スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ふたつの名前』松村比呂美

    ふたつの名前
    ふたつの名前
    松村 比呂美 2007/2/15発行 新風舎 P.231 ¥1,260
    ★★★★★
    事実など、知ってしまえばどうということはない、そんな大きな秘密があるものではない。そう思っていたのに、自分たちの平和に見えた家庭には、抱えきれないほどの恐ろしい事件が隠されていた。

    高齢者向けの結婚相談所「サードライフ」の設立と同時に入社し、やり手の女社長の信頼も厚く、その親身な接客態度から会員たちからも慕われ、しばしば勤務時間外の相談まで受けるのに、自分自身は仕事場と家との往復だけで、全く縁のない25歳、独身の波多野保奈美。

    仕事も順調で、家に帰れば、子供の頃から自慢だった優しい母親と、義理の関係ではあるものの、まるで実の父親のように気が置けない義父とに囲まれて、何ひとつ問題のない幸せな生活を送っているかに見える保奈美だが、実は、時々どうしようもない「不安」に襲われるのだという。

    それは、十数年前に失踪したまま、今でも行方の判らない実の父親のことや、幼い頃の保奈美の写真が一枚も残されていないこと、何よりこの家族には、親戚と呼べる人物が一人もいないということが起因となる「不安」のようなのたが…。

    そんな不安の波から逃れるように仕事に没頭していた保奈美は、「サードライフ」の会員の一人から贈られたプレゼントがきっかけとなり、保奈美の伯母にあたる、失踪した父親の実の姉だという人物の居場所を偶然に突き止め、謎に包まれた父親のことを知るために、家族には内緒で伯母に会いに行くことに。

    その保奈美の軽率な行動が元となり、平穏だった暮らしが根底から覆されることになるとも知らず…。

    「読み終えたとき、きっと家族の優しさを疑う。
    平穏な家庭に潜むふたつの優しい殺意。
    行方不明の実父を探りはじめた波多野保奈美。
    再会した伯母が洩らしたひと言は母の秘密と義父の真実へとつながっていた――。
    それは「禁忌」の名前。
    新進女性作家、待望の書き下ろし長編!」だ、そうで。


    うーん…。
    昨日ここに感想をUPした『大きな熊が来る前に、おやすみ。』もそうだったけど、DVってそんなに蔓延してるのか…というか、この連鎖は結構恐ろしいかも。

    想像してたよりも、ずっと根が深くて驚いてしまったし。

    結婚相談所の「サードライフ」の会員さんのエピソードなんかも絡めてあって、第三の人生をやり直そうとする熟年女性が、身なりから何から綺麗になっていくというのは、なかなか気持ちの良いお話で…45歳で独身の女社長や、会員の彼女たちのパワーに、若い保奈美が少々押され気味というのが、今っぽいなと感じてしまった。

    ラスト近くでの、ご近所さんたちの毅然とした態度が、実際こんな人たちばかりならいいのになと思えたし、そうなるにはまず自分から…というか、事実がどうあれ、自分の目で、耳できちんと感じたことだけを信じていれば、その方がたぶん幸せなのかもなと…。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 01:01
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        新風舎
        • 新風舎
        • 2007/06/11 8:30 PM

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR