スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『パパとムスメの7日間』五十嵐貴久

    パパとムスメの7日間
    パパとムスメの7日間
    五十嵐 貴久 2006年 朝日新聞社 P.368
    ★★★★
     会社って深いな、とあたしは感心してた。そうだよね、誰だって責任なんか取りたくない。あたしだって、ゼッタイ嫌だ。メンドくさいこと大嫌いだもん。
     あれ? だけど、それって女子高生のリクツだよね。中学とか高校はそれで済むかもしんないけど、会社も同じなの? 会社の都合ばかり言って、客とかはどうでもいいわけ?

    高校受験が終わってから、会話のなくなってしまった47歳のパパと16歳の今どきの高校生のムスメ、小梅。

    小梅からすれば、ただ「パパと話してもしょうがない。てゆうか、うざい。」だけなのだが、ムスメに負い目を感じるパパは、「年頃の娘なんて、こんなもんだ」と分かってはいても、何とかムスメとの関係を修復したいと考えている。

    そんなパパと小梅がある時事故に巻き込まれ、運び込まれた病院のベッドで目覚めると、二人の人格が入れ替わっていて…。

    取り敢えず、その週末にそれぞれ大事な用事を抱えていたパパと小梅は、二人で話し合った結果、誰にも相談せず、医者にも内緒にして、元に戻るまで、パパが小梅として、小梅がパパとして、それぞれの生活を送ることにした。

    そして、ずっと憧れていた先輩との、やっとの思いでこぎつけた初デートを目前に控えた小梅は、嫌がるパパを説得(半ば脅迫)し、しぶしぶ了解させ、デートの待ち合わせ場所へと向かわせる。

    16歳で男と交際なんて…と面白くないパパは、悪魔のような(?)計画を胸に秘め、一人ほくそえみながら、先輩とのデートに向かうのだが…。

    『ある日突然、「大キライなパパ」と「最愛の娘」の人格が入れ替わってしまったら?
    ドキドキの青春あり、ハラハラのサラリーマン人生あり。
    ハートウォーミングな家族愛を描いた
    笑いと涙のノンストップ・エンターテイメント長編!』だ、そう。


    『RIKA』の恐ろしいイメージが強烈に残っていた(3回も読んだからかな)ので、こんなにコメディタッチなのも書かれるのか…と、正直驚いた。何だか、荻原さんちっくでもあり…。

    パパの仕事の内容も、なるほどこれならムスメが代わりに会社に行っても、無理なくこなせるのか…と、設定に感心し、こうなるんだろうなぁと、大体の予想はつくけど、小梅ちゃんの今どき高校生のキャラが良かった(ケンタ先輩、私もすごく好きになりそうなタイプ)ので、最後まですごく面白かった。

    パパとムスメが、同じ場所でそれぞれに考えていることが、どちらもリアルで、パパはともかく、小梅ちゃんの気持ち、すごく良く書けてるなぁと。

    ケンタ先輩と、パパのデートシーンは本当に笑えてしまうし、もしや、パパがケンタ先輩に惚れてしまうのでは…と心配したけど。

    「見たら死ぬ」という小梅の殺気にびびりつつ、目をつぶりながら着替えたり、風呂に入ったり、ダイエットに付き合ったり、試験勉強したり、何てムスメに忠実で、優しいパパなんだ…と、感動してしまう。

    リカを彷彿させるような女が出てくるのも、なるほどなぁと…。

    これ読んで私が真っ先に思い出すのは映画の『転校生』だけど、あれは入れ替わった後の方が、女の子(小林聡美さん)が女の子っぽく、男の子(尾美としのりさん)が男らしくなってたのがやけに印象に残ってる(24年ぶりにリメイクされるみたいだけど、監督が一緒ってすごいかも)。

    この本も、映像化されても面白そう。
    キャスティングを勝手に考えてるだけでも、わくわくしてしまう。
    ちなみに私のイメージなら、パパは高橋克実さん、ムスメは福田沙紀ちゃん、ケンタ先輩は…年齢が合わないけど、佐藤隆太さんしか考えられない(若い男の子が全く浮かんでこないので)。
    0

      『リカ』五十嵐貴久

      リカ
      リカ
      五十嵐 貴久 2003年 10月 幻冬舎文庫 ¥600
      ★★★★★
      出会い系サイトで知り合った女が突然ストーカーに豹変する。
      日に何十回もの電話。
      まだ会ってもないのに…。
      電話の向こうで、女は男を罵倒する。
      耐え切れなくなって男は携帯電話を叩き付ける。
      それで全てが終わったと、男は安堵する。
      そして女は狂ったように、男の家族へまで魔の手をのばす…。

      第2回 ホラーサスペンス大賞 大賞受賞作
      終わりのない恐怖。
      男に邪険にされた女がストーカーと化していく過程は本当に怖い。怖すぎる。
      特に、女が走っているタクシーを全速力で走って追いかけてくるシーン。
      ドラマでは浅野ゆう子さんがこの化け物みたいな女を見事に演じてた。
      文庫化にあたって加筆されたラストがもう、何ともおぞましい…。
      ていうか想像したくない…。
      0

        1

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR