スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『超・殺人事件―推理作家の苦悩』東野圭吾

    超・殺人事件―推理作家の苦悩
    超・殺人事件―推理作家の苦悩
    東野 圭吾 2004年 新潮社 P.301
    ★★★★★
    奇妙な時代だ、と思う。本をあまり読まないくせに、作家になりたがる者が増えている。さほど売れていないのにベストテンが発表されたりする。一般読者が知らないような文学賞が増えている。本という実体は消えつつあるのに、それを取り巻く幻影だけがやけに賑やかだ。
     読書って一体何だろうな、と黄泉は思った。
                           〜『超読書機械殺人事件』より〜

    小説家になって十年、例年になく収入が増えてしまったがための、税金対策に慌てふためく推理作家の苦悩。
    確定申告に備え、知り合いの会計士から算出された額は、思わず笑うしかないような、でたらめな、滅茶苦茶な金額…。
    あちこちから領収書を掻き集め、試行錯誤の末、経費に算入するために推理作家が書き上げた小説は…『超税金対策殺人事件』

    理系人間を自負する中学校の理科教諭。
    タイトルに惹かれ、本屋で手に取り、夢中で読み始めた『超理系殺人事件』。
    小難しい専門用語の連なるこの本を、何度も同じところを繰り返し読み、必死に理解しようとするのだが…『超理系殺人事件』

    ベストセラー作家、鵜戸川の別荘に、突然呼びつけられたのは、別々の出版社に勤める四人の編集者たち。
    近々雑誌に掲載される予定の鵜戸川の「犯人当て小説」を読み、一番最初に見事犯人を当てた編集者には、賞品として長篇新作が与えられるというのだが…『超犯人当て小説殺人事件(問題篇・解決篇)』

    九十歳になっても、なお現役で活躍している作家、藪島清彦。
    近頃では、「いよいよあの人にも来るべきものが…」と、担当編集者の小谷が思うほど、おかしな兆候が作品の中に見られるようになり、それらはいちいち小谷の手で修正されていくのだが…『超高齢化社会殺人事件』

    デビューして三年、わずかな原稿料で生計を立てている、売れない小説家の苦悩。
    ようやく巡ってきた連載の大仕事、連続殺人を扱った推理小説に登場する人物と同じコスチュームを纏う女性たちが、現実に次々と殺されるという事件が起き、マスコミでも話題になるのだが…『超予告小説殺人事件』

    三年ぶりの書下ろし長編小説を仕上げ、その出来栄えに満足していた小説家の元にかかってきた編集者からの電話。
    出版社の注文に応じて、書き上げた長編小説の中身をさらに水増しし「渾身の二千枚大作!」のキャッチフレーズで売り出すことになったのだが…『超長編小説殺人事件』

    これといったアイデアが浮かばないまま、推理小説の最終回を迎えてしまった作家の苦悩(超短編)…『魔風館殺人事件(超最終回・ラスト五枚)』

    有名なミステリ小説の評論家、門馬の元を訪れ、「高機能読書マシン」のモニターを薦めるのは「ショヒョックス販売株式会社」のセールスマン、黄泉よみ太。
    デモンストレーションですっかり気に入ってしまった門馬は、早速手に入れた「ショヒョックス」を使って仕事を始めるのだが…『超読書機械殺人事件』


    「『超読書機械殺人事件』をはじめ、推理小説誕生の舞台裏をブラックに描いた危ない小説8連発。意表を衝くトリック、冴え渡るギャグ、そして怖すぎる結末。激辛クール作品集。」
    だ、そうな。


    これはもう、何度読み返しても飽きない。
    東野さんのこの手の短編集は本当に、ブラックで、皮肉たっぷりで、「こんなことまで書いてしまって、大丈夫なのかな?」と、心配してしまうほど…(実際はそうでもないのかな)。

    それぞれの短編の中に出てくる小説が、本当にもう、あり得ないくらいに暴走していくのが面白すぎて…。
    それでいて、細かいところまできちんと捻りが効いてるなぁと、感心してしまう。
    先を見通す目も、何か凄すぎて…。

    ここに書かれてる作家たちの苦悩は、どれも東野さんご自身の苦悩だったりするのかな?

    に、しても最後の『超読書機械殺人事件』の「ショヒョックス」が実際に開発されたら…是非、色んな本の解説を「酷評モード」で見てみたい気が…。


    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:12
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        著者:東野圭吾 とにかく皮肉、ブラックユーモアたっぷりの書。 小説を書く上での様
        • たこの感想文
        • 2006/10/15 1:23 AM

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR