スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『春期限定いちごタルト事件』米澤穂信

    春期限定いちごタルト事件
    春期限定いちごタルト事件
    米澤 穂信 2004年 東京創元社文庫 P.245
    ★★★★★
    それは誰だったろう。心当たりは何人かいる。ぼくにそういうことを言ってくれそうな相手は。彼、もしくは彼女は、にこにこと笑いながらこう言った。
    「本当にお見事。鮮やかな推理。綺麗な証明。でも、その、まあ、なんていうか、言いづらいんだけど、はっきり言わせてもらうとさ。
     きみ、ちょっと鬱陶しいんだよね」

    中学三年の夏から訳あって共に行動するようになった「ぼく」こと小鳩常悟朗と小佐内さんは、互恵関係にあるが、依存関係にはなく、まして比翼連理の類(要するに恋愛関係)では全くなく…高校入学を機に「小市民」デビューを果たし、手に手を取って「小市民たれ」をモットーに、目立たず清く慎ましい高校生活を送ることを何より望むだけの友達関係。

    ところが高校入試の合格発表の日に、「ぼく」の小学生の頃の同級生、「割とおせっかいだけどいい奴」堂島健吾と再会したことから、小佐内さんの危惧する通りに、健吾が持ちかける様々な問題にふりまわされ、二人がせっかく掴みかけた「小市民」の地位を揺るがされる事態に陥ることに…。

    『羊の着ぐるみ』『For your eyes only』『おいしいココアの作り方』『はらふくるるわざ』『孤狼の心』の5編の連作短編集なのかなと思いきや、小佐内さんが楽しみにしているスイーツを巡る、スイーツだらけの話なのに、得てして甘くないミステリ。

    「そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を。
    小市民を目指す小鳩君と小佐内さんのコミカル探偵物語
    『さよなら妖精』の米澤穂信が放つライトな連作ミステリ」だ、そうで(『さよなら妖精』読んでないんだけど…)。


    可愛すぎる表紙のイラストにちょっとひきぎみで読まなかったので、いまさら…という気がしないでもないけど、面白かった。

    健吾が半ば強引に持ち込む「謎」は、本当に小さな「謎」だけど、それがこうなってこうくるのか…というか(「おいしいココアの作り方」は全く思いつかなかった、てか、それ本当に大丈夫なの?やってみたいけど…)、なかなか良く出来ていて。

    この二人は一体過去に何があって「小市民」を目指すんだ???と、不思議でならなかったけど…なるほどねと(でも小佐内さんの過去も知りたい…)。

    小鳩君の背後に忍び寄る小動物系の小佐内さんの不気味さ(?)が、かなりツボに嵌ってしまった。

    「小市民」という言葉は何気に使うけど、実際に「小市民」として生きるのも、案外難しいものかもしれないとな思えてしまった(そんな風に意識して生きなきゃならないほど、今の世の中はしんどいものなのかなと)。

    どちらかと言えば柳沢きみおの漫画の『大市民』的な生き方に、憧れたりはするんだけど…あっちは大人の浪漫かな(若者にはわかるまい…というか、歳取れば取るほど図々しく楽になれるのかもしれないな…)。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:53
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        uririnさん、こんにちは。
        小鳩くんと小山内さんのキャラクターが際立っている作品でしたね。
        「小市民」を目指す理由。小鳩くんは冒頭の引用文でなんとなくわかりますが、
        小山内さんは、知るのが怖いような気も(笑)。
        「おいしいココアの作り方」は同じく全く思いつきませんでした。
        そして、やってみたいけど本当に大丈夫なの?というのも同じです(笑)。
        歳取れば取るほど図々しく楽になれるのかもしれない、というのは、
        認めたくなくても認めないといけないですね…しみじみ。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        表紙はこんなにラブリーなのに…。
        『夏期限定―』はちょっと恐ろしかったです。
        「おいしいココア」は、やっぱり面倒でも鍋で作るのが一番かな?(これも怖いし)。
        では、では。
        • uririn
        • 2007/01/23 7:59 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        イラストレーションは片山若子。文庫書き下ろし作品(小市民シリーズ)。 2001年、第五回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を「氷菓」で受賞デビュー。ほかの作品「愚者のエンドロール」「クドリャフカ
        • 粋な提案
        • 2007/01/22 12:16 PM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR