スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ドラママチ』角田光代

    ドラママチ
    ドラママチ
    角田 光代 2006年 文藝春秋 P.265
    ★★★★★
    この十年近い年月、何をしてきたかといえば待つことしかしていない、来し方行く末に思いを馳せたこともなく、仕事か家庭かという贅沢な悩みすら抱いたこともなく、資格も取らず預金もせず、ただひたすら待つことで日を送ってきた。女友達が結婚だの離婚だのを乗り越えているあいだ、私は一歩も動けず同じ場所にいるのだ。〜『ヤルキマチ』より〜

    陽の当たらない路地にある薄暗い喫茶店で、「夫の恋人」の仕事が終わるまで待ち続け、ストーカーのように女の後をつけまわすことが日課のようになっているという、時間を持て余す妻が、心待ちにしているのは…『コドモマチ』

    十年近くも不倫相手の離婚を待ち続け、何もかもにやる気を失くし、人を見下すようになったという女。
    男の妻をひと目見てやろうと、以前に調べた男の家を訪ねて行き…『ヤルキマチ』

    落ちぶれてきたモデルの女は、彼女のことなら何でも知りたいという取り巻きの男の一人を、子供の頃住んでいた懐かしい街に連れてきたものの…『ワタシマチ』

    クリスマスが来る度に、彼氏イナイ歴を更新する女。
    結婚したばかりの女友達の新居に呼ばれ、引き合わされた男とデートをし、一夜を共にしたものの…『ツウカマチ』

    歳とともに居づらくなった会社を退職し、喫茶店を開いて五周年を迎えた女。
    彼女の恋愛運を全部吸い取っているかのような自由奔放な親友が、男にくっついて行った沖縄から戻ってきたと、久しぶりに店に顔を出し…『ゴールマチ』

    昔憧れていた男と、付き合って6年、同棲して2年、騙されるように連れて行かれた男の田舎で、勝手に結婚を決められた女。
    ここ数年の男のあまりの変身ぶりに幻滅しつつも、男の言うがままに、新居となるマンションを見に行き…『ドラママチ』

    二世帯住宅で別々に暮らしているはずの義母にこき使われる嫁。
    実の娘達でさえ付き合っていられないという、口の悪い義母の言動が近ごろ益々おかしくなり始め、病院帰りの義母に連れられて向かった先は、吉祥寺の駅近くの、やけに古めかしい喫茶店…『ワカレマチ』

    結婚して五年、ある理由からセックスレスになってしまった夫婦。
    自分から夫を誘うこともままならず、身体を動かすことで持て余している性欲を発散させようと、ジムでひたすら汗を流す妻は、アルバイト先の年下の男の子から個展に誘われ…『ショウカマチ』

    「妊娠、恋愛、プロポーズ……女はいつも何かを待っている
    女が求めているのはドラマなのだ!
    中央線沿線の「マチ」を舞台に、小さな変化を「待つ」ヒロインたちの8つの物語。」そうかな〜?と、何も待つものがない私にとっては、少し不満の残る帯の文句。


    まあ、どれもこれも、結構「痛い女」の話だったような…。
    (角田さんが描く女の人は、それでも嫌いではないんだけど。)

    言ってることは分かるけど、やってることはあまり良く分からないというか。
    それとも、いくつかの話は、やってきたけど忘れてしまったことかな(思い出すと痛いから、封印した記憶かも)。

    「りぼん」と「なかよし」の話は、懐かしくて面白かった。
    そう言えば、昔、陸奥A子が大好きだった私は「りぼん」派だったなぁ、とか。

    物語に必ず登場する、それぞれの街の喫茶店は実在しているらしくて、写真付きで、ブログで紹介されているのを見て、『ワカレマチ』に出てくる喫茶店にすごく行ってみたくなった(近ければ…)。

    待つことが苦手な私が、あえて、何かを待っているとするならば「キュウリョウマチ」かな。
    明日だし。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:31
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        uririnさん、こんばんは。
        いろんな境遇に置かれた女性たちの本音、
        そして向き合う姿が印象的でした。
        封印した記憶・・・あるかもしれません。
        私は「ヤルキマチ」が痛かったです。
        いつもオチが上手で、読んでて楽しいです。
        「キュウリョウマチ」にザブトン1枚!(笑)。
        トラバしました。
        きょうはマチで文藝春秋と女も結婚したいです。
        藍色さん、こんばんわ(^^)
        「ヤルキマチ」は、私も一番痛かったです(^^;
        「キュウリョウマチ」は、切実な気持ち★
        また、これから一ヶ月間待ち続けるのですが…。とほほ。
        • uririn
        • 2006/10/26 2:17 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        ドラママチ ■やぎっちょ読書感想文 ドロドロではないけど、ドロくらいは・・・ 本当に久しぶりに読みました角田光代さん。アンソロジーなんかを除けば実は4冊くらいしか読んだことなかったりして。。。なんか思い作品が多そうで。特に女子同士のドロドロがリア
        • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
        • 2008/05/04 2:27 AM
        ドラママチ 出版社: 文藝春秋 (2006/06) ISBN-10: 4163249702 評価:88点 「コドモマチ」「ヤルキマチ」「ワタシマチ」「ツウカマチ」・・・。 何かを待っている女性達を描いた8つの短編集。 場所は全て中央線沿い。三鷹、中野、吉祥寺、高円寺。 そして、そ
        • デコ親父はいつも減量中
        • 2007/11/06 12:44 AM
        装丁は吉田浩美・吉田篤弘(クラフト・エヴィング商會)。 1990年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞、96年「まどろむ夜のUFO」で野間文芸新人賞、98年「ぼくはきみのおにいさん」で坪田譲治文学賞、99年「キッドナ
        • 粋な提案
        • 2006/10/25 1:58 AM

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << November 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR