スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『光』三浦しをん

    光

    三浦 しをん 2008/11/30発行 集英社 ¥1,575 P.297
    ★★★★
     不幸というなら、これのこと。
     求めたものに求められず、求めてもいないものに求められる。よくある、だけどときとして取り返しのつかない、不幸だ。

    東京都とはいうものの、全島民がわずか271名の、小さな、そして自然が残る美しい島、美浜島。

    島で生まれ、島で育ち、この島をどこよりも美しいと誇りに思う信之は、たった一人のクラスメイト、島で一番美しい幼馴染の美花と過ごす特別な夜だけを待ち侘びる、少し大人びた中学生。

    美花からの呼び出しを受け、信之がこっそり家を抜け出しみんなが寝静まった夜、島は突然の大津波に襲われ、全てが波にさらわれた中、生き延びたのは信之と美花、信之を兄のように慕い、信之の後をいつもついて回る、卑屈で卑怯な輔(たすく)、の三人の子どもたちと、ろくでなしの三人の大人たち。

    そして自衛隊による必死の救助活動が続き、避難生活を強いられた子どもたちは、死体の山となったこの島で、重大な罪を犯してしまった。

    それから20年の歳月が過ぎ、慎ましく堅実に、平凡な家庭を築き上げていたはずの信之の前に、突如輔が現れたことから、一つの罪を覆い隠すための、さらなる罪に手を染めることに…。

    「暴力はやってくるのではない。
    帰ってくるのだ。
    理不尽をかいくぐり生きのびた魂に、安息は訪れるのか。
    渾身の最新長篇。」だ、そうで。


    これはまた、なんとも救いのない暗い暗いお話で(こういうのかなり好きだけど)…。

    全て分かっていながら、罪を正当化しようとする醒めきった信之も、性を売り物にして這い上がろうとする美花も、父親の虐待から逃れられない卑屈な輔も、輔の父親も、信之の妻も…登場人物の誰一人として救いようがなくて「光」はどこにも全くなくて、みんながみんな「影」のよう(美花が信之の光だったとはとても思えないし)。

    これほど暗い暗い話だし、津波の後の島の様子も淡々と描かれている分、かえって怖ろしいし、かなり共感できる言葉もたくさんあったのに…なのに、それほどのパンチがないというか(装丁はインパクトあったけど)、今ひとつの「重み」が感じられないのは何でかなと不思議に思えてしまった。

    東野さんの『白夜行』や、重松さんの『疾走』や、宮部さんの『模倣犯』や、吉田さんの『悪人』ような、理不尽に対するどうしようもないやり切れなさというか、怒りというか、苦しみというか、そういうのがあまり伝わってこなかったような…(汚いものが、汚く見えないような感じがするのは、文章が綺麗すぎるのかも)。

    とは言え、求めたものには求められず、求めてもいないものに求められるという不幸、という一節は、かなり心につきささってしまったし(前者の立場でかな)、刑罰が人を救わない、という一文も、かなり強く心に響くものがあったかなと。

    JUGEMテーマ:読書


    0

      『きみはポラリス』三浦しをん

      きみはポラリスAmazonで購入livedoor BOOKS書評/国内純文学
      ★★★★★
      いつも不思議に思うことがある。
      どうして恋に落ちたとき、ひとはそれを恋だとちゃんと把握できるのだろう。
      ……
      言葉で明確に定義できるものでも、形としてこれがそうだと示せるものでもないのに、ひとは生まれながらにして恋を恋だと知っている。
      とても不思議だ。                  〜『私たちがしたこと』〜

      永遠に投函されることのない「彼」への思いを心に綴った「俺」からの手紙…「永遠に完成しない二通の手紙」お題“ラブレター”〜アンソロジー『Love Letter』収録

      子供が生まれてからは妻の愛情がそちらにばかり注がれるようになり、血の繋がった肉親のように妻からの信頼を得たいと願う男が、小学生の時に知った「本気を貫く」ということ…「裏切らないこと」自分お題“禁忌”

      高校を卒業し地元を離れて六年、恋することを止めていた、朋代の高校生の頃の「はじめて」でいまのところ「最後の恋」の相手、黒川君と犯してしまった罪の話…「私たちがしたこと」自分お題“王道”

      高校生の頃はミサの最中に失神してしまうほど、キリストに恋していた少々神がかりの真理子と、親友のエルザ。ある夜様子のおかしくなった真理子がエルザをドライブに誘い、向かった先は…「夜にあふれるもの」自分お題“信仰”

      敬愛していた大学の研究室の「先生」の訃報に愕然とし、誰にも知られぬよう「骨」をこっそり持ち帰った朱鷺子は、毎夜「先生」の骨を慈しみ、見合いの話にも耳を貸さずに…「骨片」お題“あのころの宝もの”〜アンソロジー『あのころの宝もの』収録

      家族三人で仲睦まじく出かけた水族館で、偶然夫の高校時代の後輩「勇次」と出会い、それからは頻繁にマンションを訪ねてくるようになった「勇次」は、夫の留守にもやって来て…「ペーパークラフト」自分お題“三角関係”

      出会って三ヶ月で一緒に暮らしはじめたものの、いまだに「捨松」の職業を知らない「うはね」。ふらりと長期間いなくなってしまうこともある放浪癖を持つ「捨松」の後をつけていく決心をした「うはね」が辿り着いたのは…「森を歩く」お題“結婚して私は貧乏になった〜”アンソロジー『結婚貧乏』収録

      職場の同僚達を見習い、一日中家でパソコンに向かう不健全な同居人「俊明」との生活を甦らせるためにと「ロハス」な生活に目覚めた「さより」。最初は嫌がっていた俊明が、「本物のロハス」を追求し出し…「優雅な生活」自分お題“共同作業”

      老若男女問わず、誰からもモテモテの、かっこよくてスタイルも良くて、そのうえ性格も温厚な、非の打ち所のない「春太」と、「春太」が身も心もひとすじに愛する麻子との物語…「春太の毎日」お題“最後の恋”アンソロジー〜『最後の恋』収録

      いまでもときどき車の後部座席にうずくまって眠るのが好きだという映子が、子供の頃に体験した不思議な「誘拐」の話…「冬の一等星」自分お題“年齢差”

      そしてまたまた最後にBLもの…「永遠に続く手紙の最初の一文」自分お題“初恋”

      「これって恋or愛?いえ、これこそ恋愛そのもの。
      世間の注目も 原稿の注文も「恋愛」のことばかり。なら、とことん書いてみようじゃないの!ということで生まれたただならぬ「恋愛短編集」。
      初恋、禁忌、純愛、結婚、信仰、偏愛、同性愛……本気で恋し、だれかを愛したいなら読むしかない!われらの時代の聖典。
      ひるまず恋し、おそれず愛す。
      直木賞に輝く名手が紡ぐ、11の「恋愛」の形。」だ、そうで。


      「恋愛」をテーマにした短編の依頼が多いという著者の、依頼者からあらかじめ提示されたテーマ(「お題」)と、自分で勝手に設定したテーマ(「自分お題」)に沿って書かれた、ちょっと「いびつ」な何でもありの恋愛短編集、という感じ(BLには、全く興味ないんだけど…)。

      一番好きな「裏切らないこと」に出てくる前園さん夫妻は、もしかして私の理想かも…(少々歪んでるけど、それは別として、決して裏切らない男が欲しいなと、そして自分自身も「本気を貫く」ことができればいいのになと)。

      面白かったのは「優雅な生活」の「ロハス」の考え方。
      そう言えば「ロハス」って奥田さんの「家日和」にも出てきたなぁと…確かに極めれば「生きてることが罪」というのも、日頃から思っていたことなので何だかそういう生活には憧れたりしないかも(玄米御飯は好きだけど…)。

      「私たちがしたこと」と「ペーパークラフト」は、サスペンスタッチで暗くて好きな感じ。(「ペーパークラフト」の後輩が、昔いったい先輩にどんなことをされたのか、それがとても気になるし…)。

      「春太の毎日」は、アンソロジー『最後の恋』で一度読んでいたけど、やっぱり可愛いし、「森を歩く」の「一緒に森を歩きたい」という言葉の意味が面白くて、思わず笑えてしまったかな(男の職業も)。

      最初の一編ですっかりひいてしまって、全部読むのに三ヶ月近くもかかってしまった…。
      多少理解し難いお話もあったけど、「恋」とか「愛」という感情は本当に不思議なものだなと、つくづく考えさせられてしまったかも。

      でもって、つくづく「恋愛」を成就するのは難しいものだなと…、普通に恋愛して普通に結婚してる人たちって、そっちの方が奇跡的な気がしてしまった。
      0

        『風が強く吹いている』三浦しをん

        風が強く吹いている
        風が強く吹いている
        三浦 しをん 2006年 新潮社 P.508
        ★★★★★
        一人ではない。走り出すまでは。
        走りはじめるのを、走り終えて帰ってくるのを、いつでも、いつまでも、待っていてくれる仲間がいる。
        駅伝とは、そういう競技だ。

        家賃がたったの三万円、大学からは歩いて五分の破格の安アパート、九室しかない「竹青荘」の一室に、今年の春、双子が入居してきたことから、「あと一人、あと一人」と幽霊のように唱え始めるようになった、アパートの住人全員の世話役、寛政大学文学部四年の「ハイジ」こと、清瀬灰二。

        住人が十人揃うと、何かが起こる…と、他室の住民達が不安に思い始めた頃、ハイジが一人の新入生、蔵原走(かける)を拾って「青竹荘」に連れて来た。
        訳あって高校の陸上部を退部し、強い陸上部のない寛政大学に入り、それでも走ることは止められず、一人きりで走り続けていた「走」。

        そして走のために開かれた「竹青荘」での、初めて全員が顔を揃えた歓迎会の夜、ハイジの口から、とんでもない発言が…。

        「十人の力を合わせて、スポーツで頂点を取る」と、高らかに宣言したハイジの「うまくいけば、女にモテるし就職にも有利になるだろう」のひと言に食いついたのは、約三名。

        そして残りの六人も、ハイジへの恩義やその他諸々の事情から、陸上経験のある者も、ない者も、果ては運動音痴の漫画オタク「王子」でさえも、渋々ながらも全員で半年後に行われる「箱根駅伝」の予選会を目指して、厳しい練習を開始することに。

        「くだらない」と思いつつも、ハイジの思惑にどんどん嵌っていく、走るために生まれてきたような「走」。

        そして、たびたび行われる記録会ごとに、ぐんぐんタイムを伸ばすメンバー達は、「まさか」の箱根駅伝への出場を果たしてしまい、とうとうその日がやって来て…襷を繋ぐことだけを考える彼ら十人に任された、それぞれの区間での健闘やいかに……。

        猗∈の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。
        「速く」ではなく「強く」。目指せ箱根駅伝!
        超ストレートな大型青春小説 最強の直木賞受賞第一作!瓩澄△修Δ福


        毎年、お正月の二日間、何故か見てしまう「箱根駅伝」。
        何かアクシデントがあればある程、応援したくなってしまい、感動して涙してしまう不思議なスポーツ…。

        「何故そんなに苦しそうなのに走るのか」と、「ただ人が走るのを、何故こんなに食い入るように見てしまうのか」と、いつもいつも、思いつつ。
        でも、人が風を切って走る姿は、やっぱり見ているだけでもとても気持ちがいい。

        そして、ここに出てくる10人の個性豊かなメンバーによって繰り広げられる「箱根駅伝」のシーンは、正月に見ている中継さながらに、スピード感があって、緊張感が伝わってきて、実際に彼ら全員が、あの上ったり下がったりの起伏の激しい悪路を、襷をかけて懸命に走る姿が目に浮かぶような…。このシーンは、圧巻。
        素直に、感動した。

        もちろん、そこに辿りつくまでの練習風景や、「走」の元のチームメイトとの軋轢や、彼ら一人一人の背景が丁寧に描かれていて、名前を見れば、すぐに10人それぞれの顔が浮かんできそうなくらい、ライバル校のキャプテンや、監督兼大家さんも、大家さんの家の「ニラ」に至るまで、キャラクター設定がきちんとされていて、読んでいて「これ誰?」と、混乱することもなく(てっきり佐々木倫子さんの絵だと思ってたけど違った、カバーのイラストもかなり役に立ったかな)。

        「箱根駅伝」の区間決めも、それぞれの性格と持ち味が良く生かされていて、感心してしまう(詳しいことは良く分からないけど、雰囲気的に…)。

        走りの神様に選ばれたかのような人間「走」のように走りたくても、故障を抱え、思うように走れなくなってしまった「ハイジ」の、「走ること」への熱い気持ちも、痛いほど伝わってきて、思わず走り始めてみたくなるような(歳取ってから走りに目覚めた上岡龍太郎さんのように…)。

        「ハイジ」のキャラは、『キャプテン』に出てくる谷口君で、「走」は、五十嵐君のようで…(漫画でしか例えられなくてすみません。これもかなり、好きなので…。)

        個人的にはアイドルタレントのような容姿なのに、運動音痴の「王子」のキャラが一番好きかも(へたれっぽくて)。
        あと、丁寧な日本語を話す、黒人なのに、走りがそんなに速くない留学生の「ムサ」(『はじめの一歩』のオズマみたいな…)も好き。

        悲しいかな、双子と言えば「ザ・たっち」しか浮かばないので、ジョージとジョータはあの二人で想像してしまった(読み終わってから、斉藤家の双子もいたことを思い出したけど、遅かった…)。
        0

          『私が語りはじめた彼は』三浦しをん

          私が語りはじめた彼は
          私が語りはじめた彼は
          三浦 しをん 2004年 新潮社 P.251
          ★★★★★
          だれもが、先生に一番愛されたのは自分だと競いあった。しかし、その答えは結局だれにも解き明かせないまま、先生とともに灰と化してしまった。先生の心に触れられたひとは、はたしていただろうか?

          妻に浮気がばれようが、大学の教え子とでも、人妻であっても、気にすることなく、無邪気に女と遊ぶ大学教授、村川。
          村川のスキャンダルに振り回される助手の三崎から見れば、どう見ても「肝臓を悪くした狸」のような村川が、どうしてそんなにもてるのか、不思議でならない。

          村川の妻は自らを「村川の数ある女の一人」と呼ぶ。
          妻から見た村川は「自分が何をしてきたのかすら理解できずに、ただ夢の世界に遊んでいるようなひと」だと言う。
          そして「村川の魅力は、ある種の女にはたまらないもの」だと。

          村川に妻を寝取られた男は、村川を「哀れで愚かな男」だと言う。

          実の息子は、自分達を捨てて出て行った父の、若くも、とりわけ美人でもない新しい妻を見て、父の「家族」というものは「取り替え可能」なバイクの部品のようなものなのだと言う。

          村川の新しい妻の連れ子だった娘は、大学生になり、家族と離れて暮らして思う「家にはいつもいつも黒い影が差していた」と、母が過去にしたことが、母を脅かしていると。

          村川から「結婚式に行く気になれない」と、断られた実の娘は、父のことを聞かれ「本ばかり読んで、夢見がちで自分勝手な男」だと言う。

          そして村川の死を新聞の訃報欄で知った、村川と訣別していた三崎が、最後に思うのは…。

          それぞれの形で「村川」という一人の男に関わりを持つことになった、複数の男性の視点から語られる『結晶』『残骸』『予言』『水葬』『冷血』『家路』の、6編から成る燹屮潺好謄蝓椰翰小説+現代小説」というアクロバティックな芸を見せる猩∈鄰司埆検


          冒頭に出てくる中国古代の皇帝の話に、まず、ぞっとして、惹きこまれてしまった。

          章が変わる度に、知らない男の人が出てきて(息子以外)、「この人いったい誰?」と思いながら読んで、「ああ、そういう繋がりか…」と納得。

          どう語られても(結局、その人達自身の話になるから)、村川という男が、結局どういう人間だったのかは、良く分からなかったけど、何となく、軽薄で、空虚で、愛すべき価値のない人のような気がしてしまった。
          その時、その時の旬の果実を貪るだけの、研究以外に取り得のない男。

          どうして、みんなこの人に「愛されたい」と渇望したのか…、私には分からない。

          その人たちは、みんなファザコンのような…。

          に、しても女って怖い…。葬式の席ですら、そんなこと考えてるのかと、最後にまたぞっとしてしまった。

          0

            1

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            読書メーター

            uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

            新刊チェック

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
              uririn
            • 『痺れる』沼田まほかる
              uririn
            • 『絶望ノート』歌野晶午
              uririn
            • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
              いちれん
            • 『痺れる』沼田まほかる
              くり
            • 『絶望ノート』歌野晶午
              智広
            • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
              uririn
            • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
              苗坊
            • 『永遠の0』百田尚樹
              uririn
            • 『永遠の0』百田尚樹
              苗坊

            recent trackback

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            悪人
            悪人 (JUGEMレビュー »)
            吉田 修一
            読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

            recommend

            しずく
            しずく (JUGEMレビュー »)
            西 加奈子
            サイン本買っちゃった。

            recommend

            recommend

            たぶん最後の御挨拶
            たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
            東野 圭吾
            猫なんです…。

            recommend

            recommend

            recommend

            ねこの肉球 完全版
            ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
            荒川 千尋,板東 寛司
            たまらん。

            recommend

            ニャ夢ウェイ
            ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
            松尾 スズキ, 河井 克夫
            たまらん…

            recommend

            recommend

            僕たちの戦争
            僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
            荻原 浩
            とにかくお薦め。

            recommend

            出口のない海
            出口のない海 (JUGEMレビュー »)
            横山 秀夫
            たくさんの人に読んでほしい…

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM

            使用素材のHP

            Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

            PR