スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『さよなら渓谷』吉田修一

    さよなら渓谷
    さよなら渓谷
    吉田 修一 2008/6/20発行 新潮社 P.199 ¥1,470
    ★★★★
     でも、私は誰かに許してほしかった。あの夜の若い自分の軽率な行動を、誰かに許してほしかった。でも……、でも、いくら頑張っても、誰も許してくれなかった……。
     私は、私を許してくれる人が欲しかった。

    景勝地として人気の高い渓谷の側にありながら、清流からの涼風が決して届くことのない老朽化した市営団地で、ある夏の日に起きた「幼児殺人事件」。

    大勢のマスコミが見守る中、容疑者として連行された母親の一言で、思わぬところから、15年前の事件について暴き出されることになった、隣家の夫の許されざる過去の「罪」。

    執拗に彼の過去を探り出そうとするジャーナリストが辿り着いた、有り得ない真実。

    そして、事件の「被害者」と「加害者」は、ただひたすら「不幸せ」に生きることを選ぶように――。

    犢せになったら、きっと壊れてしまう。
    どこまでも不幸になるために、私たちは一緒にいなくちゃいけない。
    人の心に潜む「業」を描き切る。『悪人』を凌ぐ最新長篇。瓩澄△修Δ如


    「『悪人』を凌ぐ――」かどうかは、読み手の好き嫌いかもしれない(私には『悪人』の方が断然上と思える)けど、これはこれで『悪人』同様、テーマが重くてなかなか考えさせられるところがあって…。

    過去にあった色んな事件の寄せ集めみたいなので、こう描くのか…と(多少二つの事件の繋がりが強引な気もしないでもないけど)。

    隣家の夫(?)の過去の事件は、被害者も確かにこういう目で見られるだろうなと、想像はつくし、加害者たちに至っても、それぞれに違う人生を歩んでて、でも結局は金の力かよ…と悲しくなるけど、現実はこうなんだろうなと思えるし。

    ただ、「男の強さ」と「女の弱さ」というか、何かそっち側にいないと…みたいな描写は、ちょっと私には(女だからか)理解しにくいし、こういう犯罪は本当に嫌だなと。

    なので、こんなことって有り得ないとは思うけど、最後に何となく納得させられてしまうところが、小説の凄さというか、小説だからこそというか…。

    事件そのものは許せないのに、最後の「出会えなかった人生と、出会えた人生」どちらを選ぶかという問いに、ちょっと心が揺さぶられてしまったし。

    そして何より、「ただ幸せになりたい」と願いながらも、それを得られない人たちの孤独を描いた『悪人』と、「幸せになってはいけない」(と、考える)この二人が「幸せ」になってしまいそうという、なんとも皮肉な対比が何となく面白いかもと。

    『悪人』の中の「これまで寂しいと思ったことはなかった。寂しいというのがどういうものなのか分かっていなかった。ただ、あの夜を境に、今、寂しくて仕方がない。寂しさというのは、自分の話を誰かに聞いてもらいたいと切望する気持ちなのかもしれないと祐一は思う。これまでは誰かに伝えたい自分の話などなかったのだ。でも、今の自分にはそれがあった。伝える誰かに出会いたかった。」という部分がすごく良く分かる気がして、とても好きだけど、こちらの「私は、私を許してくれる人が欲しかった」というのも、何だか良く分かる。

    人との出会いって、どこでどうなるか分からなくて、本当に複雑で難しいものだなと、つくづく。

    JUGEMテーマ:読書


    0

      『静かな爆弾』吉田修一

      静かな爆弾
      静かな爆弾
      吉田 修一 2008/2/25発行 中央公論新社 P.199 ¥1,365
      ★★★★★
       何がどうなろうとしているのか分かっていたのに、楽観的な気持ちのほうを信じて、声を上げなかったのは誰か。
       大丈夫だと思う気持ちはどこからくるのか。
       大丈夫だと思いたい気持ちはどこからくるのか。
       大丈夫だと思えない気持ちは、いったいどこへ行ってしまったのか。

      公園での偶然の二度の出会いから、思い切って彼女をファーストフードの店に誘い、いつしか週末を一緒に過ごすようになった、テレビ局に勤める俊平と、耳の不自由な響子。

      響子と一緒に暮らしたいと考え、実家の両親にも響子を紹介し、響子の気持ちをよそに、両親に温かく迎え入れられたことに安堵する俊平。

      そして希望の部署から異動を命じられ、腐っていた俊平の身に、突然歴史的な事件を追うという仕事上でのチャンスが訪れ、多忙になったことから、二人の気持ちはすれ違ってしまうように…。

      「出会いは突然で、言葉にならない緊張のなか、出会った彼女は彼の心へしっかりと刻まれた。過ぎ行く日々に翻弄されながら保たれる絆。恋愛小説の新境地を切り開く意欲作。」だ、そうで。


      とにかく『悪人』に惚れこんでしまったもので、あの興奮をもう一度…と思ったら、ちょっと肩透かしをくってしまった感じ(決して悪くはないけど、期待しすぎてしまった分、ページ数の少なさに、がっかりしてしまったと言うか、そう言えば、もともとはこういうイメージだったなと)。

      俊平の気持ちは『君の手がささやいている』の旦那さんも、そんなことしょっちゅう感じてたなぁと、あのドラマがとても好きだったので、懐かしくてしみじみしてしまった(『星の金貨』も好きだったし)。

      「それまで知っていた世界では、交わす言葉がないということは、用がないということを意味していたし、用がないのに一緒にいるのは不自然だった。…」という俊平の言葉は、以前の私もそう思っていたし、まさに私も最近感じていたことで(私の場合は、以前の教訓を胸に余計なことをしゃべらんようにと自分を戒めて、敢えて話さないようにしてる部分もあるけど)。

      なので、会話なんてなくても、用なんてなくても、側にいたいと思う気持ちは、今ならとても良くわかる(そもそも男の人と、話したい内容なんて、そうそう私にはなくて、無理に会話をしようと思うとしんどくなるので、話さなくていいなら、その方が楽チンだし…普通のカップルって、みんな何話してるんだろうとかえって不思議かも…)。

      付き合って半年が過ぎて、彼女の何を知っているのか…と考える俊平の気持ちは良く分かるけど、すれ違い方が普通すぎるというか、この設定でなくても、そうなってしまうような。

      駅での見送りのシーンは、痛いほどよく分かるし…。

      途中、これが妻であれば仕事を休んでも探すのか、彼女だからこうして普通に出勤しているのか…みたいな文章があったけど、その違いって何だろう?とふと疑問に思えてしまったような(妻なら…というのは、体裁が大事ということなのかな?そこら辺はリアルというか、何というか)。

      ラストはちょっと「あれれ?」という感じ(彼女の気持ちがわからなすぎて…)。

      そして、俊平の追っかける歴史的事件の方の緊迫感が、私が無知すぎるせいで、あまりピンとこなかったのが若干読んでいて、なんだか申し訳ないなと思わされてしまった。

      ただ、そんな私でも、冒頭の引用部分の言葉は、結構考えさせられてしまったかな。
      「根拠なしポジティブ」というか…。

      JUGEMテーマ:読書
      0

        『悪人』吉田修一

        悪人
        悪人
        吉田 修一 2007/4/30発行 朝日新聞社 P.420 ¥1,890
        ★★★★★
         これまで寂しいと思ったことはなかった。寂しいというのがどういうものなのか分かっていなかった。ただ、あの夜を境に、今、寂しくて仕方がない。寂しさというのは、自分の話を誰かに聞いてもらいたいと切望する気持ちなのかもしれないと祐一は思う。これまでは誰かに伝えたい自分の話などなかったのだ。でも、今の自分にはそれがあった。伝える誰かに出会いたかった。

        九州の県境にある、遠い昔に見捨てられたような寂れた峠道、三瀬峠で発見された若い女性の絞殺死体。
        久留米で理髪店を営む両親の元を離れ、福岡市内のアパートで一人暮らしをしていた彼女の元気な姿を最後に見たのは、保険会社の同僚の二人。

        その夜、彼女は二人と食事を共にした後、彼氏に会う予定があるのだと話していたという。
        けれど、実際に待ち合わせ場所で彼女を待っていた相手は、出会い系サイトで知り合った、長崎市の郊外に住む土木作業員の孤独な青年、27歳の祐一。

        同僚たちの証言から、真っ先に捜査線上に浮かび上がった、殺された女の彼氏らしき大学生は、依然として行方不明のまま…。

        テレビのワイドショーも、世間の目も、誰もがその大学生を容疑者扱いして疑わないなか、出会い系サイトで知り合った男たちの証言から、殺された女の、素人娼婦のような実態が明らかとなり、携帯に履歴の残っていた祐一にも、捜査の手が伸び……。

        「幸せになりたかった。ただそれだけを願っていた。
        保険外交員の女が殺害された。
        捜査線上に浮かぶ男。
        なぜ、事件は起きたのか?
        なぜ、二人は逃げ続けるのか?
        そして、悪人とはいったい誰なのか?
        新聞連載小説とはかくも面白いものだったのか!
        デビューから十年。吉田修一は作家として何と大きく飛躍したことだろう!(浅田彰)」だ、そうで。


        これは凄い!!!!
        今年読んだ中(て、まだ4月だけど)で、一番面白い!かも。
        東野さんの『白夜行』や、宮部さんの『模倣犯』や、重松さんの『疾走』を読んだ時以来の衝撃を受けてしまったし、またこんな小説に出会えたことが、嬉しくてたまらなくて涙出そうなくらい(こういうの、本当に好き)。

        どちらかと言えば、吉田さん、ちょっと軽く見てた節もあるので、この本の持つ荒々しさと繊細さと、重苦しさ…全てに脱帽してしまった(これまでの無礼をお許し下さい、という感じで)。

        両親に溺愛され、何不自由なく育ったはずの年頃の娘が、何故殺害されるに至り、こんな寂しい峠道に打ち捨てられたのか…、そして犯人である男は、何に失望し、何を渇望し続けていたのか…、それぞれにある背景や丁寧に書き込まれた人物描写は、まさに圧巻。

        出会ってはいけなかった二人の「間違った出会い」が引き起こす悲劇と、出会うべくして出会ってしまった二人の「運命の出会い」による悲劇。

        もし、順序が逆なら…と、心底同情してしまったし、無口で不器用な祐一が、ものすごく好みのタイプだったので(もしかして、すけべなだけの男かもと思えなくもないけど、多分そうする以外の愛情表現知らないんだろうと…)、読んでいて、擬似恋愛してしまった(私も、一緒に逃げたかった…と)。

        こんなに激しく人から求められたいし、これほどまでに強く自分を必要とされたい(と、思えてしまう私も、かなり今孤独なのかな…)。

        人によっては重いとか、ダサいとか暗いとか、受け止め方は違うと思うけど、私が今一番欲してるものは、実はそういうものなんだと気付かされてしまったのかも(ただ、少しの時間でも会いたいからと、何時間もかけて車をすっ飛ばして来てくれるような「熱情」というか…そういうの、もう何年もないから、羨ましいなぁと)。

        タイトルの「悪人」…とは誰のことなのか(私の中では、三人いるけど)。
        でも、みんなみんな孤独すぎて、悲しくて辛くて泣きたくなるような、そんなお話。
        0

          『初恋温泉』吉田修一

          初恋温泉
          初恋温泉
          吉田 修一 2006年 集英社 P.204
          ★★★★
          思い描いたとおりの生活を、やっと手に入れたはずなのに、一番そこにいてほしい女がいない。まるでパネルをずらして揃えるパズルのように、どうしても一箇所だけ隙間ができる。隙間があるから動かせたのに、隙間があっては完成しない。〜『初恋温泉』より〜

          前の晩、唐突に妻から別れを切り出された夫婦が泊まる熱海の「蓬莱」
          高校時代の同級生だった妻に、自分の成功した姿を見せたいがため、がむしゃらに働いてきたというのに…『初恋温泉』

          お互いに話が尽きることなく、一緒にいる間中喋り続ける「脇役」夫婦が泊まる青森県の「青荷温泉」
          「雪の中の一軒宿」として有名な旅館の離れに、もう一組のカップルと、襖一枚隔てて泊まることになった二人は、あまりにも静かな隣の部屋が気に掛かり…『白雪温泉』

          妻に出張と嘘をつき、夫が泊まろうとしている京都の「祗園畑中」
          旅先にかかってきた、何も知らないはずの妻からの電話。
          妻はなかなか電話を切ろうとせず、同じ話題を繰り返し…『ためらいの湯』

          保険のセールスで常にトップを守り続けてきた男が、一人で泊まることになった那須塩原の「二期倶楽部」
          忙しい合間に休みを取り、せっかく予約の取れた宿なのに、妻は「先に延ばせないか」と言い出し…『風来温泉』

          夏休みのバイト代で、初めての温泉旅行に彼女を誘った高校生が泊まる、黒川の「南城苑」
          学校でも、家族にも、公認のカップルではあるものの…『純情温泉』

          『二人が二人でいれる場所…。都会に生きる男女の憂鬱や倦怠感を鋭く捉える著者が「温泉に宿泊する男女」というテーマで描く五組の男女の物語。』だ、そう。


          ここに登場する温泉旅館は、どこも実在しているようで(一応それぞれリンク貼ってみました)「ランプの宿」には、友達が「今度はここに行こう」と、昔言っていたのを思い出した。
          なかなか予約が取れないとかで、結局、そのときの話は流れてしまったけど、どないしてでも行っておけば良かった、と後悔するくらい、この話に出てくる「ランプの宿」にそそられる(他にも、行きたくなったとこあったけど、特に、ここ)。

          「ランプの宿」の話に出てくるカップルを見てて、昔むかしの篠田三郎と、島田陽子のドラマを思い出して、涙が出そうになった(かなり古いけど、知ってる人は知っていると思う…)。

          温泉旅行って響きが、なんだかものすごく親密な感じがして、私は、本当に気の許せる相手としか絶対行けないなと思う。
          なので、若い頃、毎年GWに一緒に温泉旅行に出かけてた友達が結婚してからは行ってないなぁと、しみじみ…。

          私たちが女同士で温泉につかって、あほな話ばかりして騒いで周りに迷惑かけてた頃、周りではこういう男女のドラマがあったのかな、とも(自分にはないところが、ちょっと淋しい…)。

          温泉地での、微妙な男女の心の動きが、すごく面白い。

          『純情温泉』の、高校生の男の子の「温泉旅館」に来る理由が、ストレートすぎて微笑ましい。
          そりゃそーだろうと、私も思う(まあ、歳取ればまた違ってくるんだけど…)。

          最後を、まだまだこれから紆余曲折があるだろう、若い二人に託されたようで、でも一話目に戻ると「大人になれば、こうなってしまうのよ」と、現実に戻されるというか…。
          なかなか構成が良く出来てるなぁと感心してしまった。

          理想の温泉といえば、できれば、雪に囲まれた露天風呂(寒すぎるかな)で、お猿さんと一緒に…というのが夢だけど。

          0

            『女たちは二度遊ぶ』吉田修一

            女たちは二度遊ぶ
            女たちは二度遊ぶ
            吉田 修一 2006年 角川書店 P.224
            ★★★★★
            「…自分では、女の愛し方も知っていると思いますし、愛され方も知っているような気がします。ただ、いくら知っていても、これまでうまくいったことがありません。」
            「それは知らないということではないですか?」
            「いいえ、知っていると思います」
            「しかし、本当に知っていれば、うまくいくのではないですか?」
            「いいえ…」              〜『十一人目の女』より〜

            「雨が止むまでいれば」の一言から、「ぼく」の部屋に居続ける、何もしない女。
            「ぼく」が、バイトを終え、食べ物を買って帰るまで、何も食べずにお腹をすかせて待つ女を試してみることにした、フリーターの「ぼく」…『どしゃぶりの女』

            二ヶ月ほど前、公衆電話の順番待ちの列で「ぼく」の前に電話を使っていた女。
            偶然、中途入社で「ぼく」の会社に入社してきたその女に「以前見かけたことがある」と話すと、何やら考え込む様子で…『公衆電話の女』

            飲み屋で酔って絡んできた女。
            ホテルに行くにも持ち合わせがなく、ついつい便利なカードに手を出してしまった失業中の「ぼく」…『自己破産の女』

            今思い出すと「なんであんな女と…」と思う、十数年前の女。
            彼女の父親の営む自動車修理工場で、いつの間にやら働かされていた大学生の「ぼく」…『殺したい女』

            遊び半分で友達と、駅から家まで後をつけた女。
            再び電車で女を見かけ、思い切って声をかけてみる大学生の「ぼく」…『夢の女』

            デートのお金も、旅行のお金も払ってくれる気前のいい、デパート勤めの女。
            失恋して間もない「ぼく」は、彼女の問いに、きっぱりと「ふっきれた」とは言ったものの…『平日公休の女』

            とにかくよく泣く女。
            パチンコで生計を立てる失業中の「ぼく」は、女が妊娠したことを知り、友達にあることを頼む…『泣かない女』

            「子供のような大人」だった中学生の頃の「ぼく」が、デートをした女の子。
            隣町で電車を降り、とりとめもなく歩き、唐突に「結婚したら、どこに住む?」と聞いてきた彼女…『最初の妻』

            大学生の頃、バイト先で知り合った、タレント志望の女。
            バイトを辞めてから、何気なく見ていたテレビに彼女が映り、最初は驚いた「ぼく」だが…『CMの女』

            警察署で出会った男と女。
            出会って間もなく、男のアパートで一緒に暮らし始め、人が変わってしまった女。
            半年後、女から別れを切り出された男は…『十一人目の女』

            ようやく潜り込めた会社で、面接の際の咄嗟についた嘘を、見逃してくれた女。
            美人でもなく、愛想もない彼女にいつも怒鳴られていた、契約社員の「ぼく」。
            お互い一人で過ごす昼休み、公園で偶然出会ってしまい「何かやりたいことがあるなら、やってみれば」と言われた「ぼく」は…『ゴシップ雑誌を読む女』

            「女の生態と男の心理をリアルに描く、著者会心のイレブンズ・ストーリーズ。
            甘く、ときに苦く哀しい、狷本の美しい女たち瓧隠運佑諒語。」だ、そうな。


            何となく、ぱっとしない男が、ぐだぐだしているような話が多かった。
            殆どが、大学生の頃とか、失業中とかの、過去の話を振り返ってるような、そして大切なものを失ったというか…(男の方が、女々しいっていうし…)。

            思わず、自分の過去と重なって、ドキッとした。
            もしかしたら「あるある」と思えたのは、うまくいかなかった恋の話が多かったからかな(でも、うまくいく、いかないって何だろう?結婚するとか、しないとか…「少女A」の歌詞みたいな…)。

            これ、女の人側の話を読んでみたいと、すごく思ってしまう。
            その当時、この男たちと付き合って、どう思ったのか、そして今、どうしているのか…。

            多分、こんな男たちのことなんか、すっかり忘れて、そこそこ幸せに暮らしてそうな気がする。

            そうなっていてくれればいいなぁという、願望かもしんないけど。
            0

              『日曜日たち』吉田修一

              日曜日たち
              日曜日たち
              吉田 修一 2006年 講談社文庫 P.207
              ★★★★★
              たとえば、誰かに親切にしてやりたいと思う。でも、してくれなくて結構だ、と相手は言う。だったら仕方がないと諦める。考えてみれば、ずっとそうやって、自分の思いをどこかで諦めてきたような気が田端はした……
              相手のためだと思いながら、結局、自分のためにいつも引き下がっていたのだ、と。                    『日曜日の運勢』より

              アパートのキッチンを長年クローゼットがわりに使っていた男は、キッチンを本来の姿に戻し、自炊をはじめた。
              日曜の深夜、所帯じみたゴミを出しに行く途中のエレベーターで、キッチンを元に戻すきっかけとなった、過去の彼女を振り返る…『日曜日のエレベーター』

              日曜日の夜、眠りにつく前にかかってきた女友達からの電話。
              その内容に、一人でいるのが怖くなった女は、彼氏のアパートへとタクシーを走らせる…『日曜日の被害者』

              結婚式に出席するため、九州から上京してきた父親は、東京で一人暮らしをしている息子のアパートに泊めてもらうことに。
              突然「東京見物」がしたいと言い出した父と、二人で人ごみの中へと出かけるのだが…『日曜日の新郎たち』

              近寄ってくるのは、みんながみんな「地獄からの使者か」と言いたくなるような女たちばかりだったという、女に人生を狂わされ続けてきた男。
              有名大学を出て、今は銀座のクラブのボーイをしている男が、店のママからマネージャーにならないかと打診され…『日曜日の運勢』

              派遣で働く女は、一緒に暮らしていた男の日に日にエスカレートしていく暴力に耐えかねて、自立支援センターへと逃げ込んだ。
              そこには幼い兄弟の先客が…『日曜日たち』

              「ありふれた『日曜日』。だが、5人の若者にとっては、特別な日曜日だった。都会の喧騒と鬱屈した毎日のなかで、疲れながら、もがきながらも生きていく男女の姿を描いた5つのストーリー。」だ、そう。


              どの話に出てくる人のことも何となく、わかる。

              『日曜日のエレベーター』の主人公の、自分が食べている姿を見られるのが嫌で、人と一緒に食事をするのが苦手と言うのも、『日曜日の被害者』の友達の話も…やっぱり、それほどに諦めの年齢なのか、とも…複雑だけど。

              なかでも『日曜日の新郎』の、父親と息子の話は心に沁みた。
              妻に先立たれた父親の「忘れようとすれば、するほど…」という台詞も、重くて。
              それまで何一つ自分でしなかった父親が、服をたたんだり、掃除をしている姿も…。

              5人の過去は、それぞれにある幼い兄弟によって繋がっていて、みんな一様に、兄弟に対してはとても親切で(二番目の女以外)…。

              それ以上何もできないと思う女は、幼い兄弟のこれからを憂い「自分でさえどうにもならなかったこの街で、いったい何ができるというのか、いったい誰が何をしてくれるというのか。」と嘆く。

              だけど、幼い兄弟の姿は、みんなに何がしかの思いを残し、兄弟たちの心にも…そして、いつか兄弟達も、誰かに優しくしていそう。

              最後の『日曜日たち』に出てくる男には、いつか痛い目に遭ってもらいたいけど。

              0

                1

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << March 2017 >>

                読書メーター

                uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

                新刊チェック

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
                  uririn
                • 『痺れる』沼田まほかる
                  uririn
                • 『絶望ノート』歌野晶午
                  uririn
                • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
                  いちれん
                • 『痺れる』沼田まほかる
                  くり
                • 『絶望ノート』歌野晶午
                  智広
                • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
                  uririn
                • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
                  苗坊
                • 『永遠の0』百田尚樹
                  uririn
                • 『永遠の0』百田尚樹
                  苗坊

                recent trackback

                recommend

                recommend

                recommend

                recommend

                recommend

                recommend

                悪人
                悪人 (JUGEMレビュー »)
                吉田 修一
                読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

                recommend

                しずく
                しずく (JUGEMレビュー »)
                西 加奈子
                サイン本買っちゃった。

                recommend

                recommend

                たぶん最後の御挨拶
                たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
                東野 圭吾
                猫なんです…。

                recommend

                recommend

                recommend

                ねこの肉球 完全版
                ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
                荒川 千尋,板東 寛司
                たまらん。

                recommend

                ニャ夢ウェイ
                ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
                松尾 スズキ, 河井 克夫
                たまらん…

                recommend

                recommend

                僕たちの戦争
                僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
                荻原 浩
                とにかくお薦め。

                recommend

                出口のない海
                出口のない海 (JUGEMレビュー »)
                横山 秀夫
                たくさんの人に読んでほしい…

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                みんなのブログポータル JUGEM

                使用素材のHP

                Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                PR