スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『知らずに他人を傷つける人たち』香山リカ

    知らずに他人を傷つける人たち
    • 著:香山リカ
    • 出版社:KKベストセラーズ
    • 定価:714円
    livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く

    ★★★★★
    「モラル・ハラスメントとは、ことばや態度で繰り返し相手を攻撃し、人格の尊厳を傷つける精神的暴力のことである」(『モラル・ハラスメント――人を傷つけずにはいられない』紀伊国屋書店、1999年)

    近ごろ何かと話題の、職場でのいじめ。
    以前なら、その多くは上司や先輩など、立場が上の人間からの「パワハラ」や「セクハラ」であったのに対して、近ごろでは、はっきりした権力関係がなくても、いやがらせや意地悪などのハラスメントをする、というケースが増えてきているという。

    記憶に新しい、セレブ妻による夫の「バラバラ殺人事件」の発端となったのも、夫による「モラル・ハラスメント」ではないかと考える著者、テレビでもお馴染み(多分見たことあるような)の精神科医、香山リカさんにより、さまざまな現場においての実際に「モラル・ハラスメント」を受けている患者さんのケースや、「モラハラ・チェックリスト」などを織り交ぜ、何故「モラハラ」が起こるのか、そしてその解決策として、実際に被害者や加害者になってしまった場合、どう対処すれば良いのか、までを判りやすく、ひもとかれた解説本。

    第1章 モラハラの時代――新たなハラスメントがやってきた!
    第2章 職場モラハラ――モラハラ上司は困った上司
    第3章 怠業型モラハラを招く「三○代うつ」――部下だってモラハラ
    第4章 家庭内モラハラ――モラハラ夫は怖―わいぞ!
    第5章 モラハラと自己愛――加害者は「病気」なのか?
    第6章 いろいろなモラハラ――まだまだあるぞ、こんなモラハラ
    第7章 モラハラにあったら――被害者の対策
    第8章 モラハラを起こさないために――加害者にならないための予防策

    『「それってモラハラ!」悪気がないではすみません』だ、そうで。


    私が知ってるハラスメントは、せいぜい「パワハラ」までだったので、今はこんな言葉があるのかぁと、ちょっと興味をそそられて読んでみたけど…。

    言葉は斬新だったけど、内容的にはそう目新しくないような。

    妻や部下の問いかけに答えない、無視する、ため息をつく、バカにした笑いを浮かべる、「自分で考えろ」と言う......。家庭や職場での精神的暴力、というのが主な「モラハラ」らしい。

    古い世代の人間なので、職場でのこういうの「当たり前」として生きてきたから、今更…という気がしないでもなくて、むしろさんざん傷ついて、打たれ強くなったことに感謝さえしてしまうというか。

    夫婦間の「モラハラ」については、経験がないから良く判らないけど、外面の良い旦那ほど、家の中では…というのは何となく判る気がする。

    最後の方では「コミュニケーション不足」を強く指摘されてて、そこは、まあ納得できてしまうというか、確かに、自分自身もあまり男の人に対して特に話すことがないなぁと痛感しているので、世間のカップルは一体何を話しているのか、と不思議で仕方ない…(話すことが特になくても、まあ一緒に居るだけで幸せと思える私は、こうはならないのかな。今だけかもしれないけど)。

    どちらかといえば、これを読んで反省してみようと思った私には、当て嵌まる項目もなく、肩透かしを食った気分だけど、この本のタイトルに少々思い当たることが…と感じる方は、是非読んでみてもらえたらと。

    でも、つくづく生き難い時代になったなぁと思ってしまうだけかも。
    0

      1

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      読書メーター

      uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

      新刊チェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        uririn
      • 『痺れる』沼田まほかる
        uririn
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        uririn
      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        いちれん
      • 『痺れる』沼田まほかる
        くり
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        智広
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        uririn
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        苗坊
      • 『永遠の0』百田尚樹
        uririn
      • 『永遠の0』百田尚樹
        苗坊

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      悪人
      悪人 (JUGEMレビュー »)
      吉田 修一
      読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

      recommend

      しずく
      しずく (JUGEMレビュー »)
      西 加奈子
      サイン本買っちゃった。

      recommend

      recommend

      たぶん最後の御挨拶
      たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      猫なんです…。

      recommend

      recommend

      recommend

      ねこの肉球 完全版
      ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
      荒川 千尋,板東 寛司
      たまらん。

      recommend

      ニャ夢ウェイ
      ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
      松尾 スズキ, 河井 克夫
      たまらん…

      recommend

      recommend

      僕たちの戦争
      僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
      荻原 浩
      とにかくお薦め。

      recommend

      出口のない海
      出口のない海 (JUGEMレビュー »)
      横山 秀夫
      たくさんの人に読んでほしい…

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR