スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『東京島』桐野夏生

    東京島
    東京島
    桐野 夏生 2008/5/25発行 新潮社 P.281 ¥1,470
    ★★★★
    「ああ、疲れた。あんたたち男って何を考えているのかしら。あたしが邪魔なの、それとも必要なの」

    リストラに遭う前にさっさと会社を辞めて得た退職金を投入し、クルーザーに狂った夫とのクルーザーでの世界一周の冒険旅行の途中、嵐に遭った夫妻が辿り着いたのは、どこの国の領域かも分からない無人島。

    日本の生活では威張り散らしていたものの無人島では無能な夫隆と、サバイバル本能に目覚めた妻、清子が救助を待ちながら暮らし始めた無人島に、三ヶ月後に漂着したのは、おいしいバイトに飛びついたものの、あまりの仕事のきつさに逃げ出した日本のフリーター、若い男ばかりの23名。

    さらに、金銭トラブルでこの島に捨てられた中国人の男たち7名。

    日本の若者達が、食物には困ることのないこの無人島を「トウキョウ」と呼び、それぞれ好き勝手にバラバラに暮らし始めるのとは対照的に、7人で結束し、役割分担を決め、ずば抜けた生活力を見せ付ける日本人たちから「ホンコン」と名付けられた中国人たち。

    無人島での生活が一年を過ぎた頃、清子の夫隆が死んでしまったことから、島でただ一人の女性である40歳を過ぎた清子を巡って、男達はいろめきたつことに。

    そして、この島での暮らしも5年目を迎える頃、清子は4度目の結婚をし、若くて美しい夫との生活に満足していたものの、「ホンコン」たちにそそのかされるままにこの島からの脱出をはかるも失敗に終わり、妊娠に気付いたものの、一度は清子が捨てた夫からも見捨てられてしまい……。

    「あたしは必ず脱出してみせる。
    無人島に漂着した31人の男と1人の女。
    食欲と性欲と感情を剥き出しに、生にすがりつく人間たちの極限状態を容赦なく描き、読者の手を止めさせない傑作長篇誕生!」だ、そうで。


    「無人島生活」と言えば、すぐさま「電波少年」を思い出して、懐かしくて(大好きだったので)珍しく即買いして、一気読みしてしまった。
    島でたった一人の女性であるが故に、46歳の清子が若い男たちからモテモテって…なんとも羨ましくなるお話で。

    これは何だかめちゃくちゃ馬鹿馬鹿しくて面白いかも。
    日本人の若者たちが生活能力よりも、文化を優先させるというのも、「ホンコン」たちが保存食を作ったり、船を作ったり、着々と島からの脱出準備を図るというのも、何だかリアリティがあるようでいて、でもやっぱり描写が軽妙(「横山やすし」が何故か何度も出てくるし…)というか、桐野さんらしくないというか、それぞれのキャラが滑稽すぎて漫画みたいな。

    ちくちくと現代社会を風刺してる部分も多々あって、そこもなかなか。
    自分の姿を見ることの出来ない鏡のない無人島が「自分のことを棚に上げ、他人を見ては笑ったり憐れんだりする、厚顔無恥な場所」というのも、鏡で自分の姿が見えたところで、本質的には現代社会もそんな感じだし。

    「紙」がそれほど大事というのには、すごく考えさせられるし、それぞれ好き勝手に生活する若者達も、なかなか適応能力があって面白いし、清子の逞しさとしたたかさは、女性ならでわだし。

    「愛」が全くなくて、みんな自分のことだけが大事で、でも、どろどろもしてなくて、ただ「生きる」ってこういうことかなと。

    そして最後は、まあこうなんだろうなと…めでたし、めでたし、という感じかな。
    女は強し。

    JUGEMテーマ:読書

    0

      『残虐記』桐野夏生

      残虐記 (新潮文庫 き 21-5)
      残虐記 (新潮文庫 き 21-5)
      桐野 夏生 2007/8/1文庫化 新潮社 P.244 ¥420
      ★★★★★
      ……私はその時も屈辱を感じた。皆が勝手に私を思い遣り、どんなことをされたのか、好きなように想像するのだ。子供にそんな複雑な感情がわかるのか、という質問は意味がない。子供ほど屈辱に敏感な存在はないのだ。屈辱を受けても晴らす術を持たないからである。

      10歳の頃、稽古事の帰り道に見ず知らずの男によって連れ去られ、男の働く工場の二階にある男の部屋で、一年間もの監禁生活を強いられたという経験を持つ、作家の小海鳴海、本名北村景子。

      16歳で作家としてデビューし、ペンネームで活躍する彼女の元に事件から二十数年後に届いた、犯人からの稚拙な手紙。

      犯人からの手紙を受け取った後、彼女は突然失踪してしまい、そこに残されていたのは『残虐記』とタイトルの付された一編の小説。

      そこには、これは事件当時の記憶の検証と、その後の自分自身に対する考察であると言及し、この小説が誰の目にも触れられないようにと記されていたのだが……。

      「私を監禁したケンジと真実に死を。作家は事件を巡る衝撃の手記を残して消えた。
      誰にも明かされない真実をめぐって少女に注がれた隠微な視線、幾重にも重なり合った虚構と現実の姿を、独創的なリアリズムを駆使して描出した傑作長篇 柴田錬三郎賞受賞作品!」だ、そうで。


      内容とか全然知らなくて、ただ桐野さんのが文庫化されたから、と手にしてしまったけど…うーん、これはちょっと理解に苦しむかも。

      もちろんこれはフィクションだけど、やっぱりあの事件を思い出させるわけで、読んでいてあまり良い気はしないというか…。

      ただ、物語として読めば、事件の後も周囲の好奇の目に晒され、無邪気な子供でいられなくなってしまった少女の失ってしまった「現実」というものや、少女が絶望の淵に立たされる「毒の夢の行き着く先」の描かれ方の部分は圧巻で…。

      「十歳の女の子を拉致するほどの欲望」というのは、私にも全く想像し得ないし、なんでそこまで自分の欲望を満たすことしか考えられない人間が存在するのかが(男の人からすればたいしたことないのかもしれないけど、痴漢にしてもそう)理解できないし、そういう犯罪がこの世から消えてなくなってほしいとただ、ただ思うばかりで…。

      アマゾンのレビューでは、結構非難もされていたし、読み手を選ぶ本かもしれないなと。
      ただ、桐野さんのインタビューを読んで、この本を読んだことを後悔したこと、ちょっと撤回する気になったかも。
      以下、その記事を抜粋させていただきました。

      主人公の少女は大人の男の欲望にぶち当たり、それがどういうものなのかを想像します。つまり、自分にはない欲望について想像するのです。想像力がなくて欲望だけある人は、ある意味で犯罪者だと思うのですが、想像力を働かせるという方法こそ、想像力を持たず欲望だけがある人物と戦う手段になりえるんじゃないか、と思いました。そして、欲望に取り囲まれ、肉体的にも精神的にも奪われるのは常に弱い者――男性よりも、やはり女性や子どもであると思うのです。その闘争が残虐なのです……
      0

        『魂萌え!』桐野夏生

        魂萌え!〈上〉魂萌え!〈下〉
        魂萌え!〈上〉魂萌え!〈下〉
        桐野 夏生 2006年文庫化 新潮文庫 上巻 P.335 下巻 P.284
        ★★★★
        夢も希望も不安も悩みも、それぞれにいっぱい抱えていた少女時代から、あっという間に四十五年の月日が経った。年齢を経れば経るほど成熟し、迷いのない人生を送ることができる、と漠然と信じていたが、今が最も思い惑っている気がする。人生は、ままならない。

        二人の子供を無事に育て上げ、無口で温厚な夫と二人、恙無く暮らしてきた、もうすぐ60歳に手が届く専業主婦、関口敏子。

        子供たちはそれぞれ独立し、定年を迎えた夫、隆之との夫婦二人の穏やかな日常が送れると考えていた、その矢先に隆之が急逝し、これからの人生で起こることの全て、一人で背負うことを余儀なくされる敏子。

        そしてその葬儀の日、隆之の携帯にかかってきた電話が発端となり、隆之に10年来の付き合いの愛人がいたことを知ることとなる敏子は、自分の知らないところで、夫が人生最後の日に、どこで何をしていたのか知りたいと願うように…。

        そんな悶々とした敏子の気持ちも知らず、実に8年振りに顔を見せた、アメリカ帰りの不肖の息子、彰之は、まだ隆之の死の現実を受け止められないでいる敏子に、同居を迫り、2年前に家出同然に出て行った娘の美保も、貰えるものならと、遺産相続を仄めかす。

        高校時代からの友人達の励ましも受け、自分勝手な息子、彰之の思い通りにはさせまいと思いつつ、この先の生活を考え不安に苛まれる敏子は、しばらく一人で考えさせてと言い残して、これまでしてこなかったことをするために、場末のカプセルホテルへと向かうのだが…。

        「とことん行きなさい。
        夫の急死後、世間という荒波を漂流する主婦・敏子。
        六十歳を前にして、惑う心は何処へ?
        ささやかな〈日常〉の中に豊饒な世界を描き出した再生と希望の物語。
        桐野夏生の新たな代表作。
        第5回婦人公論文藝賞受賞作」だ、そうで。


        夫の不貞に10年間も全く気付かなかった、と言うのは普通有り得ないような…。
        それだけ、夫を信頼していたのか、それとも夫に興味がなかったのか、よほどの世間知らずなのか。

        それまでは友人達の間でも「自己主張しない人」として侮られていた敏子さんが、夫の死後、どんどん強く、美しくなっていくのが見ていてすごく愉快(同性として、幾つになっても女の人には、お手本になるように綺麗でいてほしいと思うので)。

        結婚して夫婦になって二人で暮らしても、必ずどちらかが先に逝ってしまうんだから、その後はまた一人に戻るんだなぁと、当たり前のことを考えさせられたと言うか、夫婦って奥が深いなぁとしみじみさせられてしまった。

        愛人と妻と、実際どっちが「愛情」が深いんだろうか、とも。

        年末にNHKのドラマの再放送を見てしまったので、敏子さんは高畑さんにしか見えなくなってしまったけど、世間知らずで、これまでのほほんと生きてきた可愛らしい敏子さんのイメージにぴったりだなぁと(栄子さん役に小柳ルミ子というのも…NHKってすごい)。でも、敏子さん=風吹ジュンさんの映画も観てみたいような。

        中高年女性を主人公にしたこういった類の小説って、これまで読んだことないけど(たぶん)、これを読むと、自分の「老後」について、嫌でも考えさせられる。

        私が敏子さんの年齢になる頃には、アンチエイジングのコスメも今より発達してるだろうし、美肌の師匠、佐伯チズ先生もおられることだし、かづきれいこさんのメイク術もあるし、幾つになっても、恋愛だって何だって、人生愉しく送れるんじゃないかな(今からお手入れ頑張って、高齢化社会で、モテモテというのも悪くないんじゃないかな)と、いうのは楽観視しすぎかな…。
        0

          『グロテスク』桐野夏生

          グロテスク〈上〉グロテスク〈下〉
          グロテスク〈上〉
          グロテスク〈下〉
          桐野 夏生 2003年 文春文庫 上 P.397 下 P.453
          ★★★★
          あたしは自分がどう思われようと、そんなことは気にならなくなった。あたしはひたすら夜になるのを待っていたのだ。昼間の自分はまやかし、夜の自分こそが本当の自分。もはやバランスを取るのも馬鹿らしく、あたしは昼間の自分が、幽霊のように儚く消えていく気がしてならなかった。生きている実感を得られるのは、圧倒的に楽しい夜の方だったのだ。

          東京のアパートの一室で、二人の女性が殺された「連続アパート殺人事件」。
          被害者のうちの一人は、一流企業に勤めるOL、しかも夜は街角に立ち、客を取る娼婦だったことが知れると、マスコミは、こぞって彼女の「心の闇」に触れたがった。

          一人目の被害者の姉であり、二人目の被害者「佐藤和恵」の同級生でもあった「わたし」の独白から、二人の被害者達の生々しい生き様が語られていく。

          スイス人の父親と日本人の母親とのハーフである「わたし」は、妹「ユリコ」の、子供の頃の恐ろしいほどの美貌に嫉妬し、徹底的に嫌い、苛める。

          容姿では、妹に敵わないことを思い知らされる「わたし」は、懸命に勉強し、決して「ユリコ」には真似できないような、偏差値の高い名門Q女子高への入学を果たし、事業に失敗し、スイスへ帰国した家族と訣別し、祖父の住む公団に転がり込んだ。

          しかし、そこで「わたし」はQ女子高に根付く、徹底した階級社会による差別を目の当たりにし、早々に全ての勝負から降りることにした。

          「わたし」と同じく高等部からの外部生である「和恵」は、内部生達に溶け込もうと必死になればなるほど、その姿は滑稽で、周囲からの冷たい視線にさらされてしまう。

          そして、やっと妹の呪縛から解き放たれ、祖父と二人の自由で幸せな生活を送っていた「わたし」の前に、帰国子女枠でQ学園中等部への入学を果たした妹「ユリコ」が、再びその姿を現した。

          「わたし」は、圧倒的な美貌の持ち主として、内部生たちに受け容れられる妹の、似ても似つかない容姿の姉と烙印を押され、またもや、「ユリコの姉」としての、名もない陰の生活に逆戻りしてしまう。

          そして、20年後、同じように娼婦として殺されることになる「ユリコ」と「和恵」も、この学園で出会うことになるのだが…。

          「一流企業に勤めるOLが、夜の街に立つようになった理由は何だったのか。『OUT』『柔らかな頬』を凌駕する新たな代表作誕生!」だ、そうな。


          もう何年前だかは忘れてしまったけど、当時の週刊誌の見出しは強烈に記憶に残ってる。
          世に言う「東電OL殺人事件」をモチーフにした物語。

          先に佐野眞一さんの『東電OL殺人事件』のルポを読んでいたので、それと重なる、佐藤和恵の日記、第七章の『肉体地蔵』は、圧巻だった。
          二人の常連客だとか、「おでん」とか、ビール瓶の回収だとか、三人の男に…のとこらへん、「ああ、そんなこと書いてあったな」と思い出したりして。
          犯人として捕まった男の国籍は、違ってたかな。

          正直、最初の「わたし」の独白部分は退屈。
          高校時代の友達「ミツル」との再会の際、「悪意が迸っている」と、はっきり言われたように、「わたし」は、悪意を育てることに生きがいを感じる、とても歪んだ女。
          なので、後からその独白部分の「歪められた真実」が明らかになっていく。

          この事件のことを扱った色んな本が出てるけど、どうしてこの事件がこれほど世間の注目を集めたのか…それは多分、一流企業に勤め、お金には不自由なかったはずのOLが、何故毎晩のように街角に立ち、何人もの男と金で寝たのか、その謎の部分に尽きると思うんだけど、この被害者の女性と同じ歳になった今の私には、少しは分かる気がしてしまう。

          こんな商売をしていれば、いつかは殺されてしまうかも知れないと思いつつ、殺されることを半ば願うような、二人の「グロテスク」な娼婦。

          歳を取るのは、こんなにも残酷なことなのか…でも、誰も愛せなければ、こうなってしまうかもしれないなと思ってしまう。

          常に「勝ちたい」と考え、男には振り向きもされなかった「和恵」と、はなからその美貌で常に勝ち続けていた「ユリコ」が、奇しくも同じような死に様を選んだことは、同じ女性として、とても哀しい。

          『東電OL殺人事件』を読んだ時には、やれるもんなら…と、少し被害者の女性に憧れに似た気持すら、持ってしまってた。

          今は、そんなこと思わないから、その当時は、よっぽど寂しかったのかもしれない。
          それとも、寂しさに慣れすぎて、麻痺してしまってるのかな…。


          0

            『柔らかな頬』桐野夏生

            柔らかな頬〈上〉柔らかな頬〈下〉
            柔らかな頬〈上〉
            柔らかな頬〈下〉
            桐野 夏生 2004年 文春文庫
            ★★★★★
            将来の何かのためにどうかしたり、待ったりすることなんて私にはできない。これまでもしたことないし、したくない。私にはいつも今しかない

            女との逢瀬のために、北海道に別荘を買うという男。
            女は18の時、故郷である北海道を捨ててきたというのに…。

            自分を拾ってくれた夫を裏切る女、カスミと、貞淑で理想的な妻を欺く男、石山。
            仕事上付き合いのある二つの家族は、買ったばかりの北海道の石山の別荘で落ち合うことになっていた。
            皆が寝静まった後、二人は同じ屋根の下で、濃密な時を過ごす。
            そして、ある朝、まどろみから醒めたカスミを待ち受けていたのは、5歳になる愛娘が突然姿を消した、という現実。

            密会のさ中、カスミは「石山とこのまま生きていけるのなら、子供を捨ててもいい」とさえ考えていた。
            娘は、朝、みんなで散歩に出かけ、夫が目を離したほんの数分の間に、忽然と消えてしまったのだという。
            山の中の別荘地には、そこに住む人達以外、出入りはなく、小さな子供が一人で歩いて行けるような道すらないというのに。

            娘から目を離した夫を責め、別荘に誘った石山を責め、そして一瞬でも子供を捨てることを考えた自分を責めるカスミ。
            警察を総動員して山狩りをしても、とうとう娘の失踪の手がかりすら、見つけることはできなかった。

            そして四年の月日が経ち、事件は風化し、誰もが事件との関わりに煩わしさを感じていても尚、依然として必死に娘を探し続けていたカスミ。
            そんなカスミの元に、北海道に住むある男から、かかってきた一本の電話。

            事件後、家庭は破綻し、石山とも音信普通になっていたカスミは、とりあえず北海道へ赴き、男と出会う。
            34歳の若さで、ガンに蝕まれていた元刑事だという男は、残りわずかな時間を、カスミの娘探しのために費やすというのだが…。


            主人公のカスミ、愛人の石山、元刑事らの視点から語られる、救いのない物語。
            子供の頃から、食堂を営む両親を嫌い、小さな村を嫌い、早く家を出たいと考えていたカスミ。
            生きていくために、今の夫と結婚し、その生活からも「脱出」するために、石山という男を利用しようとする(としか、私には思えない)、ものすごく自分勝手な女。

            石山が離れてからも、ある宗教家に救いを求めたり、最後には、余命いくばくもない男と、死んで行くのが分かっているからこそ、共に生きようとする…。
            人とは違う生き方に憧れていた一見強そうな女だけど、結局男がいないと、生きていけない弱い女だったのかな?

            どちらかと言えば、石山や、石山の妻や、カスミの旦那や、母親の気持ちの方が分かりやすい。
            というか、常識的なのかな。
            疑われていた、別荘地に住んでいた人達も、それぞれ個性的で…。
            ロリコンの男と、熟女の組み合わせは、結構面白い。
            それを見ていた旦那の目も…。
            そして、この熟女(老婆?)に一番感情移入できた気がする…。
            元刑事に言い放つ、最後の皮肉が結構好きかも。

            カスミと元刑事の男が見る白昼夢は、結局…。

            ここに出てくる愛人の石山という男が、何故か私の中では、お笑いの方の「ぐっさん」のイメージなんだけど。
            作業服みたいなのや、ガラの悪い服、の両方見事に着こなせそうなので…。
            0

              『リアルワールド』桐野夏生

              リアルワールド
              リアルワールド
              桐野 夏生 2006年 集英社文庫
              ★★★★★
              本物の「取り返しの付かないこと」というのは、永久に終わらなくてずっと心の中に滞って、そのうち心が食べ尽くされてしまう怖ろしいことだ。「取り返しの付かないこと」を抱えた人間は、いつか破滅する。

              光化学スモッグ注意報が発令された、ある夏の日、この日が4人にとっての世界の終わりの始まりだった…。

              どこにでもいそうな高校3年生、仲良し4人組。
              偽名を使うことで自分を武装する「ホリニンナ」こと、山中十四子
              面白くて、危険なほど頭がいい「テラウチ」こと、寺内和子
              母親を亡くしてから、男らしさとエキセントリックさに磨きがかかった「ユウザン」こと、貝原清美
              可愛くて陽気で、育ちの良い「キラリン」こと、東山きらり

              ある日、ホリニンナの隣家から聞こえてきたガラスの割れる音。
              その時、隣家では、ホリニンナから密かに「ミミズ」とあだ名をつけられた少年が、母親に金属バットを振り下ろしていた…。
              そして「ミミズ」が「ホリニンナ」の自転車と携帯電話を盗んで逃走することから、4人の女子高生と、「ミミズ」との、危険な物語が始まる…。

              物語は、この4人の女子高生1人1人と、「ミミズ」の視点から語られていく。

              4人は、4人の思惑で少年と関わっていくのだが、その関わり方の違いに、それぞれの性格が浮き彫りにされていく。
              そして、自分では「誰も知らない私」と思っていても、実はそんなこと、他のみんなはとっくにお見通しで…。
              それを知らないのは自分だけで…。
              女子高生にありがちな「自分だけは特別な存在」みたいなのが良く表されていて面白い。

              終わり方は…こうならないと、やっぱいけないかなぁ…。

              この4人の取った行動だけなら、自分なら「テラウチ」と同じことするかな…。
              いや、「キラリン」かも…。
              うーん、やっぱり大人だから真っ先に通報しちゃうのかもな…。

              高校生の気持ちには、もう戻れないな…たぶん。
              0

                1

                calendar

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << August 2017 >>

                読書メーター

                uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

                新刊チェック

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
                  uririn
                • 『痺れる』沼田まほかる
                  uririn
                • 『絶望ノート』歌野晶午
                  uririn
                • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
                  いちれん
                • 『痺れる』沼田まほかる
                  くり
                • 『絶望ノート』歌野晶午
                  智広
                • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
                  uririn
                • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
                  苗坊
                • 『永遠の0』百田尚樹
                  uririn
                • 『永遠の0』百田尚樹
                  苗坊

                recent trackback

                recommend

                recommend

                recommend

                recommend

                recommend

                recommend

                悪人
                悪人 (JUGEMレビュー »)
                吉田 修一
                読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

                recommend

                しずく
                しずく (JUGEMレビュー »)
                西 加奈子
                サイン本買っちゃった。

                recommend

                recommend

                たぶん最後の御挨拶
                たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
                東野 圭吾
                猫なんです…。

                recommend

                recommend

                recommend

                ねこの肉球 完全版
                ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
                荒川 千尋,板東 寛司
                たまらん。

                recommend

                ニャ夢ウェイ
                ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
                松尾 スズキ, 河井 克夫
                たまらん…

                recommend

                recommend

                僕たちの戦争
                僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
                荻原 浩
                とにかくお薦め。

                recommend

                出口のない海
                出口のない海 (JUGEMレビュー »)
                横山 秀夫
                たくさんの人に読んでほしい…

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                みんなのブログポータル JUGEM

                使用素材のHP

                Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                PR