スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『四度目の氷河期』荻原浩

    四度目の氷河期
    四度目の氷河期
    荻原 浩 2006年 新潮社 P.459
    ★★★★
    地球は氷河期を使って、地上の生物を何度もふるいにかけた。そして、過酷な環境に打ち勝った生物だけに未来を与えた。マンモスやネアンデルタール人がふるいから落ち、クロマニヨン人が救われたように。世界中の人々がてんでばらばらに信じている神様というのは、じつは地球そのもののことかもしれない。

    幼稚園に入園したときから、「普通の子どもとは違う」ことを少しずつ自覚し始めたという、ワタル。
    狭い部屋で、じっとしていることができず、時には叫び出してしまう落ち着きのない子ども…。

    小さな田舎町で暮らし始めた、よそ者の母と、父親のいないワタルに、世間の目はとことん冷たく、人より目立つワタルは、学校でもいじめを受けることに…。

    小学校の高学年になり、皆より早く第二次性徴を迎えたワタルは、自分の変化に戸惑い、誰にも相談できず、自分の体をもてあまし「自分の父親はクロマニヨン人なのだ」と、自分自身に折り合いをつけ、それからは、クロマニヨン人の子どもとして生きることにした。

    いつかやって来る次の氷河期に備えて、母親と二人で生き延びるために、石槍を手に、ひとりぼっちで、野山を駆け回るワタル。

    そんな孤独な少年、ワタルに訪れた運命の出会い。
    彼女の出現により、少しずつ他人との関わり方を学び、中学に入る頃には、もう、自分がそれ程特別な存在ではないと思えるようになっていくワタル。

    そしてワタルは、自分が何者であるのかを知るために、父親に会いに行く決心をするのだが…。

    「フツーなんかじゃ、この時代を生き抜けない。
    『明日の記憶』の著者が描く、今ここにいることの奇跡。感動青春大作。」だ、そうな。


    「ワタル」という一人の男の子の4歳の頃の記憶から、18歳になるまでの成長の記録が、ぎゅっーっと濃縮されたもののような。

    最初、この子はこのままどうなってしまうんだろう…と本当に心配してしまった。

    小学生にして、「必要な誰かから、必要とされない孤独」が分かってしまうと言うのは、すごく哀しいことだと思う。
    その分大人になるのも早そうだけど…。

    ものすごく切ない話なんだろうけど、そこは荻原さんなので、かなり笑えてしまう。

    男の子って、こうやって成長していくのか…と、すごく良く分かったというか。
    同級生の男の子達を思い出して、あの子らも、なかなか大変な道を乗り越えてきたんだな…と、今さらながら同情してしまった(やっぱり隠れてパンツ洗ったりしてたのかな、とか)。

    中学時代の、異性との付き合い方のぎこちなさとか、高校時代の友人関係とか…小学校から高校生までの自分の記憶と重ね合わせて、すごく懐かしい気持ちで読んでしまった。
    束の間その頃に戻れたような気がして、わくわくしてしまったかも。

    クロマニヨン人(アイスマン)を前にしての、ワタルの台詞は本当に切なかった…。
    でも、その後の行動は…どうなのかなー?(何か急に子どもの頃のワタルが甦ったような)

    「ぼくの心に欠けていたジグソーパズルのピースを、彼女は持っていた。彼女が探していたピースは、ぼくが持っていた。」
    こんな風に思える相手と、この世で巡り会えるって…羨ましいな(たとえ小説でも)。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:40
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        おぉ、まったく同じタイミングで同じ本の感想書いてるわ。
        シンクロですな。まあそんだけです。
        「四度目の氷河期」なかなかよかったよね。
        • 通りすがり
        • 2006/10/16 12:39 AM
        最後の行動は・・・
        ほんとその後のことが心配されてします。
        でも、まぁ、最後はほぼハッピーエンド(!?)だったので
        良しとします。
        シリアスすぎず、
        でも読み応え十分でしたね。
        通りすがりさん、
        本の趣味、似てるからねぇ。シンクロするのも当然かと(^^)
        クロマニヨン人がお父さんて…もう、その発想に脱帽したというか、荻原さんの頭の中は宇宙人みたいね。
        これからも楽しみ。では、では〜。

        • uririn
        • 2006/10/16 11:44 PM
        す〜さん、
        あの二人の未来、想像すると何となく心が温かくなるような。
        生まれてくる子は一体どんな逞しい子に育つのかと…。
        本当に、がっつりと読み応えありましたね(^^)
        では、では〜。
        • uririn
        • 2006/10/16 11:47 PM
        uririnさん、こんばんは。
        本日アップしましたので、こちらにもお邪魔しますね。
        久しぶりの荻原さんで、ちょっと不安もありましたが
        サチが登場してから楽しくなって、最後まで読み終える事ができました。
        高校生までのこと、思い出したりしましたねー。
        ジグソーパズルのピースのひと・・・見つけられて、うらやましいですよね。
        こちらもトラバさせていただきました。
        藍色さん、こちらにもありがとうございます(^^)
        私も正直、サチが登場するまで、この話はどこへ向かうのかと不安になって、少々退屈してしまいました。
        それから先は、すごく面白かった!
        月見うどん、私も食べたくなりました(^^)
        では、では。
        • uririn
        • 2006/10/26 2:24 AM
        こんばんわ^^TBさせていただきました。
        私も同じ意見です〜
        面白かったんですけど、サチが出てくるまでが長かったですね。
        でも、その後はばっちりです^^
        自分の片割れのような人物に出会えるのって、良いなぁと思います。
        この2人は、幸せになってほしいです。
        苗坊さん、こんばんわ(^^)
        悲しいことに、苗坊さんのTBが届かなかったみたい。
        こっちのJUGEMで不具合でもあったのかな。
        本当に「サチ」が出てくるまでは、この子はどうなってしまうのかと不安になりましたが「サチ」の登場で安心しました(^^)。
        お互いに探し求めてるものが一致する奇跡のような出会い、してみたいもんだなぁと…。
        本当に心から二人の幸せを願ってしまいたくなる本でしたね。
        では、では。

        • uririn
        • 2006/12/18 5:35 AM
        男の子の成長、とっても参考になりました^^
        なかなか知りえないことですもんね。身近な男性である夫にこうだった?どうだった?と聞きたくてたまらないんですがものすごくばかにされそうで聞けないいくじなしです・・・
        musagoroさん、こんばんわ(^^)
        そして返ってきた答えが「男のロマン」だったのですね(^^)身近に答えてくれる人がいて、幸せ一杯じゃないですか〜。にくいなぁ、もう(*^^*)

        • uririn
        • 2007/01/31 1:24 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        • -
        • 2009/10/10 1:53 PM
        四度目の氷河期 荻原 浩 今年の富山はまったく雪が降りません・・・ 寂しい・・[:ゆき:] クロマニヨン人の息子だと信じる男の子の成長していく姿が描かれています。 よそから越してきて未婚の母と自分に対する地元の人の差別は強くなる。やがて立派なクロマ
        • 柚子すき毎日
        • 2007/01/30 12:32 PM
        四度目の氷河期 僕のお父さんは、クロマニヨン人だ。 ワタルは、小さな田舎町で母と一緒に住んでいる。 父親はおらず、誰なのかも分からない。 自分がだんだん他の子とは違う身体に成長していくのを感じ、自分はクロマニヨン人の子どもだと思い始める。 それからは
        • 苗坊の読書日記
        • 2006/12/18 6:01 PM
        装幀は新潮社装幀室。 1997年「オロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人賞を受賞デビュー。2005年「明日の記憶」で山本周五郎賞を受賞。主な作品「ハードボイルド・エッグ」「噂」「メリーゴーランド」「僕
        • 粋な提案
        • 2006/10/25 6:05 PM
        読み応えあり。 ワタルは母親と二人小さな町で暮らしている。 よそ者の二人に町の人たちは冷たく、二人をかたくなに受け入れようとしない。 幼稚園の頃から人と違う行動を取るワタルに友だちはなく、 いつも一人で母親
        • My Favorite Books
        • 2006/10/16 7:50 PM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR