スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『白ゆき姫殺人事件』湊かなえ

    評価:
    湊 かなえ
    集英社
    ¥ 1,470
    (2012-07-26)
    Amazonランキング: 664位

    美人会社員が惨殺された不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。同僚、同級生、家族、故郷の人々。彼女の関係者たちがそれぞれ証言した驚くべき内容とは。「噂」が恐怖を増幅する。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも―― 意地悪目線が、じわじわ怖い…!!
    ネット炎上、週刊誌報道が過熱、口コミで走る衝撃、女同士の「噂」が暴走する――
    ヒットメーカー・湊かなえによる、傑作ミステリ長編!

    しばらく湊さんの本を読んでなかったけど、これは表紙の絵からして何となく面白そうな気がして、早く読みたかったので、久々に定価で本を買ってしまった…。
    内容は、まあよくある殺人事件なんだけど、読ませ方がいまどきで凝ってる。
    さすが、売り方を考えてるなぁ…という感じ。

    無惨に殺されたネット上で「白ゆき姫」と命名された美人OLが、美人すぎるがゆえに同性からは妬まれたり、怨まれたり、で、実際にはどんな人だったのか…誰かが言うように、美人でなおかつ性格も良かったのか。それとも、誰かが言うように、同性からは嫌われて当然、な性格だったのか。
    誰が、何故、彼女をあんな風に無惨に殺害したのか…。

    この手の、色んな人が語る、一人の人物像というのはどうしても貫井さんのと比べてしまうけど、今風にわざとしてあるので、何だか軽いというか…、フリーライターのあまりの無責任さに呆れてしまった。
    そして、週刊誌の記事は、実際のインタビューのやり取りとは全然違ってて、そのはしょり方が、実際こんなものかもしれないなぁと、そういうの鵜呑みにしちゃいけないなぁと納得。

    一人の人間のことを、実に様々な見方があるもんだなぁと、自分に置き換えて考えてみると空恐ろしくなったというか、きっとろくな人間と思われてなさそうで、こんなことで「自分」を認識させられたくないというか…。
    そして、この場合の彼女にものすごく同情してしまった。
    もう、どこへも戻る場所がないなんて、寂しすぎるし。

    ここに出てくる、美人OLみたいな人とは絶対に関わりたくないなと。
    0

      『夜行観覧車』湊かなえ

      評価:
      湊 かなえ
      双葉社
      ¥ 1,575
      (2010-06-02)

      ――ママが怒って、あたしを殴り殺すの? そんなことやったら人生終わりだって、向かいのおばさんが実証してくれたばかりなのに? まさかママも、そこまでバカじゃないでしょ。

       

      まるで下界を見下ろすかのような坂の上にある高級住宅地「ひばりヶ丘」。

      そんな「ひばりヶ丘」の模範的な住人、絵に描いたように理想的なエリート一家「高橋家」で起こった殺人事件。
       

      事件現場となった「高橋家」の向かいは、目印にまでされてしまうほど「ひばりヶ丘」に似つかわしくない小さな家、中学受験に失敗し、すっかり卑屈になってしまった一人娘が母親相手に苛立ちをぶつける声が四六時中近所に響きわたる「遠藤家」。

       

      そして両家の様子をたえず伺っている、「ひばりヶ丘」の古くからの住人、遠藤家の隣家、「小島家」の主婦さと子。

       

      癇癪持ちの地味で目立たない「遠藤家」の一人娘は、事件の後、まるで楽しむかのように事件に異様な関心を示し、「ひばりヶ丘」に家を持つことに異様なまでにこだわっていた母親は、そんな娘の姿を目の当たりにし、あの夜、思いとどまったはずの一線を越えてしまいそうになり……。

       

      ≪父親が被害者で 母親が加害者――。

      高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。

      遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。

      その家族と、向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。

      『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。 〜帯より〜≫ だ、そうで。


      『告白』以降の湊さんの作品の中で初めてそそられたので読んでみたけど、やっぱり『告白』ほどのインパクトはなかった。

       

      どこにでもいそうな、少しずつ歪んでる人たちの描き方はものすごく上手くて、そのせいか登場人物の誰にも感情移入できなくて、読んでいて嫌悪感しかわかなくて…。

       

      人気アイドルによく似ているという「高橋家」の次男の存在も、なんだか中途半端な気がしてしまったし、事件の動機も、いつまでもそんな風に思うものなのか、私には良く理解できなかった。

      遠藤家も、それでいいのか
      ?という感じだし、ミステリアスな小島家も、なんとなくは解ったけど、なんとなくだけで。

       

      タイトルの意味も私には良く解らなくて、ラストも「え、何それ」というか、なんだかとてももやもやしたまま終わってしまったという感じ。

      「ひばりヶ丘」は、ビバリーヒルズのもじりなのかな?

      読み終わってから帯の「家族小説」というのを見て、なんだ、そうだったのかというか…。

       

       

      しばらく更新しないうちに、すっかり書き込み方を忘れてしまって、TBもコメントも、ほったらかしで…コメントやTBを返せなかったみなさん、ごめんなさい。


      実はブログをお休みしていた間に結婚し、つい先日、男の子を出産いたしました。
      ただいま産休中なので、子どもが寝ているつかの間に、少しずつ更新できたらなと。


      私自身のリアル「家族小説」は、少なくともここに出てくる家族よりは上手くいくといいなという感じ。

       

      0

        『告白』湊かなえ

        告白
        告白
        湊 かなえ 2008/8/10 双葉社 P.268 ¥1,470
        ★★★★
        私は聖職者になりたいなどと思っていません。
        警察に真相を話さなかったのは、AとBの処罰を法に委ねたくなかったからです。殺意はあったけれど直接手を下したわけではないA。殺意はなかったけれど直接手を下すことになったB。警察につきだしたとしても、二人とも施設に入るどころか、保護観察処分、事実上の無罪放免になりかねません。………私は二人に、命の重さ、大切さを知ってほしい。それを知った上で、自分の犯した罪の重さを知り、それを背負って生きてほしい。では、どうすればいいのか。

        ある中学校での終業式の後のHRで、クラスの生徒に幼い愛娘の命を奪われた女教師が、淡々と語り出した事件の真相。

        当初、事故で片付けられてしまった職場内での母親の監督不行き届きによる娘の死が、実は悪意ある生徒の手によるものであったことを知り、事実関係を確認した上で教師が自らの手で、犯人である生徒に下したおぞましい制裁。

        そして教師が去った後、残されたクラスの生徒達の間で起こる二重、三重の悲劇――。
        「先生は、少年二人を自分が直接裁いたことを、今どう思っていますか?」

        『「愛美は事故で死んだのではありません。
        このクラスの生徒に殺されたのです」
        第29回 小説推理新人賞受賞
        選考委員をうならせた、驚異の大型新人現る!』だ、そうで。


        評判が良いのはあちこちのブログをのぞかせてもらって知ってたけど、これは本当になかなか…おぞましくて、ぞくぞくするようなお話で(これが作り事で良かった、というか)。

        本当にこの先生は生徒に対して、こんな怖ろしいことをしてしまった(これは半端なく怖い…)のか???も、気にはなったけど、それ以上に、罪を犯した生徒たちをばっさりと切り捨てるような一刀両断口調が結構小気味良くて、子供におもねないところが、読んでいて、すっきりしてしまうような(「馬鹿ですか?」には、かなり…)。

        少年犯罪の罰の軽さに対する作者の(?)静かな怒りみたいなのが、沸々と感じられて、その辺も読み応えがあったかも。

        教師の告白から始まり、関係者、当事者それぞれの視点に切り替わって語られる事件の真実と、その後の彼らや、彼らの生活環境、その他もろもろ…そして全てが明かされた後の衝撃の結末?も、なかなかなもので。

        少年二人の関係も、子供ならありそうな関係で、動機そのものも子供なら…と思えるし、でも子供だから…で許されることは決してないというのが、この教師の復讐の方法の是非は抜きにして、考えさせられるお話だったかな。

        本当にまた次回作を期待してしまうような作家さんが出てきてくれて嬉しいなと。

        ただ、「世直しやんちゃ先生」のネーミングには、「うーん?」という感じがしないでも…。

        JUGEMテーマ:読書


        0

          1

          calendar

          S M T W T F S
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << June 2017 >>

          読書メーター

          uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

          新刊チェック

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
            uririn
          • 『痺れる』沼田まほかる
            uririn
          • 『絶望ノート』歌野晶午
            uririn
          • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
            いちれん
          • 『痺れる』沼田まほかる
            くり
          • 『絶望ノート』歌野晶午
            智広
          • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
            uririn
          • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
            苗坊
          • 『永遠の0』百田尚樹
            uririn
          • 『永遠の0』百田尚樹
            苗坊

          recent trackback

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          悪人
          悪人 (JUGEMレビュー »)
          吉田 修一
          読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

          recommend

          しずく
          しずく (JUGEMレビュー »)
          西 加奈子
          サイン本買っちゃった。

          recommend

          recommend

          たぶん最後の御挨拶
          たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
          東野 圭吾
          猫なんです…。

          recommend

          recommend

          recommend

          ねこの肉球 完全版
          ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
          荒川 千尋,板東 寛司
          たまらん。

          recommend

          ニャ夢ウェイ
          ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
          松尾 スズキ, 河井 克夫
          たまらん…

          recommend

          recommend

          僕たちの戦争
          僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
          荻原 浩
          とにかくお薦め。

          recommend

          出口のない海
          出口のない海 (JUGEMレビュー »)
          横山 秀夫
          たくさんの人に読んでほしい…

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          みんなのブログポータル JUGEM

          使用素材のHP

          Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

          PR