スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ドアD』山田悠介

    ドアD
    ドアD
    山田 悠介 2007/1/25発行 幻冬舎 P.205 ¥1,155
    ★★★★★
    こいつは、サークルの仲間でも、知り合いでも何でもない。
    私を殺そうとする、敵だ。
    殺らなければ、殺られる。

    クリスマスも近い12月のある日、大学のテニスサークルの2年生だけの飲み会で集まった8人の男女…

    サークルのリーダー的存在、責任感の強い翔太。
    将来は医者を目指し、容姿も端麗で誰にでも優しい友一。
    思いやりがあり、正義感も強い照之。
    サークルのムードメーカーでお調子者、でも実は一番苦労人の豊。
    有名アパレル企業の社長の御曹司であることを鼻にかける、短気で自己中心的なサークルの鼻つまみ者、竜彦。

    そして、サークルのマドンナ的存在、勉強にバイトにサークルにと、忙しい日々を送る優奈。
    見た目は派手でも中身は奥手…照之に密かに想いを寄せる千佳。
    運動神経が鈍くて大人しい、テニスは初心者のメガネ少女、美紀。

    すぐにキレる性格の竜彦のせいで、楽しかった飲み会に水を差され、その日は早々に解散し、駅へと向かった8人のメンバー達は、駅で別れたのを最後に、全員が記憶を失い目が覚めたときには、自分たちがコンクリートで作られた、正方形の部屋の中に閉じ込められていることを知ることに…。

    どういった理由から、このような状況に自分たちが置かれることになったのか、冷静な判断をする間もなく、部屋の隅にある穴から水が溢れ出し、パニックに陥る8人。

    窓もなく、携帯も通じず、助けを求められそうもないこの部屋で、水に溺れる恐怖の中、かろうじて生き残り、一つ目の部屋から脱出する際に学んだことは、ただ一つ。
    誰か一人が犠牲にならない限り、「D」の文字が刻まれた鉄の扉は、永遠に開くことはないということ。

    そして開けても開けても続くドアを開けるため、一人、また一人と仲間を犠牲にしながらも、生き残った最後の一人を待ち受けていたものは……。

    「脱出の条件はたった一つ――友人を殺すこと。
    人間の本性を剥き出しにした、壮絶な殺人ゲームが始まった。
    オリコンブログにて、アクセス数100万件突破!!
    話題騒然のサスペンス・ホラー」だ、そうで……。


    Amazonでのレビューのあまりにも低い評価に、ビビりながら読んだけど「あれ?意外と面白いかも…」という感じ(期待しなかったからそう思えたのかもだけど)。

    それぞれのドアの向こうの趣向は、どっかで見たなぁ(映画とか、ゲームとか)というのもあったけど、想像すると怖いものばかりで。

    まあ、相変わらず突っ込みどころは満載で(生きてる時と死んだ後で、こうまで人物の評価が変わるのか?とか、あれ、いつの間に恋人になったの????とか…)、そういう突っ込みも含めて、楽しめてしまいそうな。

    登場人物の命に重みを持たせようとしたのか、結構一人一人について細かく説明してあるのも、好感が持てるし、犠牲になる順番が解りやすくて(若干解り易すぎるというか、画一的な気もしないでもないけど)期待を裏切らないし(褒めてるんだか貶してるんだかだけど、多分褒めてると思う)。

    これは映像化されたものを是非見てみたいなと…(結局不明な点が多いので、そこを何とか映像で明らかにしてほしいと希望してしまうので)。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 01:11
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        たのしいはなし?
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR