スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『スカイ・クロラ』森博嗣

    スカイ・クロラ
    スカイ・クロラ
    森 博嗣 2001年 中央公論新社
    ★★★★
    少なくとも、昨日と今日は違う。
    今日と明日も、きっと違うだろう。
    いつも通る道でも、違うところを踏んでいくことができる。
    いつも通る道だからって、景色は同じじゃない。
    それだけでは、いけないのか?
    それだけでは、不満か?
    それとも、それだけのことだから、いけないのか。

    神に祈るか、それとも殺し合いをするか。
    二つしかない選択肢。
    特別な子、としてこの世に生まれた「カンナミ」
    彼が選んだのは、空を飛ぶこと、そして「誰のためでもなく」戦うこと。

    「カンナミ」の戦闘機は、次々と敵を撃ち落す。
    「カンナミ」の右手ひとつで、敵の戦闘機は地上へと堕ちて行く。
    誰のためでもなく、「カンナミ」は何故、戦闘機に乗ることを選んだのか。

    彼にとって戦闘機に乗る、ということは「退屈凌ぎ」なのだという…。
    そして、彼は死ぬまで、なんとかそうして凌ぐしかほかに方法はないのだと…。


    遠い空の彼方で、どこかの国と、どこかの国が戦って、見えないところで、誰かが死んでいく。
    そんな遠い遠い感じがするお話。
    とても不思議なんだけど、すごくよくわかる。(気がするだけかな…)
    無駄なものがない。
    いらないものを削ぎ落とせば、こうなるのか…と、感心した。

    例えば、仲間の死。
    その死に対して、自分の責任だと、自分自身を責める仲間たちを見て、彼は思う
    「自分の責任だと考えることが、一番楽なのだ。
    全部、自分の責任なら、閉じていれば良い。完結できる。人の責任だと思うから、処理が難しくなる。」
    すごく納得。

    例えば、「よろしく」という言葉。
    「何を、よろしくなの?」
    「私のよろしくは、お友達になって、お話をするっていう意味」
    「僕も、だいたいそれ」
    すごい。納得。

    「死にたいと思ったことがある?」
    「だから、しょっちゅう」
    「どうして、そのとき、死なないわけ?」
    「もう少しだけ辛抱していれば、そんな気持ちがすっかり消えて、あぁ、死ななくて良かったって、そう思うに決まっている、それを予測できるからかもね」

    いつも、漠然と心の中で、思っていたようなことを、言葉にするとこうなるのか…。
    こういった会話が、たくさん出てくる。
    何だか、とても心が晴れる気がする。

    彼は、人を殺したその右手で、ハンバーガーを食べ、ボウリングをする。
    そして思う「意識しなくても、誰もが、どこかで、他人を殺している。おしくら饅頭をして、誰が押し出されるのか…。その被害者に直接触れていなくても、みんなで押したことに変わりはないのだ。」と…。
    そして、それは「しかたがないことなんだ。」と…。

    確かに、そう思う…。

    最後に分かる、カンナミが空を飛ぶ理由は、とても哀しい。
    一度読んだあとに、もう一度最初から見てみると、全ての不思議なことがよく分かった…。

    本の装丁に惹かれて、ずっと昔に買ったのに、当時は10ページ目ぐらいで挫折して、でも綺麗なので、そのまま本棚に飾ってあった。
    その前に「すべてがFになる」でも、挫折していたのに。
    難しすぎて…。
    やっとこさ読めたけど、どれくらい理解できてるのか怪しい…。

    ただ、出てくる言葉が本当に全部、綺麗だと思った。
    読めて良かった。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:11
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        これは、わたくしが愛する小説ではないですか!スカイクロラは僕の中で本当に傑作で、僕が働いている本屋でも、この文庫を平積みにして常にアピールしてますよ。割と売れてるんです。今5部作中の3部まで出ていて、今年の6月に4部が出る予定。是非続きも読んで欲しいなぁ。できれば、すべてがFになるも読んでほしいけど、でも合わないなら仕方ないか…残念。森博嗣は最高ですよ〜。あと、表紙の綺麗さは群を抜いていますよね〜。
        きのうは感心したかも。
        通りすがりさんのブログの、左端のコメントみたいなの見て「あれ?この絶賛してる本、もしかしてこれ?」と思って引っ張り出してきて読んでみたのです。びっくりした。「すべてがFになる」で持ってたイメージが全然違ってて。
        他のも読んでみたくなりました。Fは無理かも。でも他ので、お薦めがあれば教えてくださいね。
        • uririn
        • 2006/04/16 1:42 AM
        はじめまして。TBさせていただきました。スカイ・クロラ、ほんと綺麗な作品だと思います。
        素敵なブログなので私のブログのリンク集に追加させていただきました。また遊びに来たいと思います。ではでは。
        peco0102さん、初めましてこんばんわ(^^)
        TB&コメント、ありがとうございます。『スカイ・クロラ』シリーズ、読もう読もうと思って、ほったらかしにしてたのを、コメントいただいて思い出せました(^^;。
        本当に「綺麗」としか例えようがないほど美しい作品なので、シリーズ全部じっくりと読もうと思います。
        私もリンクさせていただきますね。
        では、では〜。
        • uririn
        • 2007/11/26 10:36 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        『スカイ・クロラ』 森博嗣  帯の言葉だけで、しびれた。こういうシャープな心に突き刺さる言葉を生み出すという点で森博嗣 は私好みの作家だ。マイナーだ、マイナーだと言っておきながらこのスカイ・クロラは単行本では最高の 増刷だそうである。  さてスカイ・
        • 風味絶佳な日々―読書日記―
        • 2007/11/21 11:11 PM
        読書期間:2007/3/19〜2007/3/21 「スカイ・クロラ」シリーズ1作目。S&Mシリーズもまだ読み始めたばかりなので、新しいシリーズは読まないつもりでしたが、ついつい図書館で見かけて手に取ってしまいました。ご本人曰く、自分の本質に近い作品だとか。
        • hibidoku〜日々、読書〜
        • 2007/03/21 11:53 AM

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR