スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『町長選挙』奥田英朗

    町長選挙
    町長選挙
    奥田 英朗 2006年 文藝春秋
    ★★★★
    神経科がある地下に行くと、そこは薄暗く、すえたような臭いがした。おい、ここかよ。そうひとりごちてドアをノックする。中から「いらっしゃーい」という甲高い声が聞こえ、中に入るとよく太った中年の男がいた。名札には「医学博士・伊良部一郎」とある。

    『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』に続く、トンデモ精神科医、伊良部シリーズ3作目。

    今回、伊良部のもとを訪れたのは、
    プロ野球界の再編問題で世間を騒がせた、日本一の発行部数を誇る「大日本新聞」の代表取締役会長であり、プロ野球・中央リーグの人気球団「東京グレート・パワーズ」のオーナーでもある田辺満雄、通称「ナベマン」。

    オーナーたちに嫌われたため、プロ野球界への参入こそ失敗に終わったが、カリスマ経営者としての名声をほしいままにした若きIT長者、安保貴明。通称「アンポンマン」。

    「中年なのに若々しい」という理由で、四十歳を過ぎてからブレイクし、今やドラマに引っ張りだこの、東京歌劇団出身の女優、白木カオル。

    プロ野球のオーナーは、暗闇や閉所に脅える「パニック障害」に悩まされていた…『オーナー』

    若きIT長者は「若年性アルツハイマー」で、幼稚園児生にもできるようなことが、できなくなっていた…『アンポンマン』

    自然体が売りの女優は、目の下の一本の小皺が気になり、精神安定剤を必要としていた…『カリスマ稼業』

    どこかで聞いたような話、の3編と、
    4年に1度の、町長選挙を控え、町をあげての壮絶な選挙戦が繰り広げられる、東京都でありながら、ある意味、治外法権の離島に二ヶ月間赴任することになった伊良部。
    伊良部の素性を知った町長候補たちは、何とか伊良部を選挙戦の味方につけようとあの手、この手で伊良部を懐柔しようとするのだが…表題作『町長選挙』の計4編から成る、連作中短編集。


    これまでとは、ちょっと趣が変わっていて、これはこれで風刺が効いてて、面白い。
    どんな有名人が相手でも、伊良部は好き放題、押さえ込み、大好きな注射を打ち、失礼な言葉を浴びせかける。

    ナベマンに往診を依頼されても「いやだよーん」で一蹴し、アンポンマンに「ぼくがネクタイ締めないの、何でか知ってます?」と聞かれれば「首が太いから?」と最もな答えを返す。

    しかも、この二人の主治医であることが世間に知られ、一躍「名医」と祀り上げられたりする。

    そして、やっぱりみんな、伊良部のもとを訪れずにはいられなくなってしまうのである。


    今回のマユミさんのキャラ、ちょっとこれまでと違う…。

    「カリスマ稼業」のラストのページは、心にぐさぐさぐさぐさ突き刺さる。
    ほんと、なんと情け容赦ない…。
    とほほ。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 22:33
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        これも読みたい…。伊良部最高だよね〜。
        • 通りすがり
        • 2006/04/29 1:58 AM
        甲高い失礼や中年とかできるようなことが
        太いからページと暗闇とかを代表したかったの♪


        とほほ?き、きになるっ。
        読みたい・・・。
        ところでuririnさん、リンクをはらせてもらえませんか?



        通りすがりさん
        読んでね。
        でも、まあ「ダイ・ハード3」の印象かな…。
        • uririn
        • 2006/04/30 12:11 AM
        musagoroさん
        私ぐらいの年齢の人には、きっと堪える(^^;
        musagoroさんなら大丈夫ですよ。
        リンク、もちろんお願いします。
        GW中に、みんな登録しようと思っていたので。
        • uririn
        • 2006/04/30 12:15 AM
        こんにちわ。そして、ようやく追いつきました(笑)但し、今回はちょっと不満の残る作品でした。ついに業界人まで伊良部のおもちゃに・・・と思うと、面白いことはとっても面白かったんですが、うまいこと誘導していつのまにか病気を直している的ナ物語ではなかったのと、伊良部のハチャメチャぶりが弱かったような・・・でも、次回作がでたら、必ず買って読むでしょう!
        • KORO
        • 2006/05/22 8:28 PM
        KOROさん
        確かに、KOROさんのブログに書かれてたように、マユミさん、もう少し謎の人でいてほしかったなぁと私も思いました。続編、あったらいいですね。私も絶対買いますよ〜。
        • uririn
        • 2006/05/23 11:33 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        治療をせずに治療する神経科医の伊良部一郎は名医か、はたまたヤブ医者か。 日本一の発行部数を誇る新聞社の会長からIT界の風雲児まで、有名人がこぞって伊良部総合病院神経科...
        • ぱんどらの本箱
        • 2007/10/22 1:57 PM
        町長選挙 ■やぎっちょ書評 伊良部&マユミちゃんのお話は実ははじめて。シリーズ三作目にして。 インザプールはDVD借りてきて見たので、本は読みませんでした。 それにしても、DVDの伊良部は(俳優誰だか忘れたけど)とても痩せていたので、まさかトドのように太っ
        • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
        • 2006/09/02 3:53 AM
        伊良部先生大活躍度★★★☆☆ 悩んでるのがあほらしくなるっ!ぐふふ  「物事、死人が出なきゃ成功なんだ」とさ_(^^;) 町長選挙 文藝春秋 奥田 英朗 だいぶ知名度があがってきた伊良部一郎♪ 伊良部病院
        • おいしい読書生活
        • 2006/06/28 6:03 PM
        ĮĹ???Υ?ξ??? ?ı?ĮĹ?????????3????κ??????Ť???Τ?????????ä????褦??????Υ?????¿ä褦??? ?????????顢ĮĹ??¿???礦? ??γά??? ???ĹΥ??ä??ο??ĤΤä?????礦?ο??Ĥ???????????ο??Ĥ????¿?礦顢ä???? ???¶??Υ?ä??ο??餬?
        • itchy1976の日記
        • 2006/06/25 3:25 PM
        ≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:82点 http://koroxkoro.web.fc2.com/ ≪梗概≫ 伊良部、離島に赴任する。そこは町長選挙の真っ最中で…。「物事、死人が出なきゃ成功なのだ」直木賞
        • 読むなび!(裏)
        • 2006/05/22 8:23 PM
        トンデモ精神科医 伊良部先生の第3弾。 待ってました・・・ 待ってました・・・・んだけど・・・。 今回は4作品。 うち3作品はとある有名人をモデルにしてますよね〜。
        • My Favorite Things
        • 2006/05/06 8:14 PM
        トンデモ精神医伊良部先生シリーズ第3段「町長選挙」。う〜ん、期待が大きすぎたのか、前2作に比べるとパワーダウンってのが正直なところ。まず思ったのが、前2作に比べて、伊良部先生がホントに何の役にも立ってない。いや、役に立たないのはいつものことなんだけど
        • 読書とジャンプ
        • 2006/05/06 3:48 PM

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR