スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『春の魔法のおすそわけ』西澤保彦

    春の魔法のおすそわけ
    春の魔法のおすそわけ
    西澤 保彦 2006年 中央公論社 P.271
    ★★★★★
     要するにあたし、ひとりぼっちなんだ。……
    このままどんどん歳をとって。老いさらばえて。都会の片隅で、ひとりぼっちのまま死んじゃうんだ。
     なんて、むなしい。こんなむなしい末路のために、これまで一生懸命、生きてきたのだろうか、あたしは?
     なんのために。
     この苦しみは、寂しさは、虚しさは、いったい、なんのため?
     答えてくれる者はいない。誰も。

    記憶を失うまで飲み続け、酔っ払ったまま電車に乗り込み、二日酔いで意識の朦朧とした朝を迎え、気づけば武道館へと続く道を歩いていたという売れない女流作家、もうすぐ45歳の誕生日を迎える鈴木小夜子。

    こみ上げる嘔吐感に堪えきれずに道ばたでリバースしてしまい、何か口を拭う物をと、持っていたバッグをまさぐり、そこで初めて自分の物ではないことに気づき、バッグの中を見て愕然とし、コンビニのトイレにかけこみ、中身を確認してみると、そこには札束が20束。

    取り敢えず、そのまま出るのも気がひけ、札束から一枚抜き取り、ビールと日本酒を買い込み迎え酒を決め込んで、千鳥ヶ淵公園へと向かう途中、入学式へと向かう親子連れの団体に出会い、はたと昨夜の記憶が蘇り、ひとりぼっちの寂しさに押しつぶされそうになった小夜子は、2000万をネコババすることに。

    そしてすっかり「ご乱心」してしまった小夜子は、何を血迷ったか、公園のベンチにたたずむ美青年に思わず「きみ、いくらなの?」と声をかけ、バッグの中身と交換に……

    「『ある朝、わたしは、すべてが嫌になりました』
    ちょっとミステリアスで、あたたかくて、思わず涙する 
    ヤケな女流作家と謎の青年の不思議な出会い
    あたたかく、美しい再生の朝を――女はいつでも、手に入れることができるんです」だ、そう。


    なんともまあ、羨ましくなる「夢」のようなお話で…。
    小夜子さんの飲みっぷりは、酒飲みの私でも、読んでて少々気持ち悪くなるほどだけど、酔いから醒めて理性を取り戻せば、ご乱心できなくなるから飲み続けるというのも分かるかな(いや、でも、ここまではちょっと…)。

    小夜子の申し出をやすやすと受け入れる美青年の「謎」が解き明かされれば「なーんだ」なんだけど、それでもちょっと切なくなる(いや、これも羨ましい)。

    色気のある話なんだか、ない話なんだか良くわからなかったけど、読み終わった後は何故か「私ももう一度、頑張ってみようかな…」と思えたような。

    にしても、主人公の小夜子さん、もう少し身奇麗にしててほしかったかな(これからその年代を迎える身として、ちょっと許せないかも)。

    0

      『七回死んだ男』西澤保彦

      七回死んだ男
      七回死んだ男
      西澤 保彦 1998年 講談社文庫
      ★★★★★
      殺人事件――そのひと言はしかし他の者たちとは全然違った意味と衝撃を僕にもたらしていた。そんなことが起こる筈がない。あってはならないことだと。何だ。それでは他の者たちの言い種とまったく同じではないか、とは言わないで欲しい。僕が言う、そんなことが起こる筈がない、とは単なるレトリックではなく文字通りの意味なのだ。
      主人公、大場久太郎は有名進学校に通う、16歳の高校一年生。
      本当は「ひさたろう」なのに、みんなは彼を「キュータロー」「オバキュー」と呼ぶ。

      決して頭が良いわけではないのに、有名進学校に合格できたのは、ひとえに彼の「反復落とし穴」に落っこちるという不思議な体質のおかげである。
      久太郎は、どういうわけか、同じ日を9回まで繰り返すことができる。
      月に何度か、そういう日が訪れてしまう。

      たまたま入試の日が「反復落とし穴」の日に当たったために、同じ試験を9回も受けることができ、結果、全教科満点で合格という、創立以来の快挙を成し遂げてしまった。

      そんな特異体質の久太郎の祖父は、貧乏のどん底から、ギャンブルによって、財を成した「エッジアップ・レストラン・チェーングループ」の会長である。
      毎年恒例の祖父宅で行われる親族一同が会する新年会の後、祖父は、遺産相続人となる跡継ぎを遺言状に新たに書き記すことになっている。

      後継者候補は、ある方法で決められ、毎年異なる人物が選ばれていた。
      しかし、それも今年が最後。
      祖父が、今年決定された後継者が、最終決定なのだと高らかに宣言してしまったのだ。

      その翌日、久太郎はいつもの「反復落とし穴」に落っこちるのだが、一日目の祖父との酒盛りの後の、あまりにひどい二日酔いに嫌気が差し「反復落とし穴」の二日目に、一日目とは違う行動を取ってしまった。
      その結果、一日目には生きていたはずの祖父が「反復落とし穴」の二日目には殺されるという、とんでもない事件が起きてしまう。

      久太郎は何とか、二日酔いにならずに済むように、犯人と疑わしき人物を、祖父から遠ざけるよう画策するのだが、何回修正を繰り返しても、やはり祖父は殺されてしまう。
      しかも犯人は、その都度違う人物。

      いったい誰をどうすれば祖父が生きたまま、無事に新しい翌日を迎えることができるのか……。


      無茶苦茶な設定だけど、その無茶苦茶さが面白かった。
      会話も面白くて、テンポが良くて、さくさく読めてしまう。

      みんなが、祖父宅に足を踏み入れる前に、着用を義務付けられているへんてこな格好も、久太郎の母親と叔母の人物設定も、すごくユニークで…。
      久太郎の二人の性格の異なる兄の性格も、従姉妹たちの性格も、意外や意外…。

      そして、最後の最後に、明かされる真相も。
      「なるほど」と唸らされてしまった。(て、言うか私が、全く何も考えずに読んでただけなのかもしれないけど…)

      に、しても、例えリセットされるとは言え、七回も別の人物に殺されてしまうおじいちゃんが気の毒で、気の毒で…。
      二日酔いぐらい我慢してあげてよ、と途中で思ってしまった。

      0

        1

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR