スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『壊れゆくひと』島村洋子

    壊れゆくひと
    壊れゆくひと
    島村 洋子 1998/1/25文庫化 角川文庫 P.169
    ★★★★★
     いつからだろうか、「ひとは悪意を持って怒る」なんてことは絶対にないのではないか、と気がついた。
     みんな怒るのは「自分の善意を受け入れてもらえないとき」であって、すべては「よいこと」「よいひと」が原因で始まっているのではないか、と思う。
     起こってしまったことがどうであれ、発端は「善意」であるということに、私は興味を持っていた。                 〜『あとがき』より〜

    社員が10人程度、の小さな損保会社で事務をしていた28歳の「まりこ」。
    なかでも女子社員は事務の2人だけという環境で、3歳年上の地味な先輩を、ある日の些細な出来事から怒らせてしまったらしい「まりこ」は、理不尽ないじめに遭うことに…。

    勤めるということは時間を切り売りすることで、失礼のない程度に会社のみんなと付き合い、あわてて家に帰って、あとの時間は、親友や恋人と過ごせば良いのだと割り切り、面倒なことは「OFF」しておくことにしたものの、「まりこ」以外の社員からの評判はとても良いという彼女からの執拗ないやがらせに耐えかねて、会社を辞め、念願だった執筆業に専念することにした「まりこ」。

    そうやって「少しおかしな人」から逃れたはずの「まりこ」の元に、ある日を境にかかってくるようになった脅迫電話…。
    「まりこ」に恥をかかされたという一方的な思い込みから、電話をかけ続ける編集者の男。

    その頃「まりこ」が知り合い親しく付き合うようになった、自分は人気アイドルの彼女なのだと言い張る子持ちの女。

    姉の結婚式で一度会っただけなのに、「まりこ」と付き合っていると周囲に吹聴する男。

    そうして「すこし軸のずれた人たち」に囲まれ、おかしいのはそちらの人間なのか、それとも自分なのか、が「まりこ」自身、分からなくなってしまい……。

    「女は静かに狂い始める……。
    現実と虚構の狭間から滲み出す狂気を描いた戦慄のサイコ・ホラー」だ、そうで。


    近ごろ電車の中で、一人ブツブツ言ってる人が増えた、という話を今日も職場のみんなとしていたところで…、そういう人が側に近づいてきた時にどう対処すれば良いのか難しいなぁと(速攻離れてしまえば、相手の怒りをかってしまうかもしれないし、かといってじっとしているのも何かされそうで怖いしで)。

    で、この本の解説に「この本を読んでいくにつれ、自分が果たして正常な精神を持っているのかどうか、それさえもわからなくなる……そして、正常な精神とは、いったいどういうものなのかという、根本的な命題にぶちあたるのです。電車の中で、50人のうち49人がぶつぶつとひとり言を言うのなら、無言で本を読むたったひとりの人の方が異常であるかもしれない…」と、書いてあったので、タイムリーだなぁと(10年以上前の本なんだけど…)。

    確かに、多いもん勝ちというか…そういう世の中なのかなと。

    ここに出てくるごくごく普通の正常な精神状態の人達の「ずれ」は、明らかに「異常」な人よりも、見えないだけに怖くて…(「いい人に思われるために」他人に罪を転嫁して、みごとな嘘をつける人…というのは、結構身近にも多くいそうな)。

    そして最後まで読んで、誰がいったい「まとも」なのか、分からなくなって頭がこんがらがってしまった。

    「もしかしたら、私も…そっちなのかな?」と思わされてしまうし、精神的にじわじわと追い込まれてしまうような、そんなお話。

    に、しても島村さんの描く女性の心理は、自分の不可思議な行動をずばり言葉にしてくれるようで、それだけでも読んでいて小気味好いというか…。

    「たいして好きでない男だっていい日もある。
    女というのは誰だって、自己評価が下がっている日にはただ自己愛のためだけに、自分に興味を持ってくれる男に会いにいく日もあるのだから。」

    でも、そんなことしてると「ドツボ」にはまってしまうんだけど…(私の場合)。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:53
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        uririnは社員すきだね♪
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        紹介文どこにでもいる普通の人々、あたりまえの日常生活が私の周りで少しずつズレていく。してもいないミスをあげつらう“いい人”と評判の同僚。自分はアイドルの恋人だと言い張る...
        • ばみの乱読日記 と猫雑貨。
        • 2010/07/28 8:06 PM

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR