スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『女王様と私』歌野晶午

    女王様と私
    女王様と私
    歌野 晶午 2005年 角川書店
    ★★★★★
    外に出て感じたことがある。
    なんか楽しい。
    「なんか」が何かはわからない。実利があるのかもわからない。
    けれど、なんか楽しい。自分が今ここに存在していると、確かに感じる。
    ……もしそれが現実のものとなったら、きっかけを与えてくれた彼女は、真の意味でぼくの女王様である。

    無職でオタクでひきこもりの真藤数馬の目の前には、その夜、贅沢なご馳走が並んでいた。
    口うるさく話しかける母親の言葉は耳に入れず、ただ食物を口に入れるだけの夕食を終え、さっさと自室へと戻って、大好きなおやつを食べることだけを考えているような数馬。
    母親は彼に少しは働くよう促すのだが…。

    そして次の日も、彼はいつものように、小さな可愛い「妹」を連れて車に乗り込んだ。

    女の子の喜びそうな店へ足を運び、「妹」と会話しながら、ウインドウショッピングを楽しんでいると、一人の少女から声をかけられ、誘われるままについて行くことに…。
    彼女は、とても数馬の好きなタイプの女の子だったのだ。

    意外なことに彼女は、冴えない数馬をデートらしきものに誘い、高級料理店へ連れまわす。
    払いはもちろん、数馬の父親払いのカードだが…。

    数馬に罵声をあびせ、乱暴な言葉を話し、まるで「女王様」のように振る舞いながら、いろんな要求をする彼女の真意を測りかねる数馬。
    彼女のいいなりになる数馬に腹を立てる「妹」。

    そして、突然しおらしくなった、いつもと様子の違う彼女は、友達が殺されたことを数馬に告げ、その死が自分のせいかもしれないと言う。

    彼女に笑顔が戻るなら…と、数馬は、「妹」のアドバイスを受け、インターネットを駆使し、事件の解明に乗り出すのだが…。


    何とも書き難い…。
    帯には「戦慄的リーダビリティが脳を刺激する超絶エンタテイメント!」と書いてある。
    なるほど…なんだけど。

    典型的なオタクの数馬が、好きになった女の子のために、犯人探しに奔走し、自分も事件に巻き込まれ…って、これだけ読めば普通の話で…。

    自分の勝手な思い込みというか、イメージをことごとく覆されてしまったことに、ただただ呆然。

    あれ、まだ続くの?という感じで次から次、真実が明かされて、最後には…。
    ああ、そう言えば…という感じ。

    本の作りもなかなか凝ってあって、「ここ、何が書いてあるんだろう?」と、本文を読んだ後に、そこを読んで納得。芸が細かいというか、何というか。

    ただ、私には探偵さんの出てきた意味が最後まで、あんまり良く分からなかったんだけど…。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:59
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こん**は。
        TBさせていただきました。
        裏切られる快感に満ちた作品、というか、
        驚かされ続けが楽しいです。歌野さんの作品は。

        確かに、例の探偵はいなくても成立していた気がしますね。
        こばけんさん、こんばんわ(^^)
        本当に、裏切られました。最後まで…。
        一時噂になってた、ドラえもんの最終回を思い出してしまいました。
        • uririn
        • 2006/07/05 9:13 PM
        私の方へもTBとコメントありがとうございました♪

        まさに!“ウワサのドラえもん最終回”ですよね(笑)
        『葉桜〜』は、確実に上回ると思いますよ。
        ぜひ!
        • こばけん
        • 2006/07/06 1:35 AM
        uririnさん、こんばんは。
        この作品の楽しさを伝えるにはネタバレという壁があって、
        なかなか難しいですよね。
        まったく同じ部分までの内容紹介で、安心しました。
        まさに、ドラえもんの最終回でしたね(笑)。
        表紙のイラストも…ねぇ、という感じがしますが(^^;
        これ結構好きです。
        ドラえもんの最終回は、やっぱり有名なのですね(^^)
        嬉しい。では、では。
        • uririn
        • 2006/09/10 11:33 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        装画:ena。2003年刊行の「葉桜の季節に君を想うこと」が「このミステリがすごい!」「本格ミステリベスト10」で第1位、第57回日本推理作家協会賞、第4回本格ミステリ大賞を受賞してベストセラーになった著者
        • 粋な提案
        • 2006/09/10 6:49 PM
        あいかわらず歌野晶午は 登場人物の年齢性別が判らない。 ここが彼の巧いところなのでしょう。 本作『女王様と私』も驚きどころが満載です。
        • こばけんdays
        • 2006/07/05 12:58 AM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR