スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『THE ANSWER』鈴木剛介

    THE ANSWER
    THE ANSWER
    鈴木 剛介 2004/5/30発行 角川書店 P.231 ¥1,365
    ★★★★
    ?宇宙とは、時間とは、無とは、自分とは、
     心とは、狂気とは、哲学とは、真理とは何か
    ?人はいかに生きるべきか、もしくは後悔しない人生を送るためにはどうすればよいか
    ?なぜ、人を殺してはいけないのか
    ……
    そして
    ?絶対に正しいこととは何か

    これは、そうした問いのすべてを解いてしまった(と思い込んでいる)一人の男の愛と涙と笑いの実存の物語である。

    当時勤めていた老人ホームでの喫煙問題から端を発し、「なんでなんで病」に取り付かれてしまった「哲学やりすぎて頭おかしくなっちゃった人」が、もがき苦しんだ末「最終理論」に行き着き、自費出版で、この本を世間に発表するまでに至る壮絶な物語(その後、角川書店から出版されることになり、加筆された部分も)。

    「Q.世界中のすべての問いを解決できる答えはあるのか?
    空前の哲学エンタテイメント小説!
    すべての問いを理詰めで解き明かす空前の哲学エンタテイメント小説」だ、そうで。


    生まれたときから死ぬことが決まっているのに、人は何のために生きているんだろう…などという、たぶん考えても仕方のないこと、答えの出ないことを、若い頃は良く考えていたので、結構私も「哲学」してたのかな。

    その当時、解りやすそうだからと手を出した「ソフィーの世界」は、確か半分ぐらい読んで挫折してしまった記憶があるけど、これはまあ、数学的なこととか興味ないことは理解できないにしても、結構面白く読めたような。

    小学生の頃から「自分はなんで生きてるんだろう」と考え、やりたいことも、本気で打ち込めるようものも見つからず、「人生に意味や目的はない」と言ってはばからなかった「おれ」が、「明日、死のう」と決め、自殺の方法を具体的に決めたとたんに、突然それまでの考えがひっくり返り、「おれはおれのオモチャなのだ」…と、悟ってしまい、やりたいことが次々と見つかったらしいけど、その「おれはおれのオモチャなのだ」というのが、なかなか気に入ってしまった。

    私たち自身の力で「真理=絶対に正しいこと」を「決めて」いくしかない、という考え方も、なんかきっぱりしてて分かりやすかったし。

    ただ、「世界全人類の抱える問題を100%完全に解決する魔法の言葉」には、「結局それかよ」と、ガクッとなってしまったけど…。

    しかも、これ最後まで読むと、最終的には「哲学」よりも人間に必要なのは、「愛」なのでは、と思えてしまう。

    「愛」という言葉がなかった、明治より前の日本人が、そういう気持ちをどう言葉で言い表していたのか…というのがすごく気になったし(宗教的な意味を抜きにして)。

    そもそも「愛してる」って簡単に使うけど、それって、本当はどういう意味なんだろう?とか…。
    本当に「言葉」って不思議だなと、つくづく考えさせられる本だったかな。

    まあ、いろいろ考えるよりも、最近嵌ってるお弁当屋さんの、日替わりのおかずを何より楽しみに生きるような大人になってしまった今の私は、単純で、案外幸せなのかもしれないな、とも。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:06
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR