スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『最愛』真保裕一

    最愛
    最愛
    真保 裕一 2007/1/20発行 新潮社 P307 ¥1,500
    ★★★★★
    姉さん――。
    今もベッドで横たわる姉に向かって呼びかけたかった。どうしてあなたは、そう自らを追い込むような、人の愛し方しかできないのですか。

    幼い頃、事故で両親を一度に亡くし、別々の親戚の元へ引きとられ、離れ離れになり、運命を分かつこととなる姉と弟。

    思いやりのある義父母や兄たちに囲まれて、優秀な末っ子でいられた弟の悟郎とは反対に、新しい兄姉達から妬まれ、いつしか出来の悪い妹を演じるようになり、伯母の家を出たまま、居場所も分からず音信不通となってしまった姉、千賀子。

    そして親戚中から「厄介者」扱いされる姉を遠ざけたまま、小児科医として病院に勤務している悟郎の元に、ある日警視庁の刑事から、千賀子が意識不明で救急病院に搬送されたという電話が入り、病院に駆けつけた悟郎が18年ぶりの再会を果たすも、意識は戻らず、昏々と眠り続ける、大好きだった姉。

    姉が婚姻届を提出した翌日に、事件に巻き込まれ、病院に運ばれたという事実を知らされ、未だ病院にも姿を現さない、前科のある夫の存在に不信感を抱き、姉の住んでいたアパートへと出向き、部屋を調べることにした悟郎が見つけたのは、ボロボロのアパートには不釣合いな金額が刻まれた預金通帳と、たった8通しか届かなかった年賀状…。

    年賀状の差出人を頼りに、離れ離れに暮らしていた18年間の姉の軌跡を辿るうち、悟郎に見えてきた、姉の真実の愛とは――。

    「愛の内側。
     愛の外側。
     18年ぶりに再会した姉が選んだ夫は、かつて人を殺めた男だった――
     慟哭の長編小説。」だ、そうな。


    何か微妙…。
    久しぶりの真保さんだー!と期待し過ぎてしまったからなのか…ちょっと違和感を感じてしまうというか。

    姉と関わりのあった人達に話を聞くうちに、「姉」という人物像が浮かび上がってくるけど、「いつも力なき者の側に立ち、誰に頼ることもなく、一人で生きてきた人」は、まあ分かるにしても、「姉の愛し方には、一本の太く逞しい信念が貫かれている。」と、弟がそこまで絶賛するような、これが「愛」なのかなと、正直疑問に思ってしまった。

    人通りのある路上で男と殴り合いのケンカをしてたり、何の関係もない店のもめごとに立ち入ったり…そういうのを「強さ」と言うのかな(力は強いのかもしれないけど)?

    なので、「姉」という人にも全く共感できなかったし、ましてや如何なる理由があろうとも、こんな時に姉の側にいてくれない前科のある夫にも、恋人を作っておきながら、無責任な態度の主人公の「弟」にも、誰一人として共感できなかった。

    「姉」が引き取られた伯母の家の兄と姉は、「キャンディ・キャンディ」に出てくるイライザとニールみたいだし。

    終始一貫して何度も出てくる「警察は事が起こらなければ動いてはくれない」というのは分かるけど、だからって…。

    おまけにこの終盤20ページぐらいの、こ、これは…。

    「愛」かなぁ?こういうのが「愛」なら、「愛」っていったい何なんだろう…と、色んな箇所で考えさせられた(誰の「愛」も、残念ながら私には理解できないものばかりで)。

    引用部分の「どうしてあなたは、そう自らを追い込むような、人の愛し方しかできないのですか。」には、自分のこと言われているようで、ぐさっときてしまったけど…。


    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:20
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        おお、uririnさんも既に読んでいたのですね。
        私も読みました。トラバしましたので、ょろしくです。
        (すっげえアホなコメントですね、すいません)
        おお、uririnさんも既に読んでいたのですね。
        私も読みました。トラバしましたので、ょろしくです。
        (すっげえアホなコメントですね、すいません)
        天野様、こんばんわ(^^)
        私もこれは★一つか二つにしようと思ったのですが、それはあまりにも可哀相かな…と真保さんの名前だけで★三つにしときました。
        「最愛」というよりも「最悪」だったかも。
        • uririn
        • 2007/02/05 12:10 AM
        最初は,さすがに真保作品,ぐいぐいと引きこまれるのですが,次第にボルテージが下がっていき,最後はいただけません.作者は人工呼吸器につながれている患者に筋弛緩剤を投与しても何も起こらないということを認識していないのでしょうか.もし,認識していないならば,最近の真保作品の医療モノのレベルダウンをこのようなリサーチ不足が代表していると思いますね.「栄光なき凱旋」に時間を取られすぎたのでしょうか.
        • black jack
        • 2007/04/12 2:26 AM
        black jackさん、こんばんわ(^^)
        久しぶりの真保さん作品だったので、期待しすぎてしまいました(^^;真保さん、確かに最初のつかみとかはすごく良いのになぁと…で、この結末はいかがなものかと私も思いました。
        『栄光なき凱旋』は読んでないのですが、それはきっと面白いのですね?それは読んでみなくては…。では、では。
        • uririn
        • 2007/04/14 12:32 AM
        自分もかなり期待してました。

        ダメでしたねぇ。
        何しろ、勝手に決め付けて、勝手に進んでいく。
        結局何を言いたいのか、よくわかりませんでした。
        残念でした。

        TB、ありがとうございます。
        • juzji
        • 2007/05/15 9:44 PM
        juzujiさん、こんばんわ(^^)
        ほんとにこれには「がっかりだよ!!」でした。
        最初の方では期待が膨らんだのですが…最後には本を投げつけたいくらいでした(^^;
        でも、次回作にも色んな意味で、期待してしまいます。
        では、では。
        • uririn
        • 2007/05/16 1:15 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        義兄の行方を捜しながら、姉の過去を明らかにしていくストーリー。 そして、根源にあるものとは…? 十八年間音信不通だった姉が、意識不明で救急病院に搬送された。重傷の火傷、頭部の銃創。それは婚姻届を出した翌日の出来事だった。しかも、姉が選んだ最愛の夫は
        • じゅずじの旦那
        • 2007/05/12 3:23 PM
        「姉さん、あなたはいったい何をしていたんだ……」慟哭の恋愛長編。
        • 待ち合わせは本屋さんで
        • 2007/02/18 7:32 PM
        真保裕一 /新潮社 2007/01出版 307p 20cm ISBN:9784
        • 傲岸不遜男天野才蔵の「私は本を買って読む」
        • 2007/02/04 6:53 PM

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR