スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『犬はどこだ』米澤穂信

    犬はどこだ
    犬はどこだ
    米澤 穂信 2005/7/25発行 東京創元社 P.309 ¥1,680
    ★★★★
    今更言っても遅い。遅いが、つい、呟いてしまう。
    「犬捜しだったら、よかったのに」
    だったら、こうはならなかった。

    順風満帆だったはずの人生に挫折し、半年間のひきこもり生活を経て、社会的リハビリのために、生まれ育った小さな町で〈紺屋S&R〉調査事務所を開業することにした、若干25歳の紺屋長一郎。

    「犬捜し」だけを業務とすることに決めていたはずの〈紺屋S&R〉が受けることになった最初の依頼は、想定外の失踪人捜しと、古文書の解読――。

    紹介人の顔をつぶすことを考えると、どちらの依頼も引き受けざるを得なくなってしまい、困ってしまった紺屋の前にふらりと現れ、探偵志願してきたのは紺屋の高校時代の後輩、見た目からして頼りにならなさそうなハンペーこと、半田平吉。

    そして二つの依頼を分担し、それぞれの業務を遂行すべく動き回る二人の調査は、いつしか交差し、物語は意外な展開を迎えることに…。

    「犬捜し専門(希望)、二十五歳の私立探偵・紺屋、最初の事件。『さよなら妖精』で賞賛を浴びた著者が新境地に挑んだ青春私立探偵小説。」だ、そう。


    茶髪で眉ゾリで何をやっても中途半端、なハンペーの意外な博識と活躍ぶりに、思わず拍手喝采したくなってしまった(人は見た目じゃないんだよ、というか…「オロロ畑」がこんなところに出てくるとは、それだけでちょっと感動)。

    紺屋の行きつけのコーヒーショップで働く、妹の梓にも(え?昔はそっち?と)。

    失踪した美女の、失踪理由も、最初は紺屋同様「こんな、つまらないことで?」と思ったけど、これがなかなか現代的で怖くて、でもって最後はもっともっと恐ろしくて(下手なホラー映画より想像力をかきたてられた分、怖かったかも…)。

    これまで米澤さんの作品を4作読んできて、何にこんなに惹かれるのかと考えると、主人公の「諦めた感」漂う、やる気のなさと、結末近くに漂う陰鬱さなのかもしれないなと。

    一度は抜け殻になってしまった主人公が、いつの間にやら「やる気」になって、最後に突き落とされる、というようなパターンが、結構好きなのかも。

    そして最後の一行を読んで、タイトルに改めて「にんまり」してしまった。
    多分続編もあるそうなので、それも楽しみだし(ちなみに、「小市民」シリーズの続編は「秋期限定マロングラッセ事件(仮題)」とあったので、それもかなり楽しみ)。

    甘い物より何よりコーヒー好きな私には、結構たまらん一冊だったかも(一日一杯なんて制限されると辛すぎるかもだけど…)。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 01:27
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        はじめまして!ASAといいます。
        少し前から、本探しの参考にさせていただいていました。私は米澤穂信さんの作品が大好きなのですが・・
        「犬はどこだ」は何とも言えない恐さが最後に、残りますよねぇ。現実にありそうで、なんとも言えない寒気・・。でも話がからみあっていく所がおもしろくて、好きでした。
        私の中で、米澤穂信さんの一押しは「さよなら妖精」と「氷菓」です。いつかその2作品もぜひ読んでみてください!
        • ASA
        • 2007/02/04 11:25 PM
        ASAさん、はじめまして(^^)
        米澤さんの作品は、結構最後に苦味が残るところが好きなので、これまでのも全部読みたいと思ってたところです(^^)
        『さよなら妖精』は早速図書館で予約しました(^^)V
        また、他の作家さんのでもお薦め本があればお教え下さいね。お待ちしております。
        では、では。
        • uririn
        • 2007/02/05 12:17 AM
        uririnさん、こんばんは。
        これで、私とまったく同じ米澤さん読書歴ですね。うれしい。
        米澤さんの作品、まさに、主人公のやる気のなさと、
        ラスト近くに漂う陰鬱さが共通していて、惹かれる魅力でしょうね〜。
        私もコーヒー好きなので、この苦味が気に入っています。
        続編は、小市民シリーズを今か今かと…(笑)。

        ごめんなさい、またトラバ未反映のお知らせです。
        お手数おかけします。
        ひと手間減らすためのトラバURLです。
        灰色のピーターパン
        http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/120-cb6bdabc

        夏季限定
        http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/111-4c567c2a

        こちらにもTBさせていただきました。
        忙しくさせてしまって、ごめんなさい。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        こちらこそ、いつもお手数おかけいたしまして、申し訳ないです。本当に有難うございますm(_ _)m
        藍色さんも「苦味」好きなのですね(^^)。うれしい。
        米澤さんの作品、今年は4作ほど出るみたいですね。新作を待ち焦がれる作家さんの一人になってしまいました(これまでの、全部読むのが先かな)。この暗さ大好きです(^^;
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/02/07 1:30 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        BookDesign:岩郷重力+WONDERWARKZ。COVER PHOTO:L.O.S.164。東京創元社ミステリ・フロンティアの1冊。 学生時代から安定堅実志向だった紺屋長一郎、25歳は銀行を辞職後、故郷の八保市で犬探し専門の調査事務所を立
        • 粋な提案
        • 2007/02/06 1:02 AM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR