スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『弥勒の掌』我孫子武丸

    弥勒の掌
    弥勒の掌
    我孫子 武丸 2005/4/25発行 文藝春秋 P.265 ¥1,850
    ★★★★★
    妻の家出。これがこの三年、待ち続けていたカタストロフィなのだろうか。こんなあっけない幕切れが。
     もちろんそうではなかった。これは幕切れではなく始まりに過ぎなかったのだ。

    三年間の冷え切った夫婦生活の末に、突然マンションから姿を消してしまった妻。
    身に覚えがあるが故に、妻の行方を捜そうともしない夫、高校の数学教師、辻。

    第三者の通報によって、妻の不在を警察に知られることとなり、ようやく妻の捜索願を出し、自身の疑いを晴らすため、妻の行方を捜すことにした辻は、妻がある新興宗教団体に関与していた事実をつきとめ、《救いの御手》の門を叩く。

    一方、大切に可愛がっていた妻を、ラブホテルの一室で何者かに殺害されてしまったベテラン刑事、蛯原もまた、妻の隠し持っていた弥勒像から《救いの御手》に疑いを持ち、復讐心を抑えきれずに単独乗り込むことに…。

    《救いの御手》に潜入し、妻の居場所を探ろうとする辻、組織を使って《救いの御手》の過去を暴き、妻を殺害した犯人を探し出そうとする蛯原。

    そうして《救いの御手》を介して、偶然にも出遭ってしまった二人の男達は、お互いの境遇を知り、ともに手を組み、妻達が消えてしまった真実を知ろうとするのだが…。

    「新本格の雄が実に13年ぶり(!)に書き下ろしたミステリ長篇は、綿密な警察取材を踏まえた本格捜査小説です。待ち受けるのは唖然呆然、驚天動地の大破局!」だ、そうで。


    ずいぶん前に、新聞に掲載されていた我孫子さんのインタビュー記事で、この本のことを知ってから、結構読むの楽しみにしてたんだけど…。

    なんだかこの最後の「めでたし、めでたし」みたいな締めくくりが、ものすごく後味が悪い。

    高校教師の辻の、妻に対して、自分のしたことを棚に上げて「愛しているならそれくらいのこと…」というのも腹が立ったけど、刑事の蛯原の妻に対する愛情の勘違いさにも、結構腹が立ってしまったかも。

    何かこの二人は、風体は異なるものの、根っこは一緒だな…と。

    なので、読んでる間中、むかむかしっ放しで、どうでもいいような話だったけど、『殺戮にいたる病』のような最後を期待して、どうにか我慢して最後まで読んで、最後に「…。」という感じ(まあ、唖然呆然には違いないかもだけど)。

    妻たちは、このあほな男たちを一体どう思っていたの????という疑問だけが残ってしまった。

    まあ『弥勒の掌』のタイトルには、なんとなく納得させられたんだけど。
    0

      『殺戮にいたる病』我孫子武丸

      殺戮にいたる病
      殺戮にいたる病
      我孫子 武丸 1996年 講談社文庫
      ★★★★★
      何故俺だけがこんな目にあわなければいけないのだろう。頭がからっぽで、真の愛のなんたるかも知らないような連中は能天気に生きているというのに、この俺は、愛に目覚めてしまったがゆえにこんな苦しみを味わわなければいけない。不公平だ。俺はこうして、いつまでもいつまでも永遠に愛を失い続けなければならないのだろうか。

      「……本当に、お前が殺したのか?」
      つい、囁きかけた警官に、ごく自然に「そうです」と答えた殺人犯の名は、蒲生稔。

      自分には性欲がないのだとばかり思っていた稔は、ある時、大学近くで見かけた一人の女性に、かつてないほどの欲望を感じ、ホテルに連れ込み、絞殺してしまう。
      そして、その後の行為によって、稔は真実の愛に初めて目覚めてしまった。

      稔の行為は次第にエスカレートしていき、ある夜、失恋したばかりだという女性と意気投合し、彼女もまた、彼の真実の愛の犠牲となる。

      彼女が、失恋したという相手は元警部の樋口。
      捜査の目は、彼女が最後に会っていたという樋口に向けられた。
      彼女の気持ちに応えてやれなかったという贖罪の思いから、この連続猟奇殺人の犯人を捜すことになった樋口。
      敢て自ら囮を買って出る、殺された被害者とそっくりの妹と共に…。

      そして、事件を知り、自分の息子に疑いの目を向け始めた母親。
      母親は、常日頃から、息子の部屋のゴミ箱まで漁り、息子に変な兆候がないかと、注意をしていた。
      そんな息子の部屋で見つけたのは、ビニール袋に入ったあるもの…。

      稔、母親、樋口、三人の視点から全ての事件の全貌が語られ、そして最後に警官が目にする光景…。


      ブログを参考に本を探し始めて、最初の頃に目に付いた本。
      とにかく、その時が来るのを、わくわくしながら、かなりなエログロ描写に何度も「うっ」となりつつ、一気に読んで、そして…。
      「ふーん、なるへそ」という感じ。

      前知識があったからなのか、似たようなのを先に読んでたからなのか、はたまた期待しすぎたからなのか…。
      こっちが先ならもっと…だったのかな。
      まあ、あのときの光景は、想像するとかなりおぞましいけど…。

      「かまいたち」の人なのか〜、という感慨と、そうか、この頃あんな事件があったのか…という思いと、何故あの歌が?という疑問が残った。

      天童さんのサイコホラー「孤独の歌声」の犯人も、何故か似たような歌、聴くのが好きだったんだけど(同じ歌かな?)歌ってる本人は、嬉しくないだろうなぁ…と、気の毒になってしまった。

      0

        1

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR