スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『探偵ガリレオ』東野圭吾

    探偵ガリレオ
    探偵ガリレオ
    東野 圭吾 2002年 文春文庫 P.324
    ★★★★★
    「面白いことを教えてやろう。アメリカで、UFOを目撃したという人の話を徹底的に分析してみたところ、九十パーセント以上が何かの見間違いであると判明したそうだ。しかもその中で最も多いのは、なんと天体をUFOと見間違えたというものだった。特に多いのは金星だが、中には月をUFOだと思ったという人間さえいる。」
    「何がいいたいんだ」
    「幽霊の正体は、いつも案外つまらないということさ…」

    深夜、静まり返った街の一画で騒音を撒き散らしながら、たむろする若者たち。
    たわいもない馬鹿話で盛り上がっていたその時、突然一人の少年の頭から発火した。
    周囲の少年たちには、何が起こったかわからないまま、少年はたちまち炎に包まれる。

    警察の捜査では解明できない、心霊現象や超能力としか説明がつかないような不可解な難事件。
    警視庁捜査一課の草薙は、奇怪な事件の謎を解くために、友人である帝都大学理工学部物理学科助教授、天才科学者の湯川の研究室を訪れる…『燃える―もえる―』

    鯉がいるという噂を聞いて、釣りにやって来た中学生たちが、ゴミだらけのひょうたん池で見つけたのは、アルミで出来たデスマスクのようなもの。
    その顔は、行方不明中の男の顔と酷似していた。
    そして、ひょうたん池から男の死体が発見され…『転写る―うつる―』

    吝嗇家のスーパーの経営者が、風呂場で死亡しているのが発見された。
    一見ただの心臓発作を起こしたかのように見えた死体の胸には、その部分の細胞だけが壊死した痣が残されており、どうやら他殺の線も捨てきれず…『壊死る―くさる―』

    海水浴を楽しむ新婚夫婦が何者かに狙われていた。
    ビーチマットで沖に浮かぶ妻を、砂浜から見つめていた夫が目にしたのは、突然の轟音と共に、海から突き出た黄色い火柱。
    その直後パニックが起こり、海から逃げ惑う人々。
    そして後にはビーチマットだけが取り残されて…『爆ぜる―はぜる―』

    ある殺人事件の容疑者となった男のアリバイを証明することになったのは、小さな男の子の描いた一枚の絵。
    熱を出して意識が朦朧としていた少年は、普段、マンションの窓からは見えない景色が見えたのだというのだが…『離脱る―ぬける―』
    の5編から成る連作短編集。

    「刑事は奇怪な事件を抱えて天才物理学者の扉を叩く
    常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。」です。


    直木賞受賞作『容疑者の献身』の「ガリレオシリーズ」の第一作目。

    私も、草薙刑事と同じく、全くの理系オンチなので、謎を解き明かされても、ただただ感心するばかり。

    ただ、怪奇現象のような謎を、科学を用いて解明していくのも面白かったけど、犯人たちの殺人の動機というのも、なかなか興味深かった。
    『燃える』の犯人には、ちょっと同情するし、『爆ぜる』の犯人の自己中さというか、逆恨みもいいとこなのには腹が立つ。

    『転写る』は、ラストの「オチ」もよろしくて…。
    「科学文明がいくら発達しても、それを使う人間の心が進化していないと…」と言う湯川の台詞には、なかなか考えさせられてしまった。

    科学で解明できないことも、この世にあった方が面白いと、『Xファイル』が大好きな私としては思ってしまうけど。

    長身で色白、黒縁眼鏡をかけた秀才タイプの顔つき、前髪を眉の少し上で切り揃えた髪型、白衣姿の天才科学者、湯川…うーん、身長を除けば、大槻教授のような。
    分かりやすく実験して見せてくれるところは、でんじろう先生みたいで、でも、東野さんは佐野史郎さんをイメージしていて…、ああ、みんな似てるのか。

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:48
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR