スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『さよなら、日だまり』平田俊子

    さよなら、日だまり
    さよなら、日だまり
    平田 俊子 2007/7/10発行 集英社 P.153 ¥1,575
    ★★★★★
     ベランダから入る冬の日差しでリビングの床が白く輝いている。それは見飽きることのない光景だった。幸せが日だまりになってこの部屋を守ってくれている。夫と暮らしているとき、わたしはそんなふうに思った。……
     日だまりをわたしはここに置いていく。この先、わたしの前に日だまりは二度と現れないだろう。
    結婚して七年、主婦業の傍らにフリーライターとして小さな仕事をこなす「律子」が、夫との離婚を考え、相談相手として選んでしまったのは、出版社主催のパーティで知り合って以来頻繁に連絡をしてくる、売れない歌人の「ユカリ」。

    初対面で「のんちゃん」と馴れ馴れしく声を掛けられ、それからも尋常ではない接し方をしてくる「ユカリ」を多少疎ましく感じながらも、夫の裏切りに憤りを感じる「律子」は、「ユカリ」に誘われるままに「ユカリ」の知り合いの占い師「須貝」に引き合わされ、これから先どうするべきか、指南を受けることに。

    それからは何かと「律子」の家庭に入り込もうとする「ユカリ」と「須貝」によって、掻き回される「律子」と夫との夫婦関係は脆くも崩れ去り、ついには夫はマンションに帰らなくなってしまい……。

    「愚かな男と悪魔な女。背筋も凍る夫婦の明日
    用意周到な占い師(♂)と、ミステリアスな友達(♀)。浮気性の夫と、占いなんか信じないはずだった「わたし」。4人が仲よくなればなるほど、どこか不安になる―。ある晩をさかいに、それは現実のものとなった。野間新人賞受賞後の最新小説。」だ、そうで。


    親切そうに近寄ってくる人達の裏側に、そんな企みがあったとは…およよな展開で…(もしかして、私が世間知らずなだけで、こういう人達って実際にはよくいるのかも?と思わされてしまった)。

    後半の展開は「ホラーかよ」と思えるほど、夫の豹変振りが恐ろしいし、掌を返すような二人の態度も何ともぞっとする。

    に、しても妻にさえ内緒にしていたことを、よくもまあ出会ってすぐの赤の他人に言ってくれるなぁと、この夫の常識のなさにあきれ返ってしまうし、何でこんなしょうもないおっさんと結婚したのか理解に苦しむ。

    それでも、そんな結婚生活を「日だまり」という「律子」の気持ちも理解不能(そんなにも信用されていない夫婦関係なのに?というか…)。

    冒頭の「ユカリ」の人物描写が、どう考えても15、6歳の少女のようだし、ええ歳こいて「ユカリちゃん」と呼ばせる、その時点で、私ならひいてしまうし、友達になんてなりたくないような…。

    なんとなく気持ち悪い人達の、おどろおどろしいどろどろした物語、という感じだったかな。

    0

      1

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      読書メーター

      uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

      新刊チェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        uririn
      • 『痺れる』沼田まほかる
        uririn
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        uririn
      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        いちれん
      • 『痺れる』沼田まほかる
        くり
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        智広
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        uririn
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        苗坊
      • 『永遠の0』百田尚樹
        uririn
      • 『永遠の0』百田尚樹
        苗坊

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      悪人
      悪人 (JUGEMレビュー »)
      吉田 修一
      読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

      recommend

      しずく
      しずく (JUGEMレビュー »)
      西 加奈子
      サイン本買っちゃった。

      recommend

      recommend

      たぶん最後の御挨拶
      たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      猫なんです…。

      recommend

      recommend

      recommend

      ねこの肉球 完全版
      ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
      荒川 千尋,板東 寛司
      たまらん。

      recommend

      ニャ夢ウェイ
      ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
      松尾 スズキ, 河井 克夫
      たまらん…

      recommend

      recommend

      僕たちの戦争
      僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
      荻原 浩
      とにかくお薦め。

      recommend

      出口のない海
      出口のない海 (JUGEMレビュー »)
      横山 秀夫
      たくさんの人に読んでほしい…

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR