スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『夏の日のぶたぶた』矢崎存美


    夏の日のぶたぶた
    矢崎 存美 2006/8/31 徳間デュアル文庫 P.170 ¥620
    ★★★★
    夏休みに入ってからの数日間は、いったい何だったんだろう。あの古い家にいたぬいぐるみは、本当に存在していたのか。ふるまってもらった冷たいお茶やおやつも、たっぷりの昼食も、実際に食べていたんだろうか。ぬいぐるみがしゃべり、ものを食べ、ビールを飲んだり、本を読んだり、行水をしたり、料理をしたり、車を運転したり――そんなこと、起こるはずもないことじゃないか。

    母親が弟だけを連れて実家に帰ってしまい、父親の元に一人取り残された「菅野一郎」中学二年の夏休み。

    父親の営むコンビニを手伝い、配達に向かった先は、近所では「幽霊屋敷」と呼ばれる、用がなければあまり近づきたくない山の中の別荘地。

    恐る恐る、注文のビール一ケースを手にした一郎がドアをノックしてみると、中から出てきたのはピンクの小さなぶたのぬいぐるみ…!?

    その日から「ぶたぶた」のいる別荘に足繁く通うようになった一郎が、幼なじみの久美に誘われた小旅行に、「ぶたぶた」にも同行して欲しいと頼み込み、久美にはただのぬいぐるみだと言いくるめ、三人(?)で電車に乗り込み向かった先は……。

    「実家に帰ってしまった母親。どことなく元気のない幼なじみの少女。いつもとちょっと違う夏休み。子供以上大人未満な少年時代をやさしい筆致で描く書き下ろしハート・ウォーミング・ノベル。
    大人気シリーズ《ぶたぶた》書き下ろし最新作!!(2006年8月時点での)」です。


    今回は私にとっては初めて読む「ぶたぶたさんシリーズ」の長編で、しかもぶたぶたさんはあくまでも脇役なので、ちょっぴり淋しい思いをしてしまった。

    とはいえ、一郎君のひと夏の物語は、もちろん心温まるとても良い話で。

    ただ、一郎君が考えた「ぬいぐるみの仕事」は「窓際に置かれて、淋しい人の話を聞いてあげること。その淋しい人って、僕のことだ。」というのは、まさしく「ぶたぶた」さんの本来の仕事なのかなと思えたし、でもやっぱり「ぶたぶた」さんは、それだけであって欲しくない存在というか、もっと癒されたいというか…存在を信じたいから、動かなくなってちょっとショックだったかも。

    何はともあれ、やっぱり今回も面白くて、可愛くて、ほろりとさせられて癒されて、短いからすぐに読めてしまう分物足りないけど、しっかり「ぶたぶた」さん。

    そして今回も、「ぶたぶた」さんの作る、「マンゴープリン」やお昼ごはん、ぜひ食べてみたいなと…でも、そのお手でどうやっておにぎりを……。

    うーん、たらいで行水してる「ぶたぶた」さんも、こっそり覗き見してみたいし。

    に、しても、ぶたぶたさんシリーズを最初から全部読みたいのに、何で最初の頃のは絶版で手に入れにくいのか…こんなに人気あるのに、みんなに読んでもらいたいのに。
    なので、是非是非再出版(?)重版(?)してくれないかなとお願いしたくなったりする(誰に?出版社さんに…)。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:31
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        確かに「一郎」に焦点が当てられていて
        ちょっと物足りなかったんですけど、
        それでも十分面白かったと思います。

        自分は本屋でほとんど買いましたが、
        Amazonのマーケットプレイスで結構手に入りますよ。
        送料・手数料を加えるとちょっと高くなってしまう場合もありますが・・・。
        す〜さん、こんばんわ(^^)
        Amazonで注文した中古の「ぶたぶた」が、品切れとかで返金されてしまったのです(;;)。できれば美品をと思うから見つからないのかな。
        「ぶたぶた」さんシリーズは、ずーっと手元に置いておきたいので、本当なら新品で揃えたいんだけどね…。また、手に入ったら、TBさせていただきますね(^^)
        では、では。
        • uririn
        • 2007/07/28 1:50 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        中学二年の夏休み。菅野一郎は、父親の経営するコンビニの手伝いを しながら、毎日を過ごしていた。そんなある日、配達を頼まれたのは、近所の“幽霊屋敷”と呼ばれている家。 勇気をふりしぼって行くと玄関から出て来
        • My Favorite Books
        • 2007/07/26 10:34 PM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR