スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『オール』山田悠介

    オール
    オール
    山田 悠介 2007/5/31発行 角川書店 P.293 ¥1,155
    ★★★★★
    今はこの『何でも屋』で働くのが心の底から楽しい。時折ヤバイ仕事もあるが、それはそれで刺激があって、やり甲斐がある。だからいつか、母にも真実を告げようと思っているが、それはもう少し先になるだろう。今はまだ何もかもが中途半端だ。この仕事をずっとやり続けていくという決心がついた時に、全てを話そうと思う。もしかしたら、この仕事にも飽きて、もっと違う何かを見つけているかもしれないし……。

    高知の田舎から上京し、希望通りにアパレル関係の一流企業に就職したものの、思っていたより刺激がなく、こき使われるだけの日々に嫌気が差し、一年ももたずにさっさと辞めてしまい、それからはアルバイトを転々とし、少ない給料で東京での生活を何とか維持してきた「こんなはずじゃなかった」の荻原健太郎、25歳。

    新しいバイトもまた、飽きてしまったからという理由で昨日辞めてしまい、携帯代を支払うと、手元にはわずかな残金しかなく「田舎に帰ろうか…」と弱気になっていたところに偶然見つけた、道ばたの電柱に貼ってある「何でも屋・花田」のバイト募集の怪しいビラ。

    このまま田舎に帰ったのでは負け犬だ!と奮起して、指定された場所に面接に出向くと、そこにいたのは三人の訳ありげな男たち。

    中でも一番強面の男、社長の花田に気に入られ、即採用を言い渡された健太郎の最初の大仕事は、離れていても悪臭漂うゴミ屋敷の大掃除。

    可能な限り全ての注文を受け、給料は完全歩合制だという「何でも屋」に舞い込んだ、報酬5百万ものラッキーな「大掃除」のメールの依頼文のタイトルにある「私を見つけて」の文字と、四桁の数字の意味を深く考える間もなく、仕事に取り掛かった3人が、タイムリミットを過ぎた後、ゴミ屋敷で見つけたものは…『ゴミ屋敷』

    他、『運び屋』、『政略結婚』、『母』、『最期の仕事』の5編から成る、ノンストップ・ワーキング・ノヴェル。

    「変な奴らに、怪しい依頼、仕事はいつも危機一髪“何でも屋”には全部ある!!
    『リアル鬼ごっこ』『パズル』の山田悠介待望の最新刊!」だ、そうで…。


    うーーん…。
    読んでる途中で「今誰の本読んでるんだっけ?」と、混乱してしまうくらい、いつものこの人らしくないお話で…普通すぎるというか、奇抜さがないというか…。

    まあ、今どきの若者ならこんな感じで「やりがい」だの「大きな仕事」だの「刺激」だの、自分の器を知らずに聞こえの良いものばかりを求めて、簡単に仕事を辞めてしまうのかもな、とは思わされたけど…でも主人公の口癖のような「刺激のある仕事」って、いったいどんなんだろう?

    母親思いで、仕事を辞めたことをいつまでも言えずにいるという可愛い一面もあるし、母親との関係や、それぞれの依頼を通して、人間的にも成長していく姿を描きたいのは分かるけど、やっぱり「飽きたから」と、仕事を辞めてしまう主人公が、短期間で成長するのは、ちょっと無理があるような…(章のタイトルも、あまりにもそのまんまだし)。

    読者からの何でも屋への「仕事の依頼」を募集して、続編も書かれるみたいなので、若者に絶大な支持を受けてる山田さんなだけに、もっと、働くことの意義とか、大人としての責任とか、そういうのも書いてもらえたらいいなと思えてしまった(ついでに、いつものような奇想天外なアイデアなんかも、盛り込んでいただれば、読者としてはもっと嬉しいかなと)。

    ちなみに、何でも屋「指令」募集中!だそうで。詳細はこちら

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:23
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR