホストの頃の癖が抜けきらない、元ヤン、顔はそこそこ男前、血気盛んなヤマトと、ヤマトを父親として認めるかどうか思案中の進の夏が始まったのだが……。

    「開けてみなくちゃわからない
    元ヤン・ホストが宅配便(特別仕様車)ドライバーに転身?
    血気さかんな若者と所帯じみた小学生
    親子と仕事と仲間によるひと夏の贈り物、ハート・ウォーミングな物語」だ、そうで。


    相変わらず、坂木さんらしく悪人は一切出てこず、ほんっとに善人ばっかりで…(まあ、こんなせちがらいご時世なので、坂木さんの作品にはそれを求めてもいるんだけど、にしても、みんな良い人たち過ぎる〜)。

    宅配先でのお客さんとの触れ合いや、ちょっとした事件やなんかがあって、ヤマトの父親としての自覚がどんどん出てくる姿は微笑ましいし、宅配業の裏事情というか、本音というのも書かれてあってなかなか面白い。

    そして相変わらず、脇役陣が魅力的で、ホスト仲間の雪夜さんも、オーナーのオカマのジャスミンさん(ドラマ化されたら、絶対IKKOさんにやってもらいたい)も、みんなみんなとても好きになってしまう。

    もちろん、片付け上手(家にも来てもらって、仕切ってもらいたいぐらい)で料理上手な、少々こまっしゃくれた息子の進君のキャラはピカ一で、またまた真似して作りたい料理なんかも盛りだくさん出てきたりなんかもするし。

    しかも配送先に、私の大好きなあの人物(ひきこもり探偵シリーズの名脇役)の名前があったりなんかして、ちょっと嬉しかったし。

    に、しても、どんな風に育てたら、進君みたいにできた子になるのか…そしてこれからどんな少年になっていくのか、これまた続編を読みたくなるような、このくそ暑い夏にぴったりな、清涼感溢れる物語、かな。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:01
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        進が一番、でしたね。
        大人っぽく、でも、普通の少年っぽさも残して、
        一番のキャラでした。
        続編きそうな感じですね。
        他のサブキャラも光ってました。
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        栄三郎、にんまりしてしまいましたよ(^^)
        本当に坂木さんの本に出てくる人たちは魅力的で良いですね。続編もだし、2時間ドラマとかでも見たいような…。
        進役は三丁目の夕日のあの子なんてどうでしょう?(あの子は泣かせる…)
        では、では。
        • 2007/08/20 10:40 PM
        こんばんは。
        まあ本当にいい人ばっかりだったけど、こんな話もたまにはいいですよね。(け、って思えないところが坂木さんのいいところですよね!)

        進のごはんは大変おいしそうで、夏にぴったしの火を使わないお料理とかもあったりして、試したくなるやつありましたね!

        続きが読みたい〜。
        こんばんは。
        あはは、確かに進君にあれこれ仕切ってもらって、料理も振舞ってもらえたら幸せな気分になれそうです〜。
        オカマのジャスミンさんは、IKKOさんで決定ですね(笑)。
        この暑い暑い夏にぴったりな素敵な物語でした。
        ちきちきさん、こんばんわ(^^)
        私もちきちきさん同様ぶらっく大好きだけど、坂木さんの善人ものは何故か好きです。ほんと、他の人が書くと「けっ」だけど…不思議です。
        坂木さん、続々刊行で他のも楽しみですが、こちらの続編も期待したいですね(^^)
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/08/21 10:39 PM
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        こんな息子、本当に欲しい!(でもって、料理とか全部やってもらっちゃいたいな、なんて(^^;)
        ほんとにジャスミンさんのキャラはIKKOさん以外に有り得ないですよね。是非是非ドラマ化を、です。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/08/21 10:42 PM
        えっ!ひきこもり探偵シリーズとリンクしてたの?
        うちに帰ったらチェックしなければ。とほほ。
        「青空」しか読んでないけど、出てましたか??
        しんちゃん、こんばんわ(^^)
        ふっふっふ、大好きなキャラのあのおじさま(じいさん?)が名前だけ登場?リンクというほどのものでもないかな(^^;
        確かシリーズの最初の方から出てたと思う。にしても、サイン本、羨ましい…し、どっちだったの〜?
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/09/05 1:16 AM
        こんばんわ。
        「引きこもり探偵」シリーズを見ていないのでリンクがわからない私・・・。
        にしても、面白かったです!
        大和と進が可愛らしくって^^
        楽しめました。
        引きこもり探偵シリーズも是非是非!
        読んでみようと思います。
        • 苗坊
        • 2007/10/13 9:25 PM
        苗坊さん、こんばんわ(^^)
        「引きこもり探偵」シリーズは、絶対苗坊さん好みだと思うので、是非是非(^^)。
        坂木さんの本は、登場人物が本当に善人ばかりで、とても心が安らぐ気がして大好きです。
        落ち込んだ時に読むと良いのかも。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/10/15 11:30 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        ワーキング・ホリデー この本は気楽に♪気ままに♪のんびりと♪のゆきさん、まったり読書日記のエビノートさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 良かった!やっぱ坂木司さん好きかも。 なんともいえない軽くて、でも少ししっと
        • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
        • 2008/01/02 4:37 PM
        ワーキング・ホリデー オススメ! ホストクラブに突然やってきた少年進は、元ヤンのホスト、ヤマトのことを「お父さん」と呼んだ。 全く見に覚えのなかったヤマトだったが、進の母親の名前を聞き、自分の子どもの可能性が出てきた。 その後、ヤマトは進と暮らし始め
        • 苗坊の読書日記
        • 2007/10/13 9:05 PM
        ワーキング・ホリデー坂木 司 (2007/06)文藝春秋 この商品の詳細を見る うわっ!こんな表紙やったのか。書店のカバーを付けたままやったので、今まで知らんかった。 ホストクラブ「ジャスミン」で接客中の沖田大和の元へ訪問
        • しんちゃんの買い物帳
        • 2007/09/04 5:55 PM
        ワーキング・ホリデー 装幀はtheGARDEN石川絢士。初出「別冊文藝春秋」2006年7月号〜2007年5月号。 主人公で語り手の俺:ヤマト(沖田大和)は元ヤンキーの売れないホスト。訪ねてきたのは息子と名乗る小学五年生の進(
        • 粋な提案
        • 2007/08/20 11:58 PM
        沖田大和参上 夜露死苦(よろしく)
        • 待ち合わせは本屋さんで
        • 2007/08/20 10:43 PM
        息子と過ごすために、ホストから「ハチさん便」ドライバーへ。正義感の強い元ヤンキー父とおばちゃん臭い少年のハートフルな物語 夏のある日、ホストクラブで働く元ヤン・沖田大和のもとに、突然、息子と名乗る小学五年生の進がやってきた! 息子の教育上ホストは
        • ぼちぼち
        • 2007/08/20 10:43 PM
        元ヤンキーで今はホストの大和の元へ 息子と名乗る小学生がやってきた。 その息子とのひと夏の親子の物語。 小学生の進が妙に味がある。 小学生のくせに、 家事全般に口うるさい。 ごみは分別して出せ、だの 食費は切
        • My Favorite Books
        • 2007/08/20 9:27 PM

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << November 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR