スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『三匹のおっさん』有川浩

     還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。
    剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。
    ご近所に潜む悪を三匹が斬る!
    その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え……。痛快活劇シリーズ始動!

    久々に時間を忘れて読みふける、ぐらい面白かった。

    内容はというと、
    60歳の誕生日に定年を迎え、時間を持て余し気味になってしまった物語の主人公の清田さん。
    還暦のお祝いの席で、息子夫婦とひと悶着。

    そんなこんなで、同じく暇を持て余す、ご近所さんの元居酒屋店主のシゲさんに声をかけられ、工場経営のノリさんも交え、自分たちの町の安全を守るため、夜な夜な見回りを始めた幼馴染の三人組。

    そして清田さんの孫である祐希のバイト先で起こる事件を皮切りに、痴漢や詐欺や動物虐待といった事件に次々と巻き込まれ……という感じ。

    定年を迎えて暇を持て余して…というのは、重松さんの『定年ゴジラ』のようなものかしらん、と思ったら、こっちの「おっさん(あえて、おっさんと呼ばれたいのだそう)」たちは、パワーが有り余ってるというか、下手な若者、中年よりも全然身体の鍛え方が違っててやたら強いし、変な武器持ってるし。

    事件の解決の仕方も、さすが、亀の甲より年の功…という感じで人生経験を積んだ大人ならでわの解決方法で、直接手を下さないのも良かったりする(でも、相手に与えるダメージは結構強烈そうで)。
    シゲさんの奥さんが出てくるお話の最後は、シゲさんに惚れ惚れしてしまったし、三人の中では比較的小柄で、体力のなさそうなノリさんのアブナイ戦いっぷりもかっこいいし。

    最初は悪態ついていた、いまどきの若者代表のような孫の祐希が、どんどん祖父を尊敬?するようになっていくのも微笑ましいし、祐希のアドバイスを素直に聞き入れてどんどんスタイリッシュになっていく清田さんが変わっていく様もまた素敵。
    理想的な祖父と孫の関係かな。

    私の中での清田さんは、もう少し若かりしころの宇津井健さんのようなイメージなんだけど。
    いかんせんきょーびの60才の方々は、若すぎて、キヨさんのイメージの俳優さんが浮かばない…。
    (なんせアルフィーの高見沢さんだって、あんなにキラキラツヤツヤなのにあと二年で還暦だというし。)

    有川さんの『図書館戦争』は残念ながら一冊で挫折したけど、この三人のおっさんたちの痛快な活躍ぶりは、続編もぜひ読んでみたい(文庫になってから)と思えたし。

    0

      『阪急電車』有川浩

      阪急電車
      阪急電車
      有川 浩 2008/1/25発行 幻冬舎 P.221 ¥1,470
      ★★★★★ 
       宝塚から出発し、乗客を乗せたり降ろしたりしながら西宮北口まで到着した電車は、また新たな乗客をその車内に招き入れた。
       やがてルルルとホームの乗客を急かす発車のベルが鳴り、駆け込み乗車を一人二人受け入れる寛容さでドアが閉まる。
       そして電車がホームを滑り出た。西宮北口から宝塚までを遡る車中、乗客たちがどんな物語を抱えているか――それは乗客たちそれぞれしか知らない。

      それまで図書館で顔を見知っていただけの男女が、偶然(?)同じ電車で隣同士に座ったことから、恋が始まる『宝塚駅』から出発し、

      真っ白なドレスで周囲の目を引く結婚式帰りの美人OLと、電車で乗り合わせた孫娘を連れた老婦人とのお話『宝塚南口駅』⇒『逆瀬川駅』⇒『小林駅』と電車は進んで、

      一緒に暮らす部屋を探すために電車に乗ったはずのカップルが、男が途中下車してしまい一人取り残される女子大生、そして聞こえてくる車内の女子高生たちの他愛もない会話『仁川駅』⇒『甲東園駅』

      さらに電車は進み、偶然同じ大学に通っていることが発覚したことから、言葉を交わすようになった、似たもの同士の初々しいカップルの話『門戸厄神駅』⇒『西宮北口駅』

      そして、折り返し。
      『西宮北口駅』⇒『門戸厄神駅』⇒『甲東園駅』⇒『仁川駅』⇒『小林駅』⇒『逆瀬川駅』⇒『宝塚南口駅』⇒『宝塚駅』の、電車は走り続けるものの、とりあえず物語は終わりを迎える16編の連作短篇集。

      「電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく――
      片道わずか15分。
      そのとき、物語が動き出す。
      累計45万部突破!『図書館戦争』シリーズ著者による最新作!!」だ、そうで。


      正直『図書館戦争』シリーズは、一冊目で挫折してしまった(ベタ甘はあんまり…今は読みたい気分でないので)けど、これは本当に面白くて、寝る前に読み始めたら止まらなくなって寝不足になってしまった…。

      元彼の結婚式帰りの白いドレスのOLの話はすごく共感できる好みの話で、特に老婦人の一言で途中下車した『小林駅』の話が本当に暖かくて泣けてきて、私もここに住みたい!と思えるぐらい。

      ほぼ実話という女子高生たちの恋バナも最高に面白いし、それぞれの話がリンクして、こうしてすれ違うだけの人たちに影響されたり、心が温かくなったり…その匙加減が絶妙。

      高校生の頃、良く利用した「阪急電車」が舞台なだけによりいっそう愛着がわく一冊というか…中州の「生」の文字の意味も重くて、しんみりとしてしまった。

      「生」といえば、私も「生ビール」派、なんで「ベタ甘」よりも、こっちの方が(少々「甘い」もあったけど)断然好きかな。
      JUGEMテーマ:読書
      0

        『図書館戦争』有川浩

        図書館戦争
        図書館戦争
        有川 浩 2006/3/5発行 メディアワークス P.341 ¥1,680
        ★★★★★
        「君たちは――公序良俗を謳って人を殺すのか!」
         それが正義だとすれば正義とはこの世で最も醜悪な観念だ。そしてこんな醜悪の根拠にされるメディア良化法とは一体何だ。

        公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行されてから、三十年――。
        エスカレートしていくメディア良化委員会の検閲によって狩られ、破棄されてしまう本を守ることができるのは、メディア良化法に対して唯一対抗できる根拠法

        図書館の自由に関する宣言
        一、図書館は資料収集の自由を有する。
        二、図書館は資料提供の自由を有する。
        三、図書館は利用者の秘密を守る。
        四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。
        図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。

        を有する「図書館」のみとなり、合法国家機関や、様々な手段で図書を弾圧しようと襲撃を繰り返す輩から、自分たちの手で図書館を守るべく、自衛隊にもひけをとらない訓練を受けた「図書隊」の6人の隊員達――。

        「運命の王子様」を追いかけて、図書隊への入隊を希望し、全国で唯一女性図書特殊部隊に配属された身体能力だけは男性隊員にもひけをとらない、熱血バカ。笠原郁

        女性隊員達からの人気はそこそこ、なのに郁にだけは厳しくあたるため、背中に飛び蹴りをくらわされる鬼教官、怒れるチビ。堂上篤

        圧倒的な女性隊員の支持を受ける、ツボに入ると止まらない、笑う正論。小牧幹久

        できそこないの郁と同時に特殊部隊に配属されたことに不満を抱くスーパーエリート、ちょっぴりおバカで頑な少年。手塚光

        寮では郁と同室の、男性隊員たちの憧れの的、美人でソツのない情報屋。柴崎麻子

        練成教官の総責任者、泣く子も黙る豪胆で大雑把な、喧嘩屋中年。玄田竜助

        図書館の自由を、愛する本を守るため、合法国家機関を相手に血を流すことも厭わない、彼ら6人の闘いがここに幕を開ける――。

        『正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。
        「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメント 第1位』だ、そうで…。


        やたらと説明が多くて難しくて、頭痛くなりそうだったけど、要するに、ちょっとのことでも「有害」とされてしまうような、ごく普通の本が自由に読めなくなる世界…、買いたくても本の価格が高騰してしまい、唯一法に守られた図書館のみでしか、読みたい本が手に入らない世界で、それらの本を守るために闘う大人たちのお話、という感じかな。

        そして、図書館を守る「図書隊」に入隊して間もない主人公の熱血バカ、笠原郁を中心に、彼女の行動を周囲の人間達はハラハラしながらも、その成長ぶりを暖かく見守る…という構図は、何だか大昔の『エースをねらえ!』とか、『スチュワーデス物語』なんかを彷彿させるようなお話で。

        少年犯罪が起こるたび、見ていた映画や漫画の悪影響が取り沙汰されて、そういった有害(とされる)図書なんかを大人たちが規制しようと企む中、健気に自分達で本を守ろうとする中学生達の話や、『日野の悪夢』の話は、なかなか良かったかも。

        作者の有川さんの本を愛する気持がとても良く伝わってくるというか…。

        「本を焼く国ではいずれ人を焼く」という古くからの言い伝えがとても心に残るし、そうならないことを願いたくなるし。

        郁が追いかける「王子様」の真相が解った時、郁がどんな反応を示すのか…(はっ、これもまた『ガラスの仮面』の、マヤちゃんと紫のバラの人のような…?)見届けたいから『図書館内乱』も『図書館危機』も読まなくちゃだけど、この本、寝ながら読むには若干重たい…。

        0

          『クジラの彼』有川浩

          クジラの彼
          クジラの彼
          有川 浩 2007/1/25発行 角川書店 P.241 ¥1,470
          ★★★★
           一度連絡が取れなくなったが最後、次に会えるのはいつなのか分からないのがデフォルトだ。しかも最短一ヶ月から。二ヶ月、三ヶ月が当たり前の世界である。……
           ここで更に過酷ポイントが加算、冬原のメールに恋人らしい甘ったるさは一片たりともない。「元気ですか。こっちは元気です」月単位で待ちわびたメールの内容がこれである。フラストは溜まる一方だ。聡子からのメールは毎回数十行にもなんなんとするというのに、この淡白っぷりは一体何だ。キモチの差か。キモチの量が違うのか。〜『クジラの彼』より〜

          頭数合わせに、急遽呼ばれたやる気のない合コンで、「好みの顔」の男、冬原に持ち帰られることになった、平均的小市民で地味なOL、聡子。
          海上自衛隊という冬原の職業柄、デートもままならず、電話やメールさえもやり取り出来ない状況の、究極の遠距離恋愛に不安になった聡子は、久しぶりに会った冬原に、言ってはいけない一言を口にしてしまい…『クジラの彼』

          航空自衛隊の次世代輸送機についての要望をヒアリングするため、小牧基地を訪れた新米航空設計士の宮田絵里。
          そこで彼女に寄せられた自衛官からの要望の第一声は、現行機のような簡易トイレをカーテンで仕切ったものではなく、コンパートメント式にしてほしいという、一見意表をついた意見のようで、絵里は一応その場では「検討します」と答えたものの、実際にトイレに雪隠詰めにされてしまい…『ロールアウト』

          女でありさえすれば、誰でもがもてるというWAC(女性陸上自衛官)の中でも、見た目だけなら上位に位置づけされる鬼軍曹三池に、パシリとしていいようにこき使われながらも、呼び出されると断ることが出来ない、同期の伸下。
          密かに8年間も三池に想いを寄せている伸下は、呼び出されるたびに、三池の失恋話とヤケ酒に付き合い、体よく足に使われる羽目に陥るのだが…『国防レンアイ』

          5歳年下の、美人で将来も有望な押しの強い彼女と、陸に上るたびにウィークリーマンションでの同棲生活を送る海上自衛隊の問題児、潜水艦乗りの夏木。
          「三十過ぎたらプロポーズするの気遅れるよ…」という、友人の言葉通り、あれやこれやと考えすぎる夏木は、ついつい彼女を疑うようなことばかり口にしてしまい…『有能な彼女』

          他『脱柵エレジー』、『ファイターパイロットの君』の6編から成る、自衛官たちの純愛を描いた「ベタ甘なラブロマ」短編集。

          「恋するふたりの間には、七つの海が横たわる。
          がんばれ女子、
          負けるな男子。
          07年、最新にして最強の恋愛小説上陸!!」だ、そうで。


          アンソロジー「Sweet Blue Age」に収められてた有川さんの『クジラの彼』がとても面白くて、「自衛官」の生活にちょっと興味をそそられてしまった。
          中身はごくごく普通の男女なんだけど(当たり前だけど)、こういうシュチュエーションは、恋愛するにはなかなか辛いものがあるんだなぁと。

          職業柄、電話もメールも、連絡が一切取れない期間が長くて…よっぽどの強い気持ちがないと無理そうで、待っている身が不安になるのも、待たす側が申し訳なく思う気持ちも、どちらの気持も良く分かるし、だからこそ、普通の人たちの恋愛よりも、この「ベタ甘なラブロマ」が許せてしまうのかもしれないなと。

          『ロールアウト』での、通路がトイレという状況で一人取り残された彼女が取った行動が、手に取るように分かるというか、「手洗わないんですか」と言われたら私も逃げ出したくなってしまうかも(ただ年齢的にここまで恥ずかしくはないけど)。

          「トイレ」って、生きていく上で、実はものすごく重大ポイントだと思うので(昔の「ぼっとんトイレ」は本当に嫌で良く我慢してしまってたし、今思い出しても怖いし)、この物語の目の付け所はすごく良いなぁと、感心してしまった。

          『有能な彼女』の、「やっぱお前、俺じゃないと無理だわ。」の台詞は、他のどんな言葉より、ものすごく言われたい一言だったりする。

          『脱柵エレジー』の、「離れて会えない状況を楽しむ」悲劇のヒロイン気取りの人たちの気持も、何だか良く分かるし、ラストも良いし。

          ここに出てくる恋愛には正直ものすごく憧れるけど、その昔、海上自衛隊の人とデートしたとき、帰り際に握手を求められて、ちょっとひいてしまった私には、こういうシチュエーションでの「ベタ甘なラブロマ」には、残念ながら縁がなかったんだなと、しみじみ…。
          0

            1

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            読書メーター

            uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

            新刊チェック

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
              uririn
            • 『痺れる』沼田まほかる
              uririn
            • 『絶望ノート』歌野晶午
              uririn
            • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
              いちれん
            • 『痺れる』沼田まほかる
              くり
            • 『絶望ノート』歌野晶午
              智広
            • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
              uririn
            • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
              苗坊
            • 『永遠の0』百田尚樹
              uririn
            • 『永遠の0』百田尚樹
              苗坊

            recent trackback

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            悪人
            悪人 (JUGEMレビュー »)
            吉田 修一
            読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

            recommend

            しずく
            しずく (JUGEMレビュー »)
            西 加奈子
            サイン本買っちゃった。

            recommend

            recommend

            たぶん最後の御挨拶
            たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
            東野 圭吾
            猫なんです…。

            recommend

            recommend

            recommend

            ねこの肉球 完全版
            ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
            荒川 千尋,板東 寛司
            たまらん。

            recommend

            ニャ夢ウェイ
            ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
            松尾 スズキ, 河井 克夫
            たまらん…

            recommend

            recommend

            僕たちの戦争
            僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
            荻原 浩
            とにかくお薦め。

            recommend

            出口のない海
            出口のない海 (JUGEMレビュー »)
            横山 秀夫
            たくさんの人に読んでほしい…

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM

            使用素材のHP

            Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

            PR