スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『永遠の0』百田尚樹

    評価:
    百田 尚樹
    講談社
    ¥ 920
    (2009-07-15)
    Amazonランキング: 118位

    「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる―。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。  内容(「BOOK」データベースより)
    司法試験に落ち続け、なかばやる気を失くした健太郎は、ある日フリーライターの姉からの依頼を受けて母でさえ顔も知らない戦死した実の祖父の生涯を調べることに。
    あの戦争を生き延びたかつての「戦友」たちから語られる祖父「宮部久蔵」という男。
    その飛行機の操縦の腕前から、誰からも一目置かれる存在だったという宮部。
    その反面、慎重すぎる宮部の性格を「臆病」と吐き捨てるかつての戦友。
    「臆病者」と蔑まれても、「生きて帰る」ことを約束し、どんな戦局にあっても決して「生きる」ことを諦めなかった宮部が、なぜ自ら死に行くことを選んだのか…。

    足掛け3年ほど悩んでやっと読むことにしたけど、これは今まで躊躇していた自分が馬鹿みたい。「0」は零戦のことと解っていたから、絶対泣くから、重いし、ページも多いし…と避けてしまってたけど読み始めれば何のことはない、あっという間に引き込まれてどれだけスラスラ読めてしまったことか。
    もっと早く読めば良かった、こんなに良い本。

    最初の人物に宮部を「臆病者」と語らせ、健太郎を落胆させ、その後後から後から出てくる「宮部」の人となりと飛行の腕前の物凄さとによって、それまで存在も知らなかった祖父に対する親愛の情みたいなのが健太郎たちにわいてくるのが、読んでいても嬉しくなった。

    最後の章の手前で鳥肌がたつほど、「ああそうだったのか」と納得。
    あとはもう涙が止まらなかった。どれほど無念だったろう。

    読みやすいことの一つには、何となく教科書に出てきそうな会話文とか、おそらく話を聞きに言っているのは85歳ぐらいのお年を召した方ばかりなのに、あまりにもすらすらと長く話してくれるから。

    ここに書いてある戦闘の話はどれも聞いたことのある本当にあった戦闘なので、どれが事実でどれがフィクションなのか…宮部さんが本当にその時代そこにいたと思いたいけど、戦争の現実はあまりにも残酷すぎて、やっぱり宮部さんはそこにいてほしくないというか…複雑な心境。

    横山さんの『出口のない海』を読んだときもそうだったけど、こういうのを読むと、やっぱり戦争を引き起こした人たちが憎いし、「回天」や「桜花」を考え出した人間を憎まずにはいられない。
    歴史に「タラレバ」はないと書いてあったけれども、やっぱりもしあの戦争がなければ…と、考えずにはいられない。
    朝には隣にいて笑っていた人間が、夕方にはもういない…それが戦争というもの。

    この時期に読みたくなったのも、読んで何かしら考えるところがあったのも、やっぱりご先祖さまたちが「戦争を忘れるな〜」と言っているのかもしれないなぁと。

    まだお読みでない方は、ぜひ読んでみてください。
    0

      『モンスター』百田尚樹

      評価:
      百田 尚樹
      幻冬舎
      ¥ 760
      (2012-04-12)
      Amazonランキング: 2266位

      田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった―― 。
      「美」の価値観を根底から覆す、『永遠の0』の著者、最大の問題作!

      百田さんの『永遠の0』を、読もうかなどうしようかなと本屋さんで手にとって迷っては元に戻し、を繰り返して早2年。
      とりあえずあまり考えずに読めそうなこちらから先に。

      物語は、誰もが振り返るような美貌の持ち主である主人公が、生まれ故郷に戻ってくるところから始まり、醜かった頃の彼女の壮絶な半生が語られる。

      高校生活の最後に、ある事件を起こして町を追われ、整形という手段に辿り着いた彼女が言葉通り身を粉にして稼いだお金を全て整形につぎ込み、何度も何度も手術を繰り返した末に、ようやく人並みの幸せを手に入れたかに見えたものの…。

      そして美貌によって大金を手にした彼女は、故郷でレストランをオープンし、ただ一人の客を待ち続け……。

      読んでる間中、ずっと誰かをイメージしようとしたけど、全く思い浮かばなかった(ちょっと前なら松坂慶子?)。
      ただ『嫌われ松子の一生』の主人公だけがなぜか頭をちらちらとよぎる。

      醜いからと誰にも相手にされずに幼少期を過ごし、それでも思春期は訪れ、恋もする。
      まだ物心つく前の、かすかな希望だけを胸に秘めてきた主人公が、過去をすりかえられて絶望してしまうというのもまあ分かるけど、その後の行動がちょっと理解に苦しんでしまう。
      それか、恋とはそういうものなのか。

      過去に出会った人物たちへ復讐を企んだり(出てくる男はみんなしょーもなすぎるけど)、顔はどんなに綺麗かしらんが、性格は決して褒められたものじゃなくて、整形をオープンにしながら、同じ職場でずっと働き続けられるのもすごいなと思ったし、その開き直り方もすごいなと。

      途中までは面白くて食い入るように読めたけど、最後の何ページめかでトーンダウンしてしまった。
      そんなに乙女だったのか…と、がっかりしたというか。
      もっと強い人だと思ってたのになぁという感じ。

      あまりに整形の描写がリアルなので、そんなに安くて簡単に済む手術ならと、ふと整形がしたくなってしまうような。
      ここまで綺麗だと不幸になりそうなので、ちょっとだけ。
      0

        1

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        読書メーター

        uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

        新刊チェック

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          uririn
        • 『痺れる』沼田まほかる
          uririn
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          uririn
        • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
          いちれん
        • 『痺れる』沼田まほかる
          くり
        • 『絶望ノート』歌野晶午
          智広
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          uririn
        • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
          苗坊
        • 『永遠の0』百田尚樹
          uririn
        • 『永遠の0』百田尚樹
          苗坊

        recent trackback

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        悪人
        悪人 (JUGEMレビュー »)
        吉田 修一
        読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

        recommend

        しずく
        しずく (JUGEMレビュー »)
        西 加奈子
        サイン本買っちゃった。

        recommend

        recommend

        たぶん最後の御挨拶
        たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
        東野 圭吾
        猫なんです…。

        recommend

        recommend

        recommend

        ねこの肉球 完全版
        ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
        荒川 千尋,板東 寛司
        たまらん。

        recommend

        ニャ夢ウェイ
        ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
        松尾 スズキ, 河井 克夫
        たまらん…

        recommend

        recommend

        僕たちの戦争
        僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
        荻原 浩
        とにかくお薦め。

        recommend

        出口のない海
        出口のない海 (JUGEMレビュー »)
        横山 秀夫
        たくさんの人に読んでほしい…

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR