スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『まどろむベイビーキッス』小川勝己

    まどろむベイビーキッス
    まどろむベイビーキッス
    小川 勝己 2005/8/25 文庫化 角川文庫 P.317 ¥620
    ★★★★★
    わたしたちって、名前があってないようなもんなんじゃないかって、たまに思うんですよ。源氏名はもちろん、本名も記号みたいなもんで、実はAとかBとか、その一とかその二とあんまり変わらないんじゃないかって。それは名前だけじゃなくて、なんと言うかな、わたしたちの存在そのものが、ただの記号なのかもしれない、とか

    西東京市にある「パブ&クラブ・ベイビーキッス」でキャバ嬢として働く「みちる」。

    過去の失恋をひきずり、福岡から出てきて一人暮らしをする「みちる」は、誰にも嫌われたくないと考えるあまり、店での立場も微妙なものに…。

    キャスト達との悪化する人間関係にも嫌気がさし、唯一自分の安全な居場所を見つけるため「みちる」は、SHIHOというハンドル名でHPを開設し、そこに訪れる人たちとのやりとりと、メールだけを楽しみにする毎日。

    ところが、リンク先を辿って訪れたHPでの、「みちる」の不用意な書き込みが誤解を呼び、SHIHOのHPが荒らされてしまい、唯一の居場所を失ってしまった「みちる」の怒りの矛先は意外なところへと向けられることに…。

    「嘘、いじめ、そして孤独――。悪意うずまくキャバクラ、ベイビーキッスで働く女性たち。彼女たちの哀しいまでの狂気を描いた戦慄のクライム・ノベル!」だ、そうで。


    「まどろむ」=「MAD−ROM」というタイトルそのまんまの話で。

    中盤までは、キャバクラ「ベイビーキッス」内の癸吋ャストと癸殴ャストとの確執や、二人にとって驚異的な存在になる新人へのいびり、みたいなのが描かれてて、なんとなくだるい展開だったけど、みちるが行動を起こしてからは、結構スリリングで、意外性もあって面白かった。

    ぼくらはみんな閉じている』のような、妄想や狂気を期待したけど、どちらかと言えばコミュニケーション不全の方だったのかな。

    「みちる」は、相当粘着質な性格というか、被害妄想入ってるし「そんなことぐらいで…」と思わなくもないけど、これが最近のよくある犯罪のパターンなのかもしれないなと。

    「だってあなた、好きって言ってくれなかったから。言葉にしなきゃわかんないのかよって言ったけど、わたしが欲しかったのは言葉だから。…」という「みちる」の孤独感は解るけど、覚悟を決めた人間の「一晩でいいから、夢見させてよ」というのは、「好き」より重い言葉だったような…。

    幸せをみすみす逃がしているというか、求めるばっかりで与えようとしない「みちる」の人間性の、そこが哀しい。

    何でもすぐに他人のせいにして自分を正当化しようとする昨今の犯罪の風潮とか、顔の見えないネット上での文字だけのやりとりから生じる誤解とか悪意とか、そういうのが、ぞっとするほどリアルに描かれていて、自分も気をつけないといけないなと、なかなか考えさせられてしまったかも。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:10
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        女性専門ブログランキングをオープンいたしました。
        オープンしたばかりですので、ランキング上位も狙えます。
        ご参加をお待ちしております。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR