スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『風に顔をあげて』平安寿子

    風に顔をあげて
    風に顔をあげて
    平 安寿子 2007/12/15発行 角川書店 P.239 ¥1,470
    ★★★★★
     誰かに何かをしてあげたいという思いは、エネルギーだ。その反対に、何かしてもらいたいという渇望は、何も生まない。
     自分を救うのは、この「何かしてあげたい」という思いかもしれない。
    自称プロのフリーター、25歳で独身で、定職についていないことを負い目に感じながらも、夢や希望を持つことより、一人で「生活」をしていくことで精一杯の風実。

    女を作って出て行った父親の愚痴ばかり言う母親につきあいきれず、高校卒業後すぐに一人暮らしを始めたものの、どのアルバイトも長続きせず転々とし、自称ボクサーの彼氏らしき男の存在はあるものの、どうやら自分が相手からはそれ程には求められていないことに薄々勘付きながらの、まるで追っかけのような関係では満たされるはずもなく…。

    そんな不安と不満を抱える風実のアパートに突然転がり込んで来たのは、母親から押し付けられそうな進路を受け容れられず、ゲイであることをカミングアウトし、家を飛び出してきた高校生の弟、幹。

    ゲイバーで働きたいと言い出した幹の将来を案じながらも、風実自身のことさえも全く先が見えなくて……。

    「25歳フリーターは自由?それともヤバイ?
    元気が取り柄の風実が密かに抱える、弟のゲイカミングアウトより、自称ボクサーの彼との恋より、心配なことは?05年度本の雑誌が選ぶ文庫ベストテン1位獲得の『グッドラックららばい』以来初の書き下ろし長編!
    これでいいのだろうかと今の仕事と先行きに不安を感じている人へ、家族関係で悩んでいる人へ、恋もままならずに淋しいと感じている人へ、すべての人に贈る物語だ。〜北上次郎氏」だ、そうで。


    25歳の頃といえば、結婚なんて全く頭になくてただただ夢ばかりあったような…。母親からは極楽とんぼと呼ばれ、仕事も恋愛もめいっぱいで友達と旅行三昧の、人生で一番楽しい日々だったなぁとしみじみ(多分バブルの名残だったのかも)、それゆえ今こうなってしまっているのかもだけど…。

    なので、25歳でこんな風に将来を案じる風実はしっかりしてるのねと感心してしまうし、弟の幹君はもっとしっかりしてそうだし、なかなか世渡り上手そうなので何の心配もいらなさそうな(ちゃんと導いてくれそうな心強いゲイの大人も身近にいることだし)…。

    風実の飲み友達の小池さんや、バイト先の尊敬できる先輩三益さんの存在や、色んな人に支えられて、風実は冒頭の引用部分のことに気づくけど、これって本当にその通りだなと思えるし、自分自身にも常に言い聞かせないといけないなと思えてしまった。

    タイトルの『風に顔をあげて』も、寒さ厳しい今だからこそ、何かに立ち向かっていくようでなかなか良いかなと、読んだ後、「私も頑張ろう!」と思わせてくれるようなお話だったかな。

    JUGEMテーマ:読書
    0

      『あなたがパラダイス』平安寿子

      あなたがパラダイス
      あなたがパラダイス
      平 安寿子 2007/2/28発行 朝日新聞社 P.272 ¥1,680
      ★★★★
       歳をとるのは、ほんとにつらい。
       でも、この歳まで生きてこなければ、会えなかった人がいる。立ち会えなかった時代の局面がある。だから、若さなんか羨ましくない。
       若返りを望むなんて、無駄なこと。このまま更年期を過ぎて、彼と一緒に老いる自分でいい。彼と同じ足並みで歩いた道のりを愛おしみ、彼が歌うように、再生のきかない「今」を、じわっと味わいたい。熟した過去があればこそ、「今」にじわっと味がある。「今」は儚く消えていくと悲しいほどにわかるから、万障繰り合わせて、ここに来る。
      〜『まだまだ、いけます』より〜

      愛情のない両親を見て育ったせいで、結婚願望を持てず、図書館で地味で真面目に勤める一方、「この世は仮面舞踏会だ」と割り切り、ボーイフレンド達との自由奔放なセックスライフを満喫していた、母親と二人暮らしで独身、50歳の敦子。
      そんな敦子が、五十の大台に乗った途端に更年期のせいで、すっかり性欲を失くしてしまい、とうとう性生活からはご隠居することに。
      そして、年老いた口うるさい母親との暮らしに倦み、大好きなジュリーを応援することだけが楽しみになってしまった敦子は、ジュリーのファンサイトに書き込みをした一枚のCDがきっかけで、同じくジュリーの大ファンだったという妻を失ったばかりの中年男と知り合い…『おっとどっこい』

      ホットフラッシュ、動悸や眩暈といった更年期の症状に悩まされながらも、家事に仕事に、自分の両親の介護にと、忙しい毎日を送る53歳の主婦、まどか。
      義兄と暮らす夫の両親の具合がいよいよ悪くなった途端、それまで文句も言わずに面倒をみていたはずの義姉の悦子が家出をしてしまい、家に戻るようにとの説得役を頼まれたまどかが、悦子の携帯に電話をしてみると、そこには意外な悦子の姿が…。
      そして悦子に触発されるかのように、まどかもまた、昔の熱い気持ちを思い出し…『ついに、その日が』

      43歳にして医者から更年期を示唆されてしまった、「子供」が原因で夫と離婚したことが心の傷となる、フリーライターの千里。
      更年期を受け入れられずに戸惑う千里が、古くからの付き合いの、女性向け医療情報誌などを取り扱う会社を経営する有季子に相談してみると、紹介されたのはジュリーの歌のタイトルにちなんで「ヘイヘイ・メノポーズの会」と名付けられた、更年期を考える会のメンバー達。
      取材も兼ねて、会のフォーラムに参加した千里は、みんなの話を聞き、自らの体験を語るうち、夫との離婚の本当の原因に行き当たり…『こんなはずでは』

      そして、3話の主人公達が一同に集まり大団円を迎える…『まだまだ、いけます』の4編から成る「更年期」と「ジュリー」をテーマに描かれた連作短編集。

      「若い時より純情に、無邪気に、そして情熱的に
      人生を生き抜いたごほうびの場所では、まだまだいける恋心が健在でした。
      3人の中高年女性、夫と家族と恋人による、ユーモアたっぷりのアンチエイジング小説」だ、そうで。


      更年期…、言葉では知ってても、まだまだ先の話だと思って、あまり気にしたことなかったけど、こんなになってしまうのかと、ちょっとびびってしまった。
      そもそも「更年期」について、こんなに真っ向から向き合って書かれた話も読んだことなかったから、これはすごくためになってしまったかも(備えあれば、憂いなしというか…)。

      そのときが来たら「更年期なもので、ごめんあそばせ〜」で、すべて済ませてしまおうかなと。

      更年期を迎える時期が、ちょうど親の介護と重なる年齢だったりもして、女性って本当に大変なんだなと、つくづく思えるし(母親は何も言わなかったけど、一人でそういうの耐えてたのかなと、尊敬してしまったし)、男の人にも是非読んでもらいたいかな。

      そして、ちょうど今、更年期にあたる女性たちの年代が熱狂していた「ジュリー」こと沢田研二さんが、更年期を歌にしていたなんて、それも驚きだし、その歌詞に奥さんへの愛情をひしひしと感じて、すごく羨ましくなってしまった。

      そんな風に更年期に理解を示して、協力しようとしてくれるような人が側にいれば、きっと更年期も怖くないのかもと。

      私はソロになってからの「ジュリー」しか知らない世代だし、ファンになるには幼すぎたけど、それでも小学生の頃に聞いてた歌(「サムライ」とか「LOVE抱きしめたい」とか「危険なふたり」とか…つぎつぎと浮かんでくる)は、たぶん全部歌えてしまいそうなぐらい、インパクトは大きかったし、今も現役で、こんなに人を惹き付ける偉大な歌手なんだなと、改めて思い知らされてしまったかな。

      でも、まあ「ジュリーーーーー」といえば、やっぱり樹木希林さんのあれを真っ先に思い出してしまうんだけど…。

      0

        『なんにもうまくいかないわ』平安寿子

        なんにもうまくいかないわ
        なんにもうまくいかないわ
        平 安寿子 2004年 徳間書店 P.237
        ★★★★★
        わたしにできない恋をして、わたしがやらないバカをして、そしてその度、傷ついて。あんたの涙、あんたの孤独が、わたしの精神安定剤。
        不幸な志津子が、令子は好きだ。愛しくて、愛しくてたまらない。

        中堅どころの市場調査会社に勤める、バリバリのキャリアウーマン、並河志津子、42歳。

        見境がない。人を見る目がない。私生活と仕事の線引きがない。ノーが言えない外面菩薩。と、人は言う。

        結婚したいくせに、結婚できない相手ばかりを選び、別れた男は、みな親戚になるという志津子。

        そんな、寂しがり屋で、人脈が広く、頼まれると嫌とは言えない、世話焼きで、恋多き女、志津子と関わってしまった5人の物語。

        志津子の親友と、年下の恋人と、車の話…『マイ・ガール』

        志津子を尊敬する会社の後輩と、過去の修羅場の話…『パクられロマンス』

        志津子に不満を持つ、私生活でも、便利に使われる部下の話…『タイフーン・メーカー』

        志津子に相手にされなくなってしまった、過去の恋人の話…『恋駅通過』

        志津子と同じ相手を好きになってしまった、未亡人の話…『なんにもうまくいかないわ』

        の、『志津子』の物語5編と、浮気現場に踏み込んだ妻と、愛人の板ばさみに会う男の話…『亭主、差し上げます』の、計6編から成る短編集。

        「子なしシングルの負け犬も四十過ぎたらオオカミだ。てやんでえ!」だ、そうな。


        志津子さんの周りの人は大変。
        パワフルすぎて、振り回されてしまいそう。

        志津子の親友、令子の台詞、「あんたは、自分をごまかしてる。そろそろ目を覚まして、あるがままの人生を受け入れなさいよ。四十でジタバタして、どうするのよ。わたしたち、五十になるのよ。七十になるのよ!」は、結構胸にぐさっときてしまった。
        確かに、そろそろ目を覚まさなければ…私も。

        冷蔵庫の中身に持ち主の性格が表れるっていうの、何となくわかる。
        私も、いっぱい物が入ってないと落ち着かないし、賞味期限切れのが奥にいっぱいあるような…でも、怖くて見れない。

        タイトルが、今の私の心境にぴったりだと思ったけど「なんにもうまくいかないわ」と言うほど、志津子さんは、うまくいってないこともないような…ベンツだし。

        車に乗るのを諦めてしまった志津子さんは、三人の人物に、自分のベンツをあげると約束したけど、いったい誰にあげるのかな?と、ちょっと気になってしまった。

        0

          『もっと、わたしを』平安寿子

          もっと、わたしを
          もっと、わたしを
          平 安寿子 2006年 幻冬舎 P.331
          ★★★★
          人を見るたび、野良猫みたいに身構えて、言葉の裏ばかり読もうとしてきた。読んだつもりになっていた。見た目通りの薄っぺらな女だと軽んじられないためには、最初から相手を見下すしかなかった。だけど、だから、なんにも見てなかったのかもしれない。 
             
          理佳も好き。広子も好き。
          人生で初めて二股を経験し、この幸せがずっと続けばいいのにと考える、28年間モテたことなどない口下手な営業マン、江口。
          ふとしたことから、二人ともにプロポーズしたことがばれ、トイレに監禁されてしまい、そこへもう一人の彼女がやって来て…。
          どちらも失うぐらいなら、最初からモテないほうが良かったと、便器の上で頭を悩ます江口…『いけないあなた』

          顔が良いのが売りの若き営業マン、有樹は「アリガトウ」と「スミマセン」を言わない男…社内では浮きまくる有樹のことを、見ればみるほど漫才師の宮川花子に似ている古株OL、富貴だけは応援してくれるというのだが…『ノー・プロブレム』

          これまで、どんな仕事も長続きしなかった、なりゆきまかせの正太は、今の就職先のカワサキ建装の社長の娘、しのぶのことが気になって仕方がない。
          たまに食事に誘われ、おやすみのキスはしてくれるのものの…。
          しのぶの気持ちが分からない正太は、ライバルの出現に悶々とし、虫歯もますます痛み出し…『なりゆきくん』

          歯科医の美人受付嬢、絵真。
          見た目が華やかで、男が放っておかないタイプであることを自覚している絵真は、昔投げつけられた「いやらしい顔」という言葉に、深く傷つき、未だにひきずっている。
          ある日呼ばれた合コンで、絵真を傷つけた張本人とばったり出会ってしまい、過去の怨みを晴らそうと…『愛はちょっとだけ』

          女手一つで健気に子供を育てるシングルマザー、を売りにしていた行田。
          「おじさん殺し」の得意技で世の中を渡ってきたものの、近頃体も大きくなって、手におえなくなってきた息子のために、父親をゲットしようと考え始めていた。
          父親候補として目をつけられたのは、行田が勤める会社の、6歳年下の御曹司。
          会社のソフトボール大会で、健気な母親をアピールしまくり、御曹司の心を掴もうと、意気揚々と出かけるのだが…『涙を飾って』

          それぞれの話にちょこっと出てくる人物が、次の話の主役となる、リレー形式(と、いうのかな)の連作短編集。

          「こんなわたしで、なぜ悪い
           不器用な五人五様の煩悩がすれ違ったとき、少しだけ人生が動いた。」
          だ、そうな。


          うっかり電車を乗り過ごしてしまいそうなくらい、夢中で読んでしまった。
          面白い…。

          特に、一見対照的な二人の女性が主人公の『愛はちょっとだけ』と『涙を飾って』は、女の嫌な部分も、可愛さも満載で、痛快と言うか何と言うか…。

          陰口叩かれるのを、「もっと、もっと言え」と心の中で思えるように、私もなりたい。
          平さんの描く女の持つ毒は、癖になりそうな…。

          「もっと、わたしを」…なかなか深いタイトルだなぁと感心した。

          解説が奥田英朗さんなんて、豪華だなぁと、これまた感心してしまったら、それがもう、毒吐きまくりで、面白すぎ。
          そこまで書いて…いいのかな、奥田さんだし。

          0

            『あなたにもできる悪いこと』平安寿子

            あなたにもできる悪いこと
            あなたにもできる悪いこと
            平 安寿子 2006年 講談社 P.252
            ★★★★★
            檜垣も金が好きだ。心から好きだ。できるだけ楽して、たくさん欲しい。でも、金のためならどこまでも、我を忘れて追っていく執念深さに欠ける。
             金には毒がある。その毒に触れた人間同士で争うと、恨まれ、ねたまれ、うっかりすると殺される。運がよくて、牢獄行きだ。
             檜垣は単純に、それが怖い。小さい空でも自由に飛んで、道端にへばりついて咲くちっぽけな花の蜜を吸って、ヒラヒラヘラヘラ風任せの身軽さを楽しみたい。

            口先ひとつで世渡りをする「スーパーセールスマン」を自認する男、檜垣洋三38歳。

            見た目の良さをウリにして、直に相対した客を、「あるときは立て板に水、あるときは実直篤実風の臨機応変トーク」でたらしこみ、欲深い女どもを相手に、原価率の低い粗悪品を売りつけることに快感を覚え、更なる商品を常に考えている男。

            そんな檜垣が、昔の彼女目当てに出掛けた同窓会で、会社を興したばかりだという同級生、時任からヘッドハンティングされ、とりあえずあやしげな仕事を手伝うことに…。

            ところが、営業一日目にして、時任の秘書の里奈から携帯にかかってきたのは「時任が逃げた」という電話。

            時任の会社への出資金を持ち逃げされてしまったという里奈から呼び出され「セールストーク」の技術を見込まれ、手伝って欲しいと持ちかけられたのは「地道なカツアゲ話」。

            儲けは折半ということで、里奈がセクハラされたという老人の家を訪れ、まんまと口止め料をせしめた二人は、短時間労働で手にした小金に味を占め、「弁護士さんもやくざ屋さんにも頼りたくない小市民のためのトラブル・コーディネーター」と称して、手を組み、次々とカモを見つけては、あくまで内密に「天誅」を加えていくことに…。

            『金が天下を回るから』『ユニオン』『我が善き心に栄えあれ』『神様によろしく』『あなたが選ぶその人は』『カエサルのものはカエサルに』の6編から成る連作短編集。

            「金のある木がそこにあるなら、とりあえず揺すぶってみなければ!
            偽善も保身もかる〜く笑う、平安寿子版・痛快悪漢小説の誕生!」だ、そうな。


            タイトルに反して、あなたにも…は、多分できないな。
            参考にしようかと、ちょこっと思ったけど、私には無理そう。

            でも、確かに警察沙汰にするまでもない、小さなトラブルの解決に介入して、うまくいいくるめて金儲けしてる人は、どこにでもいそうだし、なかなか良い手ではあるなと…。
            それも一種の才能なのかな。

            自分勝手な主人公の檜垣も、相棒の不美人な里奈も、貧相な中年男の時任も、キャラ的にはあんまり魅力を感じなかったけど、なかなか為になる話ではあったかな(騙される側として)。

            運気の良くなるという「イルカをかたどった素焼きの壷」は、もし街角で売ってたら買ってしまいそうだし…。

            0

              1

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>

              読書メーター

              uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

              新刊チェック

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
                uririn
              • 『痺れる』沼田まほかる
                uririn
              • 『絶望ノート』歌野晶午
                uririn
              • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
                いちれん
              • 『痺れる』沼田まほかる
                くり
              • 『絶望ノート』歌野晶午
                智広
              • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
                uririn
              • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
                苗坊
              • 『永遠の0』百田尚樹
                uririn
              • 『永遠の0』百田尚樹
                苗坊

              recent trackback

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              悪人
              悪人 (JUGEMレビュー »)
              吉田 修一
              読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

              recommend

              しずく
              しずく (JUGEMレビュー »)
              西 加奈子
              サイン本買っちゃった。

              recommend

              recommend

              たぶん最後の御挨拶
              たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
              東野 圭吾
              猫なんです…。

              recommend

              recommend

              recommend

              ねこの肉球 完全版
              ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
              荒川 千尋,板東 寛司
              たまらん。

              recommend

              ニャ夢ウェイ
              ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
              松尾 スズキ, 河井 克夫
              たまらん…

              recommend

              recommend

              僕たちの戦争
              僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
              荻原 浩
              とにかくお薦め。

              recommend

              出口のない海
              出口のない海 (JUGEMレビュー »)
              横山 秀夫
              たくさんの人に読んでほしい…

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              みんなのブログポータル JUGEM

              使用素材のHP

              Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

              PR