スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『レンタル・チルドレン』山田悠介

    レンタル・チルドレン
    レンタル・チルドレン
    山田 悠介 2006年 幻冬舎 P.246
    ★★★★★
    目を閉じると、優との思い出が蘇ってくる。だが瞼を開けると、現実に引き戻される。その一瞬がいつも辛い。……
    いつかは時が解決してくれるのだろうか。もう少し辛抱すればいいのか。
    二年前に最愛の息子を失ってから、別人のようになってしまった妻と、よどんだ空気の流れる家庭で、火の消えたような生活を送っていた夫、泰史。

    三回忌を終えてもなお、息子の遺影を前に悲しみに暮れ、家に引きこもりがちな妻の姿を見かねた泰史は、妻を連れて、話に聞いた「P.I」という会社を訪れてみることに。

    そこでは、親に捨てられた子供たちを集め、一定期間、その子供たちをレンタルしているのだという。

    こんなことは許されることではない…と、頭では否定しつつも、少しでも以前のような明るい妻に戻ってくれれば、と切実なる思いで、子供たちのリストを次々と捲る泰史の目に飛び込んできたのは、亡くなった息子に瓜二つの男の子の写真…。

    我が子は生きていたのだと信じ込み、すっかり、以前のように明るさを取り戻した妻、そしてまた泰史自身も、もう二度と大切な我が子と離れ離れになりたくないと考え、レンタルした子供を本当の息子にする決心をし、再び「P.I」を訪れ、契約を交わす。

    そして一月が過ぎた頃、失った息子と同じ「優」と名付けた子供に突如、異変が現れ始め…。

    「子供の値段は1000万 淋しき人間がすがる戦慄の人身売買!
    『リアル鬼ごっこ』の著者が満を持して放つ、ファン待望の最新ホラー!(2006年1月の時点での)」だ、そうな。


    最後を読まなければ、これはこれで、なかなか良く出来た話なのでは…と思えた(説明不足に感じられる箇所は幾つかあったけど…)。

    息子(だと信じるレンタルした子供)がどんな姿になっても、変わらぬ態度で接する妻の姿は、ごく普通の母親の愛情と思えるし、逆にそれで二転、三転する夫の態度にひいてしまった(まあ、ホラーだから仕方ないのか…でも、その時点で人間扱いしてないのがひどすぎるというか)。

    最後を読んでしまうと、途端に頭がこんがらがってしまう。
    じゃあ、一体何の為にそれ集めてるの?と…。

    何はともあれ、主人公が30代の夫婦の話って、これまで読んだ山田さんの作品の中で初めてだったから(まだ5作目だから、他にもあるのかもしれないけど)すごく斬新な気はしたけど。

    タイトルに惹かれて、ついつい読んでしまうから、そのうち、ものすごい傑作を書いてくれるのではと、ついつい期待してしまうんだけど…。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:46
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << November 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR