スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『シャトゥーン−ヒグマの森』増田俊成

    シャトゥーン―ヒグマの森
    シャトゥーン―ヒグマの森
    増田 俊成 2007/2/24発行 宝島社 P.342 ¥1,680
    ★★★★
    …ヒグマは、とくにシャトゥーンは、一度欲しいと思った物は必ず手に入れる。それを邪魔されれば今度はその邪魔した相手を執拗に追って、殺すまであきらめない。今こうして小屋に閉じ込められてギンコに繰り返し攻撃されているのは、決して偶然ではなく、シャトゥーンに遭遇してしまった自分たちの必然の運命であった。薫たちがこの小屋から生きたまま脱出するためには、ギンコを殺す以外に道はないのだ。だが、どうやって……。

    誕生祝いと婚約祝いを兼ねたパーティーを開くため、日本最北の大森林地帯、北海道大学の所有する天塩研究林の中に建てられた「猛禽類研究所・北ノ沢小屋」に集まった6人の男女。

    この研究所で働く鳥類学者の土佐昭、昭の双子の姉薫とその娘、美々。
    昭の研究に傾倒し、日本に留学してきたフィンランド人のバーヤネンとその妻、眞伊子。
    そして、薫の仕事仲間の瀬戸。

    ところが薫たちが小屋にたどり着くと、そこには「仲間がヒグマに襲われた」と、小屋に逃げ込んできた密猟者の西という招かれざる先客の姿が…。

    そして全員が揃ったのを見計らったかのように、厳寒仕様の簡易プレハブ小屋を激震が襲い、その正体に気付いた頃には、一人、また一人と、西の散弾銃によってより狂暴化したシャトゥーン(秋に食いだめに失敗し、冬眠できずに徘徊する「穴持たず」のヒグマのこと)の餌食となり、残された者もまた、完全に孤立した小屋の中で逃げ場を失い……。

    「5トンのマイクロバスを持ち上げる腕力
    100メートルを7秒で走る脚力
    ワンボックスカー並みの巨体
    ライオンやトラを凌ぐ破壊力
    ベテラン猟師を出し抜く知恵
    地上最大最強の肉食獣――誰も“シャトゥーン”から逃げられない!
    『このミステリーがすごい!』大賞 第5回優秀賞受賞作」だ、そうで。


    『ジョーズ』や『アナコンダ』みたく、面白いように人間が次々とぱくぱく(そんな可愛いもんじゃないけど)食べられていくけど、まあ、ここまでやられたら逆に気持ち良いというか…こんなもんに襲われたらどないもこないもないというか、強すぎて、賢すぎてお話にならない。

    一番怖かったのは、襲われた人達の心象風景というのか、どれだけ食べつくされようとも、死の直前まで意識があるというところ…(実際こんなんなら、本当に今すぐ殺してと神様に祈ると思うぐらいに痛々しいし、グロいし、こんな気持ち悪いの初めてかも…て、そこまでいったらもう気を失ってたいし…)。

    自然を守ろうとする昭たちのやろうとすることはなかなか説得力があって、また、その意見を無視してすぐに結果を出したがる人間の愚かさというか、その結果がもたらした自然破壊というのも、すごく分かりやすく書いてあるなぁと。

    ただ、犠牲者が出たところで、それほど悲しむこともなく、落ち着いてお茶を淹れたり、談笑(?)しているような、この人たちは全員頭おかしいのでは…と思える描写が気になったし(まず、散弾銃を向ける西を、全員で縛るなり何なりすれば良いのに…と思えてしまったし)、主人公の薫親子の贅沢さが鼻について、正直助かってほしいとは思えなかった。

    どちらかと言えば、子連れのヒグマ「ギンコ」を応援してしまいたくなるような(ここに出てくる人間は、誰が襲われてもあまり可哀相と思えなくて…)。

    なので、この終わり方には、ちょっとほっとしてしまったかも。

    そして、ギンコを倒せる人間がいるとすれば、きっと「はじめの一歩」の鷹村さん以外にいてないのではないのかなと思えてしまった。
    0

      1

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      読書メーター

      uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

      新刊チェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        uririn
      • 『痺れる』沼田まほかる
        uririn
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        uririn
      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        いちれん
      • 『痺れる』沼田まほかる
        くり
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        智広
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        uririn
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        苗坊
      • 『永遠の0』百田尚樹
        uririn
      • 『永遠の0』百田尚樹
        苗坊

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      悪人
      悪人 (JUGEMレビュー »)
      吉田 修一
      読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

      recommend

      しずく
      しずく (JUGEMレビュー »)
      西 加奈子
      サイン本買っちゃった。

      recommend

      recommend

      たぶん最後の御挨拶
      たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      猫なんです…。

      recommend

      recommend

      recommend

      ねこの肉球 完全版
      ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
      荒川 千尋,板東 寛司
      たまらん。

      recommend

      ニャ夢ウェイ
      ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
      松尾 スズキ, 河井 克夫
      たまらん…

      recommend

      recommend

      僕たちの戦争
      僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
      荻原 浩
      とにかくお薦め。

      recommend

      出口のない海
      出口のない海 (JUGEMレビュー »)
      横山 秀夫
      たくさんの人に読んでほしい…

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR