スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『14歳』千原ジュニア

    • 著:千原 ジュニア
    • 出版社:講談社
    • 定価:1470円(税込み)
    14歳
    livedoor BOOKSで購入
    書評データ
    ★★★★★
    流れ星。
    流れ星を見つけた僕は想った。願いごとなんかするもんか。僕が叶えたいことは僕の力で叶えるんだ。僕は想った。目を閉じて手を合わせたりするもんか。僕が叶えたいことはすべて僕の力で叶えていく。僕に笑顔を浮かべさせることができるのは僕だけだ。流れ星は消えてしまった。僕は想った。
    だけど。
    今の僕は正しいのかな。未来の僕からありがとうって言ってもらえるのかな。未来の僕にかっこいいなって言えるのかな。本当の僕は僕の流れ星になれるのかな。
    ある日を境に、学校に行くのをやめ、部屋に閉じこもり、誰とも口を聞かず、テレビのスナアラシをひたすら見続け、制服の代わりにパジャマで過ごすようになった14歳の少年。

    理由も解らず、狂ったかのように家の壁に穴を開け続けた少年は、壁を殴ることを止め、、一人きりの世界で、自分の力で、自分だけにしかない大切な「何か」を見つけるために、自分自身で自分を護るために、部屋に鍵を取り付け、引きこもることを選んだ…。

    ひたすらに自分自身と向き合い、「未来の自分のために今何をすべきか」を模索し続けた、14歳の少年の葛藤を、あますことなく曝け出した千原ジュニアの自伝的小説。

    「この不気味な男の頭の中を、とりあえず覗いてみよう。…東野圭吾
    人生最悪の14歳。
    それでも彼の答えに“死”はナイ。」


    寝る前に読み出したら、止まらなくなってしまった。
    千原ジュニアにこんな壮絶な過去があったなんて…。

    もう10年くらい前に、テレビの番組で千原ジュニアが一番好きな本として『ドラえもん‐感動編‐』を紹介していて、「ああこの人は良い人だ」と、その時からすっかりファンになってしまったんだけど、これ読んでまた好きになってしまった。

    大人から見れば、こういうの「甘い」のかもしれないけど、14歳って本当に大変な時期なんだと、過去を振り返ってみて思う。

    友達との関係も、未来のことも、家族との関わりも、一番難しくてしんどい頃だったなぁと(校内暴力真っ盛りの頃だったし、ケンカとか、先輩からの呼び出しとか、しょっちゅう周囲にあって怖かったし、大人も遠い存在だったし、いつも不安だらけだったのかも)。

    両親よりも、おばあちゃんやおじいちゃんと友達みたいに何でも話せるって…そこも何か良いなぁと。
    何より、ジュニアを引っ張り出してくれたお兄ちゃんの存在も…有難くて。

    引きこもりって「逃げ」なのかもしれないけど、「逃げ」てもいいんじゃないかと、死んでしまうより断然いいかなと、そういう場を与えられたジュニアは幸せだったんじゃないかと思えてしまった。

    これは是非、難しい年頃の子をお持ちの親御さんに読んでほしいなと。
    画一的な引きこもりばかりじゃないというか…。

    に、しても帯に東野さんって…めちゃくちゃ羨ましい。
    それだけでもジュニアは幸運な人だなぁとつくづく思う。
    0

      1

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      読書メーター

      uririnの最近読んだ本 uririnの今読んでる本

      新刊チェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        uririn
      • 『痺れる』沼田まほかる
        uririn
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        uririn
      • 『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子
        いちれん
      • 『痺れる』沼田まほかる
        くり
      • 『絶望ノート』歌野晶午
        智広
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        uririn
      • 『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村深月
        苗坊
      • 『永遠の0』百田尚樹
        uririn
      • 『永遠の0』百田尚樹
        苗坊

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      悪人
      悪人 (JUGEMレビュー »)
      吉田 修一
      読み終わった後も余韻に浸りたくなるような…これは、すごい。

      recommend

      しずく
      しずく (JUGEMレビュー »)
      西 加奈子
      サイン本買っちゃった。

      recommend

      recommend

      たぶん最後の御挨拶
      たぶん最後の御挨拶 (JUGEMレビュー »)
      東野 圭吾
      猫なんです…。

      recommend

      recommend

      recommend

      ねこの肉球 完全版
      ねこの肉球 完全版 (JUGEMレビュー »)
      荒川 千尋,板東 寛司
      たまらん。

      recommend

      ニャ夢ウェイ
      ニャ夢ウェイ (JUGEMレビュー »)
      松尾 スズキ, 河井 克夫
      たまらん…

      recommend

      recommend

      僕たちの戦争
      僕たちの戦争 (JUGEMレビュー »)
      荻原 浩
      とにかくお薦め。

      recommend

      出口のない海
      出口のない海 (JUGEMレビュー »)
      横山 秀夫
      たくさんの人に読んでほしい…

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      みんなのブログポータル JUGEM

      使用素材のHP

      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

      PR