スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『みんな邪魔』真梨幸子

    評価:
    真梨 幸子
    幻冬舎
    ¥ 800
    (2011-12-06)
    Amazonランキング: 13861位

    少女漫画『青い瞳のジャンヌ』をこよなく愛する狎弔は賛猷餃瓠1熟辰般兪曚魍擇靴狠翡女性たちだったが、あるメンバーの失踪を機に正体を露にし始める。飛び交う嘘、姑息な罠、そして起こった惨殺事件――。辛い現実から目を背け、ヒロインを夢見る彼女たち。その熱狂が加速する時、新たな犠牲者が……。殺人鬼より怖い平凡な女たちの暴走ミステリ。

    かつて彼女たちが少女だった1970年代、少女漫画雑誌に掲載され、絶大な人気を博したという伝説的漫画『青い瞳のジャンヌ』。

    掲載が未完のまま打ち切られ数十年経った今でも、ネット上では根強いファンに支えられ、その中でも特に熱狂的な人たち、お互いを怪しいハンドルネームで呼び合うファンクラブの主要メンバー六人。

    夫のDVに悩む41歳のエミリー、バツイチ子持ち43歳のシルビア、42歳で二人目の子どもを妊娠中のジゼル、無職で独身49歳のミレーユ、会のリーダー46歳のマルグリット、会のアイドル的存在で誰からも慕われる32歳のガブリエル。

    彼女たちそれぞれの家庭問題が露呈するなかで起こった最初の殺人事件。
    犯人はすぐに逮捕されたものの、なお次々と呪いのようにメンバーたちは事件に巻き込まれ…。

    『殺人鬼フジコの衝動』の著者 最高傑作 不快すぎて痛快イヤミス
    女のえげつなさに足をとられているとラスト絶対騙される!〜帯より〜

    だそうですが、途中で「もしや…」という感じ。
    「イヤミス」とは「嫌な気分になるミステリ」のことだそうで、そんな言葉も初めて知りました。
    結構「イヤミス」読んでるのに。

    でも本当におぞましかった。
    何が怖いって、やっぱり普通の人間の中に潜むどろどろしたものが一番怖い。普段隠してるから。

    会合で見せる顔と、それぞれの家庭内の顔とは全く別人で(当たり前か)、特に2章目の「ミレーユ」こと、稲子さんの話は本当に嫌な気分満載で、こういう母親の考え方、世間一般的かもしれなくて、それがすごく怖くて、頼むから離れてくださいと懇願したくなる。
    小町の相談に良くありそうな話かも。

    同世代のお話だけど、ここまで何かにのめりこむということがなかったので、こんなどろどろした世界とは無縁で良かったかなと。

    そんな私でも子供のころから愛読していた『ガラスの仮面』と『悪魔の花嫁』はまだ続いてるし、まあもし真澄さまとマヤちゃんが結ばれなかったりしたら、ちょっと怒るかも。

    単行本では『更年期少女』のタイトルだったそうで、装丁もタイトルもそのままがインパクト大で良かったのになぁという感想。

    0

      『女ともだち』真梨幸子

      女ともだち
      女ともだち
      真梨 幸子 2006年 講談社 P.293
      ★★★★★
      学生時代の病的なべたつきも、時間が経つにつれてからからに乾いてしまう、典型的な女友達の構図だ。あれほど強力だった粘着力も、一度はがすとその特性は失われてしまう。そして、お互い、人生の節目節目でお互いを懐かしみ、電話などをして昔話に花を咲かせ、じゃ今度ゆっくりお茶をしましょう、などと胸をはずませるのだ。が、たいていは、そのまま捨て置かれ、次に訪れる人生の節目まで、その思い出は封印される。
      埼玉県の小さな街に、無計画に建設された近接する2棟のタワーマンション。
      先に建設されたのは、20階建ての「三ツ原タワーマンション」。
      そのわずか3年後に完成し、外観も中身も全てにおいて「三ツ原タワーマンション」より勝り、なおかつ低価格で販売された「Rスカイガーデン」。

      2005年10月、「三ツ原タワーマンション」の住人である2人の独身女性の惨殺死体が、それぞれの部屋で発見された。
      被害者の1人は、身体のある部分を切り取られていたという。

      容疑者として逮捕された男は、被害者の1人との売春関係は認めたものの、殺害については容疑を否認する。

      この事件に着目し、ルポルタージュし、容疑者の冤罪を訴えるのは、仕事に行き詰まりを感じていたフリーライター。
      ネット上に残された無数の足跡から、会社の同僚、近隣の住民らのインタビューから、浮き彫りにされる、女達の過去。

      対照的な二人の被害者。
      誰からも良く思われていなかった孤独な女と、周囲からの評判のすこぶる良かった女。
      この二人を結ぶものは…。

      「女同士の親密で濃厚な関係の底に沈殿しているのは闇のように黒い何か……。人間の悪意、欲望を描く力作!!」だ、そうな。


      こんなおどろおどろしい展開になるお話だったとは…。
      最初、あまり注意せずに読んでいたので、読み終わってから、ところどころ読み返さないと理解できなかった。

      でも『うっふんオークション』て…ほんとにそんなのあるのかな…。しかも500円て…。可哀想に。

      ルポの部分が、何となくこの感じ、前にどこかで読んだような…と思ったら、参考文献に『東電OL殺人事件』が記載されていて、納得。

      マンションを買うということは、税金やら管理費やらなんやかやで月々のローンだけでは済まないのか…というのが、すごく良く分かった。

      マンションのローンに追われ、生活するのがやっとで、もう子供を持てない…というのも。

      「三万円でワンピースを買ったあとに、普段なら手が届かない有名ブランドのワンピースがバーゲンで三万五千円で売ってるのを見つけた。これって悔しくありませんか?」と、後からできたマンションのことを例えた人がいたけど、すごく分かりやすい。なるほど、そういう気持になるもんなのか。

      に、しても「ムーミン」のミーとスナフキンに、そんな過去があったとは…何かものすごく得した気分になってしまった。

      0

        1

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR