スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月

    評価:
    辻村 深月
    講談社
    ¥ 780
    (2012-04-13)
    Amazonランキング: 7950位

    事件を起こすなら私のほうだと思ってた。
    母を殺してしまった娘と、母との確執を抱える娘。どんな母娘にも起こりうる悲劇。
    地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。
    彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。
    母親を殺害し、逃走している幼馴染の行方を捜すため、フリーライター(になるのかな?)のみずほは、彼女と親交があった、故郷の「かつての友人たち」に連絡を取り、手がかりを掴もうとする。
    この前に『白ゆき姫殺人事件』を読んでいたので、何だか話がかぶっていて、二つの話の相違点がなかなか面白かったかも。
    物語の「深み」や「凄み」は、こちらが数段上かなと思えるし、その分読んでいてしんどいのもこっちかな。
    女同士の、その場にいない人間のことを話すときの意地悪さとか、自分より下だと思いたい人間に対する本音とか、どれだけ馬鹿にしていたのかとチエミが気の毒になってしまうけど、でも彼女たちの気持ちもすごく良く分かる。自分とは全く違う人間に対する「嫌悪感」みたいなもの…。

    結婚式に呼ばれなかっただけで絶縁、みたいなのは、あほらしいと思えたけど、現実はそんなものなのかな?
    「負け犬の遠吠え」を意識した彼女たちだから、こういう気の強い人の集まりは苦手だけど、かといってちょっとぬけてそうなチエミにも「うーん…」だし。

    幼馴染、というだけでその後の人生は全く違ったものになっていたのに、どうしてこの「みずほ」という女の人は、「チエミ」という女の人を、必死に探そうとしているんだろう…と、読んでいてどんどん不思議に思えてきて、ページをめくる手が止まらなかった。
    今はもう友達でもないのに。
    自分から離れていったのに。
    しかもものすごく上から目線で…。

    なので、第二章で少しはほっとして、謎も解けたかな。
    「チエミ」さんもそれが本音だったのかと。
    タイトルの意味するものが、解ってしまえば心が痛くなる。

    チエミとみずほのあまりにも対照的な親子関係と、その後の人生と。
    そして何より不思議な女同士の関係(本当は仲が良いのか悪いのかわからないけど、離れない、みたいな)が、すごく良く描かれていて、怖くなってしまった。
    これで「直木賞」で全然良かったのに、と思えるほど面白かった。

    それなら今回のは貫井さんだったかもしれないのに…と、ちょっとぶちぶち…。
    0

      1

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      読書メーター

      uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

      新刊チェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        uririn
      • 『痺れる』沼田まほかる
        uririn
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        uririn
      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        いちれん
      • 『痺れる』沼田まほかる
        くり
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        智広
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        uririn
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        苗坊
      • 『永遠の0』百田尚樹
        uririn
      • 『永遠の0』百田尚樹
        苗坊

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      悪人
      悪人 (JUGEMレビュー »)
      吉田 修一
      読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

      recommend

      しずく
      しずく (JUGEMレビュー »)
      西 加奈子
      サイン本買っちゃった。

      recommend

      recommend

      たぶん最後の御挨拶
      たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      猫なんです…。

      recommend

      recommend

      recommend

      ねこの肉球 完全版
      ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
      荒川 千尋,板東 寛司
      たまらん。

      recommend

      ニャ夢ウェイ
      ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
      松尾 スズキ, 河井 克夫
      たまらん…

      recommend

      recommend

      僕たちの戦争
      僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
      荻原 浩
      とにかくお薦め。

      recommend

      出口のない海
      出口のない海 (JUGEMレビュー »)
      横山 秀夫
      たくさんの人に読んでほしい…

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR