スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ボーナス・トラック』越谷オサム

    ボーナス・トラック
    ボーナス・トラック
    越谷 オサム 2004年 新潮社 P.315
    ★★★★★
    なんちゅうか、世の中捨てたもんでもないよね。この世には轢き逃げする外道もいるけど、その現場に花を置いてってくれる人だっているんだもんな。いい奴ばっかりじゃないけど、悪い奴ばっかりでもない。そんな当たり前のことが、今はよくわかる。ところでそのへん、あの世はどうなってるのかしらん? みーんないい人だったらいいよな。甘いかな。行ったことがないから、まだわからん。

    業界大手のハンバーガーショップのチェーン店で、早朝から深夜までの恐ろしく長い勤務時間、文句も言わずにこつこつと真面目に働く、就職して二年あまりの下っ端社員草野は、ある雨の夜、寝に帰るだけのワンルームマンションへの帰り道、猛スピードで走り去っていく車と、道に転がる男を発見してしまった。

    恐る恐る道路に横たわる男に近づき、声をかけ、蘇生法を試みるも、男は息を吹き返すこともなく…。
    ようやく死んでいることに気付き、慌てて110番して車に戻り、死体に脅えながらパトカーを待つ草野がひとりつぶやくと、誰かが返事をしたようで…。

    エロビデオを借りに行く途中で事故に遭い、「どうにも俺は運が悪い」と自分の死体を見下ろしながら、つくづく実感していたのは、地元からの脱出を試み、ようやく受かった東京の二流半の大学に通う横井亮太。

    亮太の周囲の人間のなかで、唯一草野にだけ、自分の声が届くことを知り、自分の死体に口移しの人工呼吸までしてくれた親切な男、草野の車に無断で乗り込み、勝手に家に泊まらせてもらい、職場にまでもついて行き…。

    雨に打たれたせいで、風邪をひいて寝込んでしまった草野が目を覚ますと、そこには自分が第一発見者となった死んだはずの男の姿が。

    熱のせいで幻覚が見えるのだと思い込む草野を説得し、亮太は、自分を轢き逃げした犯人探しを手伝ってくれるよう頼み込むのだが……。

    「こいつ、なかなかいい奴だ、幽霊であることを除いては。ハンバーガー屋で働く僕は、彼を殺した犯人探しに巻き込まれて…。ユーモアホラーの快作。第16回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。」だ、そう。


    階段途中のビッグ・ノイズ』にメロメロになったので、気になっていたこちらも読んでみた。

    青春王道物の『階段途中のビッグ・ノイズ』といい、幽霊王道物の『ボーナス・トラック』といい、どちらもベタな話のはずなんだけど、それが越谷さんの手に掛かると、めちゃくちゃ新鮮で、面白くなってしまうから、あら不思議。

    文章のリズムが良いのか、キャラが良すぎるのか、私との相性が良いのか、まあ、全てなんだろうけど…。

    ハンバーガー店の数少ない社員として、アルバイトさん達を取りまとめ、指示を出す立場なのに、どこか頼りなげな草野に的確なアドバイスをする、生きてる時はヘボヘボだった亮太と、幽霊になった亮太の存在を受け容れて、まるで友だちのように接する草野との関係が、すごく良い。

    大学時代の遊び放題の生活から一転して、社会人の辛さを実感する草野への、亮太の言葉も、幽霊ならでわで。

    死んでしまったことで、生きている人間から蚊帳の外に置かれてしまった亮太がポツリとつぶやく「なんで仲間はずれにされなきゃいかんのかね」の台詞は、実は死ぬのが怖いって、こういうことなのかも知れないなと…(まあ、死んだ後、全く意識がこの世になければ問題ないとは思うけど…やっぱり自分のいなくなった世界で、みんながこれまで通りに普通に生きているというのは、何だか寂しいような)。

    亮太がぼろくそに言って、あとでファンの南君に申し訳なく思う、巨漢で無骨で頼もしいアルバイトの南君が好きな歌手の歌姫と、鼻血だらだらの四人組のジャケットの曲が最後まで気になってしまった…。わからん。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:06
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        uririnさん、こんにちわ。
        「階段途中のビッグ・ノイズ」が読みたくて、
        予約中なのですが、書架にあったこちらを借りてみたら
        おもしろくておもしろくて!
        越谷さん初読みだったのですが、いいですね。
        「階段途中のビッグ・ノイズ」もおもしろいのですね。
        メロメロとは!そちらも楽しみです。

        歌姫と、鼻血だらだらの件は、実際あるようです。
        「今日何読んだ?どうだった??」のまみみさんが書いてましたよ。
        • june
        • 2006/12/16 11:28 AM
        juneさん、こんばんわ(^^)
        越谷さん、名前も全然知らなかったのですが、『階段途中のビッグ・ノイズ』を読んで、面白いなと思ってこちらも読んでみて、かなりファンになってしまいました。
        なるほど、歌姫は、最近のか、ちょっと前のか、どっちかなと思ったのですが、あっちでしたか。結構その辺辛辣で面白かったです。
        教えていただいて有難うございます。すっきりです(^^)
        では、では。
        • uririn
        • 2006/12/18 5:26 AM
        こんばんわ^^
        とっても面白い作品でした〜。
        確かにベタですが、私はベタが好きなのです^m^
        草野も亮太も南もいい奴なんですよね。
        出てくる人が良くて、ラストも良くて。
        「階段途中のビッグ・ノイズ」も読んでみようと思います!
        苗坊さん、こんばんわ(^^)
        私もベタな話大好きです。水戸黄門的な「勧善懲悪」ものとかもね。
        越谷さんの本に出てくる、登場人物の会話のテンポとか、キャラの設定とか、すごく面白いなぁと感心してしまいます。
        『階段途中のビッグ・ノイズ』も、本当にお薦めなので、是非是非〜。
        • uririn
        • 2007/01/04 2:08 AM
        こんばんは。
        等身大に描かれた登場人物が生き生きしてました。
        安心して楽しく読める作品でした。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        越谷さんは最も期待する作家さんです。『陽だまりの彼女』も早く読みたいんだけど…。何か心が温かくなる作風だなぁと。本当に安心して読めますね。大好きです。では、では〜。
        • uririn
        • 2008/05/21 12:16 AM
        トラックバックさせていただきました。

        ご返信お待ちしています。
        • 藍色
        • 2008/05/31 4:30 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        装画は木内達朗。装幀は新潮社装幀室。第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。ハンバーガーチェーン店社員の草野哲也は、ひき逃...
        • 粋な提案
        • 2008/05/16 2:55 AM
        読書期間:2007/5/20〜2007/5/21 こいつ、なかなかいい奴だ、幽霊であることを除いては。ハンバーガー屋で働く僕は、彼を殺した犯人探しに巻き込まれて…。ユーモアホラーの快作。第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作品に加筆。
        • hibidoku〜日々、読書〜
        • 2007/05/22 11:29 PM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR