スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『幽霊人命救助隊』高野和明

    幽霊人命救助隊 (文春文庫 た 65-1)
    幽霊人命救助隊 (文春文庫 た 65-1)
    高野 和明
    JUGEMテーマ:読書

    2007/4/10文庫化 文春文庫 P.598 ¥720
    ★★★★★
     救助隊は助けた。命だけを。必死になって打ち消した。死んでしまおうという刹那の気まぐれを。
     黙々と働きながら、裕一は考えていた。どうして人は、もっと幸せになれないのか。弱いからか、無知だからか、欲があるからか、いつかは老いてしまうからか。
     死を急ぐ人たちに対して、救助隊は「待て」と言い続けた。待つ手段はいくらでもある。休息をとる方法だっていくらでもある。ただ漠然とした生きる虚しさにも、相談に乗ってくれる専門家はいる。辛い現実から逃げるのは恥ではない。頑張る必要はどこにもない。とにかく寿命が来るのを待て。

    神様の言うところの「馬鹿な死に方」をしてしまったがために天国に行きそびれ、天国と地上との中間地点に放置されていた3人の男女。
    ここに来てから24年が経つという、元やくざの親分で最年長者の八木剛造。
    真面目でで気弱な中年男、市川春男。
    覇気のないうら若き美女、安西美晴。

    そしてたった今、崖をよじのぼってここに辿り着いたのは、東大受験に失敗し、自殺を図ったばかりの浪人生、高岡裕一。

    自殺した時代背景も、年齢もバラバラな4人の顔ぶれが揃ったところで、天上から現れた「神様」。
    「神様」が彼らに与えた指令は、自分たちが粗末にした命の償いとして、49日の間に100人の自殺志願者たちの命を救うということ。
    その指令を無事に果たし終えた時、彼ら4人は天国に行けるという。

    そして2003年の下界に、幽霊となって現れた4人は、神様から与えられた秘密道具を駆使して今にも自殺しそうな人間を探し出し、彼らの意識に入り込み、その苦しい胸の内をまざまざと見せ付けられることに…。

    一人目の救助対象者は、孤独に耐え切れなくなった、冴えない中年男小杉。
    とりあえず、アパートまでは後をつけてみたものの、幽霊となってしまった彼ら4人は、閉められたドアを開けることも出来ず…ただ見守るだけの彼らの眼前で、服毒自殺を図ろうとする小杉。

    なすすべもない4人の「幽霊人命救助隊」は、生きる気力を全く失くしてしまった小杉に、どのようにして再び生きる力を取り戻させ、命を救おうというのか…。

    〈天国に行けない霊たちがこの世に降りて、自殺志願者の命を救って救って救いまくる。
    「夕方までは死なないでください。僕たちが必ず助けてあげます」
     涙と笑いの波状攻撃、ここに炸裂!養老孟司氏推薦!〉だ、そうで。


    テーマは重いし、ページ数もかなりのものだけど、文体がなんとも軽くて読みやすいので、サクサクと読めてしまった。

    幽霊となった4人の生きていた時代背景の、ほんのちょっとのズレで、言葉が通じなかったり、懐かしい「死語」がいっぱい出てきたりで、なかなか笑えるし、自殺志願者達を救う作戦のネーミングが、また軽くて、「そ、そんな安直でいいのか…」という感じだけど、まあその「くささ」もツボと言えばツボだったりするし。

    救助対象者の年齢も小学生から、高齢者まで多岐にわたるし、その人たちの背景も、死にたくなる理由も、それぞれ納得してしまうし、「この世は、無責任な人ほど楽に生きられる」という裕一の不公平感もすごく良く分かる…(私は多分そっちかなと…)。

    「人と人との結びつき、心身の健康、そして経済」この三拍子が揃っていれば…というのも、確かにねと。

    『13階段』では、冒頭の死刑囚の心理部分が圧巻だと思ったけど、こちらは最後の50ページぐらいが秀逸で、思わず涙がこぼれてしまったし。

    そして養老さんの解説、これがまたなかなか面白かったりして、何だかとても得した気分になれたかも。

    こんなに上手くいくとは思わないけど、少なくとも知らないよりは、知っておいたほうがいいなと思えたことが沢山あって、これはなかなかのオススメ本かなと。
    0

      『6時間後に君は死ぬ』高野和明

      6時間後に君は死ぬ
      6時間後に君は死ぬ
      高野 和明 2007/5/10発行 講談社 P.347 ¥1,680
      ★★★★★  
      何も起こらないのが最高の幸せ。
       眉を寄せた美帆に、館長は続けた。「普通の人として生きた実感でしょう。普通、というのは多くの人がいいと思って選んだからこそ、普通になったんじゃないでしょうか。斯く言う私も、普通の人間ですが」        〜『ドールハウスのダンサー』より〜

      その日、24歳最後の日を迎え、友人との待ち合わせ場所へと急ぐ美緒は、見知らぬ男から声をかけられ、こう告げられる。
      「6時間後に君は死ぬ」と。
      はじめは新手のナンパかと取り合わない美緒も、男の言葉を信じざるを得ない状況に陥り、取り敢えず、今夜自分を殺しかねない人間に心当たりをつけ、相手の様子を探ってみることに…『6時間後に君は死ぬ』

      思うように仕事がもらえず、生活に困窮するシナリオライター志望の未来は、自分が幸せだった頃の幼い日の記憶を頼りに、当時親子三人で暮らしていた町を訪れてみることに。そこで未来が出会ったのは、9歳だった子供の頃の未来…『時の魔法使い』

      これまで彼氏をきらしたことがなく、飽きればすぐに男をとっかえひっかえしていた大学生の未亜は、友達の知り合いの占い師のような男から「その日には恋をしてはいけない」と釘を刺された日に、これまでにない運命的な出会いをしてしまい…『恋をしてはいけない日』

      オーディションを受けた数だけ、不合格通知を受け取っていた、実力はあるのに本番に弱い、運のないダンサー志望の美帆。
      実は美帆の運命は、ある一人の、美帆の幸せだけを願う人間によって全て見通されており…『ドールハウスのダンサー』

      3時間後、自分が炎に包まれるという「ビジョン」が見えてしまった男は、同じくその場にいる全員がこれから遭うであろう災難から、人々を救うため、しいては自らを犠牲にしてでも守りたい未来を守ろうと…『3時間後に僕は死ぬ』

      そして『エピローグ 未来の日記帳』の、6編から成る「運命は人の手によって変えることができるのか、それとも…」てなことをテーマにした(たぶん)、連作短編集(ネタばれになると困るので、これ以上言えなかったりする…)。

      「未来は決まってなんかいない
      明日を信じて、進むだけ――
      稀代のストーリーテラーが放つ、緊迫のカウントダウン・ミステリー」だ、そうで。


      13階段』を書いた人だ〜と、なかなかショッキングなタイトルに惹かれて読んでみたけど、あれれ?という感じがしないでも…(『13階段』の死刑囚が死刑執行される日を待ち続ける描写があまりにも凄かったので、そういう重いのを書く人だとばかり…雫井さんの『クローズド・ノート』を読んだら、きっと同じように感じそうな)。

      なので、それは置いておいて読むと、ちょっぴり切ない系というか(ミステリーというより恋愛系?)。

      『時の魔法使い』の、もしかしたら今の自分の現状を変えられるかもしれないのに、「優しい人間」であろうとした「未来」の選択は好きだし、確かにそうやって生きてきたからこそ、今の自分があるわけで…。

      『恋をしてはいけない日』は、「傷つきたくない」主人公の未亜が、私も似たような、どうしようもない人間だし、その恋に嵌る気持ちは痛いほど良く分かったような…これは意外性もあって、結構好きなお話。でも、立ち直り早すぎ…かも。

      『ドールハウスのダンサー』のに出てくる台詞「世の中すべてを相手にするんじゃなく、たった一人でも幸せにできれば…」というのには、ホロリとさせられるし、こんな風に誰かの幸せを願える人でいたいしで、これも良いお話。

      『6時間後に君は死ぬ』と、『3時間後に僕は死ぬ』は、実際の執筆にも5年間の距離があって、どういう経緯で書かれたものなのか(はじめっから構想としてあったのか、書き加えられたものなのか…)が、よくわからないけど、前者ならすごいなと。

      実際、20歳ぐらいの頃に友達と河原町通り(地元京都の繁華街)を歩いていて、突然、変な占い師みたいなおじさんに「あんたは将来や○ざにシャブ漬けにされて、売り飛ばされる。」と予言され、友達に向っては「そやから、あんたは友達やめたほうがいい、今すぐあっち向いて帰りなさい」と忠告されたことがあるので、たぶん未来は変えられるんじゃないのかなと(売り飛ばされてないし)身をもって知るかも(あとから聞いたら、当時そのおじさんは、たくさんの人に同じこと言ってびびらせていたらしいけど…)。
      0

        『13階段』高野和明

        13階段
        13階段
        高野 和明 2004年 講談社文庫
        ★★★★★
        どうしてあんな馬鹿どもが、次から次に出てくるんだろうな?あんな奴らがいなくなれば、制度があろうがなかろうが、死刑は行われなくなるんだ。死刑制度を維持しているのは、国民でも国家でもなく、他人を殺しまくる犯罪者自身なんだ

        死刑執行の日を、怯えながら待つ一人の男がいた。
        彼には事件当時の記憶が失われたまま、刑は確定していた。
        残されているのは、わずかな時間。
        執行の日がいよいよ近づいた日、突然、男が思い出した事件当時の、ある「階段」の記憶…。

        そして別の場所には、喧嘩が原因で相手を殺害してしまい、傷害致死罪で服役し、一年八ヶ月で仮出獄していく一人の青年と、密かにその光景を見送る一人の刑務官がいた。

        父親に付き添われ、二年ぶりに家に帰った青年は、家族の暮らしぶりのあまりの変わりように、愕然とする。
        元の家は売り払われ、父親の経営する工場も、機材などが売り払われ、それらは全て被害者への、多額な賠償金に当てられていた。
        それでも、明るく出迎え、贅沢な料理を食卓に並べてくれる、昔より数段やつれてしまった母。
        服役中の青年には、何も知らされてはいなかった…。

        そして、弟の口から聞かされた真実を目の当たりにし、両親に迷惑ぱかりかけてはいられないと、父親の工場で働くことを決めた青年の元に、退職を決めた、あの日、彼を見送っていた刑務官が訪れる。
        刑務官は、青年にある仕事を依頼するためにやって来た。

        その仕事とは、死刑執行の迫った殺人犯の、冤罪を晴らすこと。
        そのための報酬は、ある人物から支払われるという。
        成功報酬は、一人に付き一千万円。
        両親のためにと、青年はこの仕事を引き受ける。

        そして、刑務官と、前科者の青年との奇妙な関係の二人の調査は開始され、十年前に起きた、老夫婦が頭を手斧で割り殺されるという、残忍な強盗殺人事件とともに、青年の過去の事件の全貌も明らかになるのだが…。


        第47回江戸川乱歩賞受賞作、だそうです。
        帯には、宮部みゆき氏絶賛!!! と大きく書いてあるように、文庫版の解説でも、そのようなことが書いてある。

        確かにラストまで一気に読めてしまうし、日本の死刑制度に対する難しいこともたくさん書いてあって、勉強になったし、細かい伏線もきちんと生きてて、納得もしたけど…。
        この終わり方が…。
        何か納得したくない、というか。
        まあ、私のただの希望なんだけど。
        この物語としては、これでいいんだろうけど。
        切ないなぁ、と思ってしまった。

        序章の、死刑囚の死刑執行を待つ心境というか、その日、の状況は、すごく真に迫っている気がして、圧巻だった。
        そして、途中で刑務官が、過去の自分の「殺人」について語った話には涙が出た。
        人を人が裁けるのか、というか、殺人犯を処刑するのも、やはり「殺人」なのか、と。
        そして、誰かがそれをやらなければいけないというのが、本当にやり切れない仕事なのだなぁと思い知らされた。

        ただ、13階段のあった場所というのが、全然頭にイメージできない…。
        想像力が働かないというか、その中で行動できるのかな?とか思ってしまう。
        なので、きっと映画を見ればよく分かるのかも。

        けど、反町隆史ではかっこ良すぎる、かな。
        もう少し、泥臭い青年のイメージがあるんだけど…。
        もしかして、青年の役でなかったのかな?
        0

          1

          calendar

          S M T W T F S
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << June 2017 >>

          読書メーター

          uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

          新刊チェック

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
            uririn
          • 『痺れる』沼田まほかる
            uririn
          • 『絶望ノート』歌野晶午
            uririn
          • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
            いちれん
          • 『痺れる』沼田まほかる
            くり
          • 『絶望ノート』歌野晶午
            智広
          • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
            uririn
          • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
            苗坊
          • 『永遠の0』百田尚樹
            uririn
          • 『永遠の0』百田尚樹
            苗坊

          recent trackback

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          悪人
          悪人 (JUGEMレビュー »)
          吉田 修一
          読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

          recommend

          しずく
          しずく (JUGEMレビュー »)
          西 加奈子
          サイン本買っちゃった。

          recommend

          recommend

          たぶん最後の御挨拶
          たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
          東野 圭吾
          猫なんです…。

          recommend

          recommend

          recommend

          ねこの肉球 完全版
          ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
          荒川 千尋,板東 寛司
          たまらん。

          recommend

          ニャ夢ウェイ
          ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
          松尾 スズキ, 河井 克夫
          たまらん…

          recommend

          recommend

          僕たちの戦争
          僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
          荻原 浩
          とにかくお薦め。

          recommend

          出口のない海
          出口のない海 (JUGEMレビュー »)
          横山 秀夫
          たくさんの人に読んでほしい…

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          みんなのブログポータル JUGEM

          使用素材のHP

          Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

          PR